通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
東京パフェ学 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 下野の国書店
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバー良好。中身はヨレ、汚れ、書き込みなく良好です。 万が一購読等に支障をきたすようなことがありました場合、 Amazonの規定に従いカスタマーサポートを通して適宜誠実に 対応させて頂きます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
6点すべてのイメージを見る

東京パフェ学 単行本(ソフトカバー) – 2015/3/20

5つ星のうち 5.0 7件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2015/3/20
"もう一度試してください。"
¥ 1,512
¥ 1,512 ¥ 899
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 東京パフェ学
  • +
  • パフェログ (オレンジページムック)
総額: ¥3,132
ポイントの合計: 94pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Amazonランキング大賞2017上半期 本
やせるおかずの柳澤英子さん、白石麻衣さん、にしのあきひろさん、諫山創さんからの受賞コメント付き 和書総合ランキングTOP20へ

商品の説明

内容紹介

パフェ評論家・斧屋氏によるパフェの考察あれこれ。東京近郊で食べられる厳選76軒に加え、持ち帰りパフェ、コンビニパフェ、ファミレスパフェも紹介。パフェに込められた思想や概念、歴史にも迫る。著者の実姉である能町みね子さんによる描き下ろしと対談も。

内容(「BOOK」データベースより)

話題のパフェ評論家、斧屋による渾身のパフェ案内!!パフェは究極のエンターテインメント。その魅力に迫る!!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 127ページ
  • 出版社: 文化出版局 (2015/3/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4579212347
  • ISBN-13: 978-4579212347
  • 発売日: 2015/3/20
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 12.8 x 2.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 89,605位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
7
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(7)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

パフェ大好きであります。
ちょっと恥ずかしいですが、男同士であっても食いたい(笑)
そういった欲望に応えてくれているのが、
ファミレスのデザート群だと思っています。
※食事のあとに注文しやすいですよね

掲載されているパフェの写真ですが、
横からショットで中身状況を見せてくれているところが“二重マル”です。

以前に、
『男のパフェ』という本で、
下部にコーンフレークが入っているものはペケ!
純粋にアイスクリームで勝負して欲しい!
と、書きましたが、
パフェの中身があらかじめ分かるのは、嬉しいですね。

内容ですが、
最初に『Royal Host』が来ているのは、
お見事です。

果物のパフェの項では、
『銀座千疋屋』、『タカノフルーツパーラー』、
『渋谷西村フルーツパーラー』、~『資生堂パーラー』、
と、王道が続きます。

次にパティスリーのパフェが紹介され、
和風のパフェの項では、
『茶寮都路里』が。

そして、銀座パフェ巡り!
さすがにたくさんありますね~。

...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
都内または近郊にあるパフェを置いている店を紹介した本です。
千疋やなどの有名店から始まり今時な新しい店、古いだけの果物屋にしか見えない店などさまざまなお店が紹介されています。

その店の何がどう美味しいかだけでなく、店主が毎朝何時に起きてとか少し違う視点の紹介があるので読んでても面白いし、お店に感情移入できてより美味しそうに感じます。
中盤ではコンビニのパフェの紹介や銀座周辺のお店をマッピングした地図などがついていてなかなか楽しめます。
特に中野屋の店主森さんのインタビューページは面白かったです。パフェとかフルーツに対してこんなにも考える人いるんだと関心しました。

後半に入るあたりに実姉である能町みね子さんとの対談があります。
いや、本当に良く考えるなというくらいパフェを深く考察しています。
例としてあげると以下のような感じです。
「構成要素が起承転結を持っていて」
「空間芸術ではあるんだけど(中略)刹那的な時間芸術」

実姉の能町さんと同じく一言々々が知性を感じさせます。
しかしなぜかなんでしょう?頭が良いのは分かりますが、何故かイラッとします(笑)
能町さんと同様にそういう部分も含めて別に嫌じゃないですし、この本の魅力の一部となっています。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
東京都内で仕事をする時、移動の隙間時間をつぶすために
なんとなくスウィーツを食べていることが多いので
パフェにも興味はありましたが、これまでパフェに関しては
どの店を選んでいいのか分かりませんでした。。

それに、立ち寄るのはいつも同じような店になってしまう
ことも大きな悩みでした。

しかし本書を読んで悩みは一気に解消されました。

精選されたパフェの専門店の紹介にとどまらず、
視覚的なパフェのデザイン、ネーミング等、パフェを食べる
楽しみは味だけで終わらないことを教えてくれ、
これまで以上にパフェに興味がわきました。

東京を散歩するときはカバンに携帯しておくべき一冊です。
移動の隙間時間が楽しくなること請け合いです。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
パフェの奥深さ、楽しみ方を教えてくれる本です。紹介されているパフェの全てを征服したくなりました!持ち歩くにもちょうど良いサイズです。パフェブーム到来の予感!です。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告