通常配送無料 詳細
残り7点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
東京タワー―オカンとボクと、時々、オトン (新潮文... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ※ご注文の際は再度送り先のご住所(マンション・アパート名・部屋番号等)ご確認お願い致します。出荷前に検品をしていますが、中古品の為、折れ目、シミ、まれに書き込み等ある場合がございます。万が一、商品に不備がございましたら発送前にメールにて御連絡させて頂きます。(万一の見落としはご容赦下さい)出荷は御注文日の当日or翌日出荷を目指しています。出荷日から1日~4日以内にポスト投函されます。運送会社の遅延にて若干遅れる事もございますのでご了承お願い致します。万が一届かない場合は追跡番号にて検索致しますのでお気軽にメール下さい。経年劣化商品は全体的にヤケがある場合がございますが本編には問題ありません。ISBNナンバーで管理している為ごくまれに出版社が一緒でも表紙画像と異なる場合がございます。※ご了承の上ご注文宜しくお願い申し上げます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

東京タワー―オカンとボクと、時々、オトン (新潮文庫) 文庫 – 2010/6/29

5つ星のうち 4.3 488件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 810
¥ 810 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 東京タワー―オカンとボクと、時々、オトン (新潮文庫)
  • +
  • 博士の愛した数式 (新潮文庫)
  • +
  • 夜のピクニック (新潮文庫)
総額: ¥2,095
ポイントの合計: 65pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

受賞歴

第3回(2006年) 本屋大賞受賞

内容紹介

オカン。ボクの一番大切な人。ボクのために自分の人生を生きた人----。
四歳のときにオトンと別居、筑豊の小さな炭鉱町で、ボクとオカンは一緒に暮らした。やがてボクは上京し、東京でボロボロの日々。還暦を過ぎたオカンは、ひとりガンと闘っていた。
「東京でまた一緒に住もうか?」。
ボクが一番恐れていたことが、ぐるぐる近づいて来る----。
大切な人との記憶、喪失の悲しみを綴った傑作。

200万人が「家族」を思って涙した、2006年本屋大賞受賞作が待望の文庫化!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 522ページ
  • 出版社: 新潮社 (2010/6/29)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4101275718
  • ISBN-13: 978-4101275710
  • 発売日: 2010/6/29
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.8 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 488件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 10,691位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
特にドラマティックな部分があるわけでもない。母と子の絆の話。しかし、「お母さん」という存在は大きすぎる人物。「親がこの世からいなくなる。」誰もが心の奥底で持っている恐怖なのではないでしょうか。私自身、親が年老いて、いつか別れなければならないという恐怖感を抱いていた時にこの本を読んだので、ものすごく泣いた。ボロボロボロボロと、特大粒の涙を流しました。この涙は「感動」ではない。ぴったりとした言葉が見つからないが、あえて言うならば「共感」。いつか自分も体験するんだと思うと、親を大切にしよう、時間がある時は出来るだけ一緒にいようと心から思い、親の存在の大きさに気付きました。どこかで思っていても、毎日の生活の中で、自分の事で精一杯になってしまい、こういう事は後回しにしてました。この本を読み、考える事ができ感謝しています。
コメント 38人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
反則だよ、リリーさん。
生まれて初めて本で泣いた。
しかも、涙で次の行が読めないほどに。

自分は世の中で流行っているものに乗っかるのは好かない方なんだけど、
きっかけがあったので今更ながら読んでみた。そしたらいいのよ、これが。
他人にも自信を持って薦められる一冊。

オカンの死期が近づいてきたことを悟り、リリーは思う。

“いつか本当にやってくること。確実に訪れることがわかっている恐怖。ボクが一番恐れていること。”
そして、オカンが死んだ日。

“ボクが子供の日から恐れていたこと。宇宙人の襲来よりも、地球最後の日よりも恐れていたこの日”
この本は、リリーの、オカンに向けた長い長いラブレターである。
そして、この長いラブレターを通じ、読者はこう感じるだろう。

母親は子供が思っている以上に子供を愛するものなのだ、と。

多くの人がおそらくそうであるように、自分も母親に対する感謝の気持ちを言葉で
伝えることはほとんどないし、感謝の気持ちすら忘れてしまっていることもある。
でも、この本を読むと親や家族のことを想わずにはいられない。
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ひとりで息子を育てる“オカン”の側から読ませていただきました。

“母の思い”は驚くほどよく似ています。。。

私も息子が高3くらいの時に「おかあ・・・ちっちゃいね。。。」と言われ、

「おかあの生まれ故郷での大学生活は楽しいし、あったかい!」と

言ってもらったことがシンクロしていて泣けました。。。

息子が地方の大学へ行って「淋しいでしょ?」と聞かれるけれど、

「大量のご飯を作らないことがつまらない!」と思っていることなども

“オカン”とそっくりで、せつない思いが迫ってきました。

息子に“老い”と“死”を見せられるかな・・・と深く考える機会になりました。

飲み干す如く、まさに「読み干す」という感じでした!
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
リリーさんのエッセイが好きで、書籍化されたものはほとんど読んでいます。
そして今さら手に取った本書。

あ〜この人が結婚しないわけがわかりました。
この人が高校時代から15年間も母親の元を離れて自堕落な生活をしてきたわけもわかりました。

オカンはリリーさんにとって、完全無欠。
商売人としては不合格、妻としては?でも母親としてはパーフェクトであり、あらん限りの愛情を息子一人に注いでくれた人。
我が身を削って全てを与えつくす母親の愛情は深すぎて、子供としてはありがたく思いつつも、どうそれに応えればよいのかわからない…だからリリーさんはオカンから離れたのですね。

そして、オカンが年老いて病気になり田舎に住む場所がなくなった時に、始めて一緒に暮らすことができた…、そういう状況になって始めて息子として何かオカンにしてあげられることができたから。

もしオカンが健康でお金持ちだったら、リリーさんはきっとこんなにオカンと密着することはなかったと思います。丸と丸ではくっつけない。お互い「欠け」があるからこそ、それを埋めあうように寄り添える。

もう、リリーさんは結婚できませんね。
オカンほど全身全霊で愛してくれる人も、オカンほど大切にしたい人もこ
...続きを読む ›
コメント 34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック