中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~ 単行本 – 2005/6/28

5つ星のうち 4.3 488件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,413 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 810 ¥ 97
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

受賞歴

第3回(2006年) 本屋大賞受賞

内容紹介

読みやすさ、ユーモア、強烈な感動! 同時代の我らが天才リリー・フランキーが骨身に沁みるように綴る、母と子、父と子、友情。この普遍的な、そして、いま語りづらいことがまっすぐリアルに胸に届く、新たなる「国民的名作」。『en-taxi』連載、著者初の長編小説がついに単行本化。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 450ページ
  • 出版社: 扶桑社 (2005/6/28)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4594049664
  • ISBN-13: 978-4594049669
  • 発売日: 2005/6/28
  • 梱包サイズ: 19.8 x 13.5 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 488件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 83,164位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
金持ちでも、貧乏人でも、警察官でも犯罪者でも、多分、みんな母親が好きで。

そのことに誇りが持てるようになれる作品。

「その時」は必ず訪れるけど、作品終盤までその時が来ないのではと思えた。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
 何だか昭和の時代が思い出され、ジーンとしました。
はちゃめちゃな青春時代を過ごしてきたからこそ、今のリリー・フランキーがあるのだということが実感できる一冊です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 tamura57 投稿日 2006/11/20
形式: 単行本 Amazonで購入
東京に出てきてからの展開がすばらしい。本書を読んで親孝行をしたくなった人がいて、実際に親孝行をしたら、それだけで価値があるだろう。小説の価値とはそんなところにはないのかもしれないが、この本はやはりどこか特殊な本で、そこにこそ価値がある。小説として欠点はあるにしろそのような説得力があるということは、小説としても力があるということだろう。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
この本を読んだのは東京に出て来て7年たったころでした。
通勤の電車に乗っているときに少しずつ読んだのですが、何度か電車内で泣いてしまいました。恥ずかしかったので、目が疲れている感をだしてゴシゴシしていたのを覚えています。

あれからもう何年もたちますが、電車で泣いた本には出会えていません。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 You and Me 投稿日 2011/12/29
形式: 単行本
 有名な本屋大賞の一冊です。教え子につまらないと言われて、それでも借りて読み
ました。

 いつもいつもおかしなエッセイばかり書いているリリーフランキーさんの、これは
自叙伝なんでしょうか。

 最初は、つまらない独り言です。そこを緩やかに過ぎると、怒涛のようなオカンの姿に
圧倒されます。人によっては、独り言がつまらなくて、オカンの話の前に読むのを止めて
しまうようです。
 しかしながら、オカンの話になってくると、はっきり言って、ストーリーは見え見え。
何故読み進めるのか、自分でも分からない。最後まで読まされてしまいました。

 素直に泣けます。

 本屋大賞贔屓というわけではありませんが、他の書評より当てにしています。
 昔、もう頬杖はつかないというそれ一冊で話題をまいた小説がありました。それを
読んだ後の感覚を思い出したのは何故なんでしょうか。

 お勧めします。序盤が50点。それ以降は迫真の95点。付け過ぎかな。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 pon 投稿日 2005/10/27
形式: 単行本
 作者のリリーフランキーといえば、雑誌にエッセイを書いてる人だよね。ぐらいの印象しかありませんでしたが、あまりの感動にびっくりしました。すばらしいです。リリーとおかあさんの間にあるものすごく太い愛情が、ひしひしと伝わってくる本でした。初めはかなり笑えるところもあり、時々胸をぎゅっとつかまれるような感動がきます。そして後半はもう涙涙・・です。親子の愛って本当にすばらしいものだなあとあらためて感動できました。親孝行がしたくなる本でした。
 でも男の子の母親に対する愛情は、女の子が母親に対する愛情とは全然別物だと思います。男はみんなマザコンだというけど、まさにその通りだと思いました。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
この本を評価なんてできない。
だってこれは、一人の人間とその家族の時間を切り取ったものだから。

読み進めるうちに、著者の気持ちで家族を感じる。
オカンやオトンに腹が立ったり喜んだり、恥ずかしい気持ちになったりありがたく思ったり。
そんな当たり前の気持ちを呼び起こす。

人は、少なからず恥ずべき歴史を抱えて生きている。
親に頭が下がりっぱなしだが、そんなこと今更触れない小さい自分がいる。
それを気づかせ、素直に謝ったり自分なりに喜ばしてあげたいと思う。

自分のオトンとオカンを大事にしようと思える本である。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
総武線各駅停車電車の中、何度も嗚咽をこらえるのに苦労させられた。既に10年ほど前に書かれた当時の超ベストセラー。男にとって母はいつまでも何よりも
大事で、偉くて、大好きな存在であることをリリー・フランキーは臆面もなく再認識させてくれた。私の母は今84歳、私自身が60歳を超えた今でも母の存在は大き
く、「宇宙人の襲来よりも、地球最後の日よりも恐れている日」が来るのを私は怖い。母のことは大好きなくせに、なかなか言葉や態度に表すことが出来な
いというのも男の共通点だろうな。ああしてやればよかった、こう言ってやればよかったと作者が母の死後悔やむ姿は、まさに多くの男たちが母の死後共有
するものであろう。作者の母が九州から出てきて作者と同居し、自宅に訪れる人にはすべて自分にとって最高のご馳走を用意してやる場面が多く出てくる。
人はいつも腹をすかせているものだという信念のもと、食べきれないくらいの料理を賄う母。それを多分、不潔だとか、味が合わないだろうという理由で箸も
つけなかった編集者の女性を、リリー・フランキーは口汚く罵っている。それほど大事な存在であった母を想う気持ちが至る所に溢れている。文才に恵ま
れている作者は、固い表現や高尚な言葉使わずとも、ユーモアたっぷりに母の思い出を語ってくれ、その思い出も自分で共有している
...続きを読む ›
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー