東京タワー オカンとボクと、時々、オトン(2枚組)... がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 1,000
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: ★media-shop7★
カートに入れる
¥ 1,150
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: 株式会社ティーケーグループ 年中無休
カートに入れる
¥ 1,199
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: MasterDVD2
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

東京タワー オカンとボクと、時々、オトン(2枚組) [DVD]

5つ星のうち 3.9 62件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 5,184
価格: ¥ 1,000 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 4,184 (81%)
残り5点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、★MW22shop★が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:14¥ 1,000より 中古品の出品:19¥ 449より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意は こちらをご覧ください。
  • 注記:Amazon.co.jpが販売・発送する一部の商品は、お一人様あたりのご注文数量を限定させていただいております。お一人様あたりのご注文上限数量を超えるご注文(同一のお名前及びご住所で複数のアカウントを作成・使用されてご注文された場合を含みます。)その他Amazon.co.jpにおいて不正なご注文とみなす場合には、予告なくご注文をキャンセルさせていただくことがあります。
  • 【AmazonDVDコレクション】 人気のタイトルが、いつでもお得なAmazon価格でご購入いただけるシリーズです。DVDは1枚1,000円、ブルーレイは1枚1,500円。 対象商品はこちら。


登録情報

  • 出演: オダギリジョー, 松岡錠司, 樹木希林, 内田也哉子, 松たか子
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 2
  • 販売元: VAP independent(VAP)(D)
  • 発売日 2007/10/24
  • 時間: 142 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 62件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000V97JF4
  • JAN: 4988021128360
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 29,615位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

Amazonレビュー

   リリー・フランキー原作の同名ベストセラーを映画化した本作は、ドラマ版とは違って、映画ならではの細部へのこだわりや、絶妙なキャスティングによって、原作の持ち味を存分に活かすことになった。原作者自身がモデルである主人公の「ボク」が、炭鉱町・筑豊での少年時代を経て、東京でイラストレーター兼コラムニストそして成功。ガンに冒された「オカン」を東京に呼び寄せるという物語は、ほぼ原作どおり。映画だからといって、妙に本筋を外れなかったことに好感が持てる。
   長髪で無精ヒゲを生やしたオダギリ ジョーは、思いのほかリリー・フランキー本人に近いイメージ。さらに樹木希林のオカンの若き日を実娘の内田也哉子が演じることで、時の流れが見事に表現されている。そのほかキャストでは、原作にも出てくる松田美由紀の使われ方や、一瞬だけ登場する豪華ゲストも見どころ。炭鉱町のセットを始め、その後の80~90年代のカルチャーも丁寧に映像化された。原作ファンが気になるのはクライマックスだが、オカンがガンに苦しむ姿を壮絶に描く反面、その後は過剰な演出を避けたたことで、原作よりも、じっくり感動する人が多いかもしれない。映画として、どこにインパクトを与えるべきなのかを、監督の松岡錠司は知っているのだろう。(斉藤博昭)

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

リリー・フランキーの同名小説を、オダギリ ジョー、樹木希林主演で映画化した、母子の絆を描いた感動作。昭和の筑豊の炭鉱町で育った主人公・ボクが、平成の東京タワーの下で母・オカンを看取るまでを描く。脚本は、『恋の門』の松尾スズキ。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

2014年9月6日
Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2013年12月26日
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2015年1月24日
Amazonで購入
2014年11月3日
Amazonで購入
2013年4月25日
Amazonで購入
2015年6月2日
Amazonで購入
2015年12月23日
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2017年4月2日
Amazonで購入

最近のカスタマーレビュー