東京タワー オカンとボクと、時々、オトン(2枚組)... がカートに入りました
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆ブックレット端に多少の水濡れによるシミあり◆ ◆ディスク再研磨済みです。レンタル落ちではありません◆ 中古品になりますので多少のケースのスレ、キズ、再生に問題ないディスクの小さな(薄)キズ、使用感等がありますが、中古品としては並以上の状態の商品です。状態の悪いものにつきましてはコメントに記載させて頂いております。★Amazonが在庫管理しておりますので、在庫切れの心配はございません★ 万が一、商品に問題がありました場合、アマゾンのカスタマーサービスが迅速に対応いたします。アマゾンカスタマーサービスまでご連絡ください。
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 1,450
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: ★MW22shop★
カートに入れる
¥ 1,450
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: hi-music
カートに入れる
¥ 1,450
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: ベスト メディア FBA在庫・年中無休
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

東京タワー オカンとボクと、時々、オトン(2枚組) [DVD]

5つ星のうち 4.2 59件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 5,184
価格: ¥ 1,450 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 3,734 (72%)
残り5点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、BOOK OF FRIENDが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:24¥ 978より 中古品の出品:22¥ 399より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン(2枚組) [DVD]
  • +
  • 東京タワー―オカンとボクと、時々、オトン (新潮文庫)
総額: ¥2,260
ポイントの合計: 25pt (1%)
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: オダギリジョー, 松岡錠司, 樹木希林, 内田也哉子, 松たか子
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 2
  • 販売元: VAP independent(VAP)(D)
  • 発売日 2007/10/24
  • 時間: 142 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 59件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000V97JF4
  • EAN: 4988021128360
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 3,431位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

Amazonレビュー

   リリー・フランキー原作の同名ベストセラーを映画化した本作は、ドラマ版とは違って、映画ならではの細部へのこだわりや、絶妙なキャスティングによって、原作の持ち味を存分に活かすことになった。原作者自身がモデルである主人公の「ボク」が、炭鉱町・筑豊での少年時代を経て、東京でイラストレーター兼コラムニストそして成功。ガンに冒された「オカン」を東京に呼び寄せるという物語は、ほぼ原作どおり。映画だからといって、妙に本筋を外れなかったことに好感が持てる。
   長髪で無精ヒゲを生やしたオダギリ ジョーは、思いのほかリリー・フランキー本人に近いイメージ。さらに樹木希林のオカンの若き日を実娘の内田也哉子が演じることで、時の流れが見事に表現されている。そのほかキャストでは、原作にも出てくる松田美由紀の使われ方や、一瞬だけ登場する豪華ゲストも見どころ。炭鉱町のセットを始め、その後の80~90年代のカルチャーも丁寧に映像化された。原作ファンが気になるのはクライマックスだが、オカンがガンに苦しむ姿を壮絶に描く反面、その後は過剰な演出を避けたたことで、原作よりも、じっくり感動する人が多いかもしれない。映画として、どこにインパクトを与えるべきなのかを、監督の松岡錠司は知っているのだろう。(斉藤博昭)

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

リリー・フランキーの同名小説を、オダギリ ジョー、樹木希林主演で映画化した、母子の絆を描いた感動作。昭和の筑豊の炭鉱町で育った主人公・ボクが、平成の東京タワーの下で母・オカンを看取るまでを描く。脚本は、『恋の門』の松尾スズキ。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 街道を行く #1殿堂トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2008/2/16
最初から最後まで目頭が熱くなりっぱなしでした。幾つになっても、母親の愛情を忘れることはありませんが、この映画をご覧になった方はそのことを思い返すに違いないと思います。母親が、私の全財産は息子の大学卒業証書に変わったと話す姿。その想いに堪えられなかった自分。自分自身を振り返ってしまいます。どんなに思っても母親以上の愛はありません。そして、別居をしている夫が会いにくるのに、髪を整えて待つ母。主演の、オダギリ・ジョーさん、樹木希林さん、小林薫さん、素晴らしかったです。きっと後年代表作と呼ばれるの作品になるでしょう。原作とは異なる印象の映画でした。オダギリ・ジョーさんは、凄い役者ですね。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
きっかけは母からの「何かいいのあったから借りてきて〜」からでした。特に考えもせず、気分的に目に止まった東京タワーを借りて母に渡しました。映画をみた後母は「自分が死んだ後…私は子供達に何ができるだろう…かっこつけじゃない。何かを沢山残す訳でもない、子供に対する感謝の気持ちを死ぬまでにどれだけ残せるのだろう」と涙を流しながら自分にいいました。 他の方のレビューにストーリー性が無い…何かが足りないと言っている方がいましたが、むしろ本当の家族の絆を伝えるにストーリーはいらないと思います。何かが足りないに関しても、映画をみたあなた自身が何を感じるかによると思います。 映画をみた自分、母としては本当に自分の家族の立場として考え様々な思いが湧き上がったいい映画だったと思います。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
冒頭の少年時代を回想するシークエンスで、いきなり笑わせてくれます。
この映画、もちろん涙無くしては観れないのですが、
いい感じのツボで 結構笑わせてくれるのがポイントなのです。
だから、より一層、後半のオカンとの永久の別れが切なさを増して迫ってきます。

当然、観客のほとんどは原作を読んでいるか、 テレビ版『東京タワー』を観ている筈。
となれば、ハンカチ片手に じっとスクリーンを潤んだ瞳で見つめる事になるわけです。
が、しかし。 この映画版は『単に泣かせてやろうか』、という見え見えの意図は感じられません。
本来なら、ここでもう一押しで 涙腺決壊確実!と、わかっていても、あえてそれはしませんし、
オダジョーも、 つとめて自然で嘘の無い演技で淡々と魅せてくれるのです。
そして、オカンの樹木希林、オトンの小林薫の恐るべき究極の演技が、
この映画に見事なリアリティを与えております。

最近抑制の効いたオダジョーの静かなオーラがグッと伝わってくるようで、
自然にスクリーンに引き込まれていきます。
取り立てて泣かせる山場がある訳でもなく、劇的なシーンが続くわけでもありません。
オカンとオトン、そして情けなくだらしないボクの日常が 、ゆっ
...続きを読む ›
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
ヒトは「ありふれた」ものを求め信じる生き物だと
ボクは思うのですが、落語だってお題を知って皆
聞いたり観たりするワケで。つまり、「ありふれた」物語をどう味付けするか
ってのが、大事だったりするワケです。
自分も大泉洋のスペシャルドラマ版を既に観ており
映画版は映画としての文脈で、どう語られるか非常に興味があった。

果たして、この映画
脚本、演出、演技陣とやはり期待通りのものを見せてくれた。
この独特のユル〜イ感覚はこのスタッフしか出せないだろうし、
この物語に一番必要なのはこの緩さなんじゃないか。

面白いのは、通常「泣ける」ポイントをいかにも
泣かせるために描くところを
「何がどうなってこうなった」ってこと含めて、省略してるところ。
つまり、「想像」の部分を完全に、こちらへ委ねているという
手法を敢えて取ってると思われるんです。

それは小説の行間から滲み出る
情感を読むのに似ている。

オトンの作る、不器用な作りの模型に主人公「ボク」が感動し
その後の「ボク」の人間形成にも繋がっていく、
この映画ってもしかして、イイ意味で
その「模型」のよ
...続きを読む ›
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック