Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 540
(税込)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[宮下裕樹]の東京カラス(9) (サンデーGXコミックス)
Kindle App Ad

東京カラス(9) (サンデーGXコミックス) Kindle版

5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
[まとめ買い] 東京カラス(サンデーGXコミックス)の9の第9巻

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 540
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 596 ¥ 252

紙の本の長さ: 188ページ

【期間限定無料】Kindleコミック
いつでもコミックが無料で読める!常時多数の無料コミックを配信中。 今すぐチェック
【Kindleコミック ストア】: コミックの人気タイトル、新着・ニューリリース、お買い得タイトルをチェック。 Kindleコミック ストア へ

【女性向けコミックストア】: 女性のためのコミックストア。期間限定無料タイトルからセール情報まで、お得な情報多数! 今すぐチェック



商品の説明

内容紹介

特殊能力は何も持たない女子高生・大島田満子率いる代々木第四高校・都市伝説研究会。
大看板・大島田家を巡る勢力争いが、日本の陰陽界を東西に分ける大抗争に発展。
そして、その結果…東のクリスティーヌ春子が大島田の跡目を継ぐことに。
逆に満子は失踪し、表舞台から姿を消してしまう。
更に、クリスの母・ブリトニーが、凄まじい計画を実行に移そうと暗躍し…!

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 47543 KB
  • 紙の本の長さ: 195 ページ
  • 出版社: 小学館 (2017/1/19)
  • 販売: 小学館
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01N14G6CO
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
2
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
歴道選手権が終結し、どこか不穏の種を残しつつも日常に戻ると思いきや、都市伝説研究会に満子(みつこ)の姿はなく、代わりにいたのは寅子だった。

9巻は表紙からして異質。センターは寅子だし、満子(みつこ)は・・遺影?。後、誰だこいつ?っていうのも。

交換学生としてやってきた寅子は、満子(みつこ)の代わりに都市伝説研究会への依頼を解決していくが、何でもかんでも満子(みつこ)に結び付けようとするし、満子(みつこ)絡みになると判断力が鈍ったり、顔を赤らめたり。
・・あれっ、これツンデレ?。

都市伝説研究会の面々にも
色々と異変が起こり。主にボリューム的に。
会長はもともとアレだったけど、山田は見る影もない。ほんとどうしちゃったんだ。

驚いたのが矢沢姉さんが喋った事。喋ったというか井黒に対するテレパシーみたいなのですが。今まで人語を話さず暴れるばかりのバーサーカーみたいな矢沢が、コミュニケーションを取ってるのがすごく新鮮でした。井黒と一緒にゴミ箱あさったりかつ上げしたり、この姉妹何だかんだで仲がいい。

読み終わってみれば、帯に書いてあった文言「満子(みつこ)が消え、寅子が来て、春子が変わる!」この通りになった。
ただ春子が変わるは予想の斜め上をいく
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
サンデーG X にて連載中であります、著者は宮下 裕樹先生(原案·キャラクターデザイン コザキユースケ先生)による東京カラス。 その単行本09巻です。

本編の流れとしましては満子不在の都市伝説研究会への寅子の加入から始まり(寅子かわいいよ寅子)、事実上大島田家の跡取りと成った春子による“でいだらぼっち”軌道修正という大事があった上で、暗躍留まるところをしらぬ大島田·N ·ブリトニー、その底知れぬ野望が果たされ、また大きく動きだします。蠢きまくってます。怖い。

今巻で カラス双子姉妹を保護し(満子代わりに)寅子が率いる形になった都市伝説研究会、春子に変わって日本の陰陽界トップ地位を得たブリトニー、極少数の鬼わ番と逃走中の満子、一時的?に退場を余儀なくされた巌、兵藤 という風に分断された各勢力が、日本最大のゴーストであるらしい“MASAKADO”の出現だとかある中で、どういった動きをみせるのか。いくつもの導火線についた火がひとつの爆弾に向かって、どう燃えてゆくのか。とっても楽しみです。

ところで「とっても」、って言葉使うと同じく宮下裕樹先生作品である[リュウマのガゴウ]のキャラクターが頭に浮かびますね(脱線) 
リュウマのガゴウは来月末に完結巻が発売とのことです。

個人的に今巻で特に印象的
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover