中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~ 単行本 – 2005/6/28

5つ星のうち 4.3 488件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,413 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 810 ¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

受賞歴

第3回(2006年) 本屋大賞受賞

内容紹介

読みやすさ、ユーモア、強烈な感動! 同時代の我らが天才リリー・フランキーが骨身に沁みるように綴る、母と子、父と子、友情。この普遍的な、そして、いま語りづらいことがまっすぐリアルに胸に届く、新たなる「国民的名作」。『en-taxi』連載、著者初の長編小説がついに単行本化。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 450ページ
  • 出版社: 扶桑社 (2005/6/28)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4594049664
  • ISBN-13: 978-4594049669
  • 発売日: 2005/6/28
  • 商品パッケージの寸法: 19.8 x 13.5 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 488件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 178,034位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
金持ちでも、貧乏人でも、警察官でも犯罪者でも、多分、みんな母親が好きで。

そのことに誇りが持てるようになれる作品。

「その時」は必ず訪れるけど、作品終盤までその時が来ないのではと思えた。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
この本を読んだのは東京に出て来て7年たったころでした。
通勤の電車に乗っているときに少しずつ読んだのですが、何度か電車内で泣いてしまいました。恥ずかしかったので、目が疲れている感をだしてゴシゴシしていたのを覚えています。

あれからもう何年もたちますが、電車で泣いた本には出会えていません。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
特にドラマティックな部分があるわけでもない。母と子の絆の話。しかし、「お母さん」という存在は大きすぎる人物。「親がこの世からいなくなる。」誰もが心の奥底で持っている恐怖なのではないでしょうか。私自身、親が年老いて、いつか別れなければならないという恐怖感を抱いていた時にこの本を読んだので、ものすごく泣いた。ボロボロボロボロと、特大粒の涙を流しました。この涙は「感動」ではない。ぴったりとした言葉が見つからないが、あえて言うならば「共感」。いつか自分も体験するんだと思うと、親を大切にしよう、時間がある時は出来るだけ一緒にいようと心から思い、親の存在の大きさに気付きました。どこかで思っていても、毎日の生活の中で、自分の事で精一杯になってしまい、こういう事は後回しにしてました。この本を読み、考える事ができ感謝しています。
コメント 39人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ひとりで息子を育てる“オカン”の側から読ませていただきました。

“母の思い”は驚くほどよく似ています。。。

私も息子が高3くらいの時に「おかあ・・・ちっちゃいね。。。」と言われ、

「おかあの生まれ故郷での大学生活は楽しいし、あったかい!」と

言ってもらったことがシンクロしていて泣けました。。。

息子が地方の大学へ行って「淋しいでしょ?」と聞かれるけれど、

「大量のご飯を作らないことがつまらない!」と思っていることなども

“オカン”とそっくりで、せつない思いが迫ってきました。

息子に“老い”と“死”を見せられるかな・・・と深く考える機会になりました。

飲み干す如く、まさに「読み干す」という感じでした!
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
まあ、何かリリーフランキー祭りの一環なのかと思わざるを得ない出来の悪い本でした。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 結論は、この息子は 偉大な男である。親孝行であるということ。息子によって母と父はオカンであり、オトンであることが許されたのである。
 九州は福岡県。小倉、若松、筑豊の風がする。豪快な風が東京を襲う。わははと哄笑するオカン・オトン達世代のゴツサに呑まれる東京タワー。のほうずな生活力・生命力。

 こんな息子がいるのかしらと思ってしまう。とんでもない母と父。かれらを母として、父として讃えながら 生きていく男児がいた。
 一見、「母子家庭」、しかし肝心の時には最小限の父親らしいことをするオトンが登場。オトンが登場するとき、新しい世界を 息子は 知っていく。それは 天才教育に等しい。早熟にならざるをえない息子。母との微妙な関係。高校から 母とは 距離を確実に置く。そして東京の大学へ。フリーターとして5年間は頑張れと云うオトン。
 母が甲状腺ガン。行き場が無くなった母と一緒に生活する息子。人としての生き方は極めて古典的。
 上京後の 母の存在は大きかった。息子とその連れ達にとっても、「虚構の大ファミリー」を大東京でつくるチャンスを与えた。母はみんなのオカンになった。
 母子家庭の息子でしかわからない微妙な雰囲気。母への気遣い。お互いの配慮。母は、きっちりした価値観をもっている女性。
 映画化されて今はロングラン
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
本屋にうずたかく積まれているのを見たことがありました。

黒木瞳が出ていたアレでしょ?って勘違いしていたのです。

どの本屋さんのポップも「泣ける」とか「感動する」とかの曖昧ななんだかありがちのよくわけのわからないポップなので気にもなりませんでしたが、ふとしたきっかけで読むことになりました。

読み出したら、どこで区切っていいのかわからないほど読み進めてしまい、一気に読み終わりました。

飾らないストレートな言葉が、どこか「都会に吸い寄せられた田舎者」の僕の中に突き刺さるんです。

面白くて笑い転げたり、とてもやさしくて悲しくて泣いたり、よみながら自分の人生と重ね合わせてみたり、読んでいていろんな感情が僕の中に湧き出てきました。

都会に出てきて十年くらい経って、ふと立ち止まったときによむといい。東京出身の人にはわからないかもしれない僕らの琴線に触れ、奏でてくれるような作品です。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー