通常配送無料 詳細
残り19点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
東京の下層社会 (ちくま学芸文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 初版・帯無・書込み等は見あたりません★当店より複数同時注文の際は2点目より100円ずつ割引返金いたします★受注確認後、迅速に発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

東京の下層社会 (ちくま学芸文庫) 文庫 – 2000/3

5つ星のうち 4.4 16件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 105
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1,026
¥ 1,026 ¥ 549

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 東京の下層社会 (ちくま学芸文庫)
  • +
  • 貧民の帝都 (文春新書)
  • +
  • 戦後の貧民 (文春新書)
総額: ¥2,722
ポイントの合計: 61pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

駆け足の近代化と富国強兵を国是とする日本の近代は、必然的に社会経済的な弱者―極貧階層を生み出した。しかし、多くの日本人はそれを形式的な慈善の対象として認識するのがせいぜいで、社会的存在として見据えようとせず、本質的には彼らを「落伍者」「怠け者」として切り捨ててきた。スラムの惨状、もらい子殺し、娼妓に対する恐るべき搾取、女工の凄惨な労働と虐待…。張りぼての繁栄の陰で、疎外され、忘れ去られた都市の下層民たちの実態を探り、いまなお日本人の意識の根底にある弱者への認識の未熟さと社会観のゆがみを焙り出す。


登録情報

  • 文庫: 285ページ
  • 出版社: 筑摩書房 (2000/03)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4480085459
  • ISBN-13: 978-4480085450
  • 発売日: 2000/03
  • 商品パッケージの寸法: 14.6 x 10.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 16件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 74,742位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
おおよそ明治期から戦前までの東京における都市下層を扱った本。
横山源之助『日本の下層社会』、松原岩吾郎『最暗黒の東京』、
『職工事情』といった当時のルポルタージュや調査報告をまとめる
ような内容になっている。

扱われている内容は、スラム生活の衣食住と職業生活、社会福祉の
未整備が及ぼす影響、娼婦の生活、女工の生活である。当時の数々の
記録がまとめられているので、1つのレポートだけを頼りにするより
も当時の一般的な姿として説得力があった。
初期の資本主義のイケイケドンドンから振り落とされ、あるいは
良いように利用され、もしくは良いように使い棄てられた人々の姿は、
現代的な視点からすると非常に悲哀に満ちている。社会主義、共産
主義というものが1つの社会改革の目標としてリアルさ、さらには
切迫さをもって受け入れられたのも頷ける。

ルポがどこまで大げさな表現を省いてニュートラルに書かれたのか
今では確認しようもないが、社会福祉事業・制度が整わない時代に
あって、その当然の結果としてスラム生活が広がっていたことは
疑いようもない事実である。
現代の日本社会以前に日本人がどういう汗や血を流してきたのかを
...続きを読む ›
コメント 57人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 dream4ever VINE メンバー 投稿日 2006/10/25
形式: 単行本
立花隆さんが書いた書評の中にあった一冊。

読んでいるうちに気分が悪くなる方もいると思います。まさに日本のスラムあるいはそれ以下の生活を当時のルポや書籍から紹介しています。

残飯を売る商売が成り立ち、その日暮らしの人たちがまさに東京の街中のスラムに肩を寄せ合って生きている。後半では娼婦や女工に焦点を当てて金ある者が同じ人間を人間扱いしないで虐待搾取していく状況がこれでもかと言うほど書かれている。

現在言われている格差社会と言うコンテクストと比べようも無いと思ってしまう。普通に餓死し、野垂れ死にし、医者にもいけず死んでいく、騙されて売られていく少女、飢饉で親から売られる子供。

それほど昔ではないであろう時代の日本に普通にあった現実なのだ。
コメント 43人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
日本のスラム、下層社会の生活のすさまじさに愕然としました。そんなに昔のことではないのですね。60人以上のもらい子を殺したり、吉原の泥沼、スラムの木賃宿の凄絶な実態、等、、、、。忘れてはいけない実態だと思います。途上国の開発問題を考える上で、私達が知らなければいけない事実をつきつけられたような気がします。
コメント 61人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
「日本の下層社会」はだいぶ前に読んだが、本書はそれを上回る好著。

資料・引用・写真等でも、読み応えのあるものに仕上がっている。その描写もリアリティがある。
そう思える一つの要因としては100冊にものぼる各種資料を精選し、それを提示できる著者の博学さに
よるところが大きいと思われる。
巻末の資料一覧(本書執筆の参考文献)でも、官製の報告書から当時の小説家の作品まで、多岐に渡る文献を
よく読みこんだものだと、感心した。

内容は明治・大正・昭和初期の東京の「暗黒部」の解説。
しかし解説にとどまらず、参考資料が果たして正確であるのかをきちんと検証している。
そのために、いたずらに「日本の恥部を覗く」ことなく、その原因となった社会情勢や政府の対応・篤志家の活動を
分析する手法は見事。
特に、「事実として確認できない事実」をその理由を語りつつ、なぜ本書に援用したかを述べるのは、簡単なようで
かなり難しい作業。近年のルポ作家の作品などよりはるかに迫力がある。

「下層民」の描写はあまりにも生々しく、息苦しくなる場面も多く、正直読み通すのは難しかった。
分量そのものはさしたることはないが、内容が濃すぎ、いくつもの箇所で前のページを読み返
...続きを読む ›
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
たかだか数十年前の日本には、今の日本人とは違う人々が住んでいたのではないか、
本書の舞台は、日本ではないのではないかとまで思わせる内容だ。

日本人とは、こういう国民だという思いがそれぞれ日本人にはあるだろうけど、そのひとつひとつがひっくりかえるに違いない。
自分の日本人感をひっくり返すためにも読むべきだろうと思う。
もちろん、ぼくもひっくり返っておたおたしている。

本書に出てくる日本人の子孫が、目の前にいる日本人だとは、なかなか思いがたい。
そして、自分の先祖は、いったいどこでどんな暮らしをしていたんだろうかとおもう。
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー