¥ 1,836
通常配送無料 詳細
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
東レ 改訂版 (リーディング・カンパニーシリーズ) がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

東レ 改訂版 (リーディング・カンパニーシリーズ) 単行本(ソフトカバー) – 2016/12/17

5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2016/12/17
"もう一度試してください。"
¥ 1,836
¥ 1,836 ¥ 3,667

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 東レ 改訂版 (リーディング・カンパニーシリーズ)
  • +
  • 電子部品 営業利益率20%のビジネスモデル
総額: ¥3,564
ポイントの合計: 70pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



レビュー100件以上ストア開設!
レビュー件数が100件以上で、★★★★以上の自己啓発・英語・レシピ本などが探せます。 >> 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

リニューアル第2弾『リーディング・カンパニーシリーズ 東レ 改訂版』が登場!
「リーディング・カンパニーシリーズ」は、2008 年に発刊を開始し、日本の各業界をリードする企業の情報を1 冊にまとめたシリーズとして採用対象者を対象に好評を博しているが、今シリーズからは、経営分析、海外戦略、営業戦略など加え、より現場に近いビジネスマンを読者対象にリニューアル。もちろんトップインタビューや企業・業界の歴史は前シリーズに引き続き掲載している。 2015年4月発刊の新シリーズ『リーディング・カンパニーシリーズ 東京海上ホールディングス』に続き、リニューアル第2弾として2008年発刊の前作の内容を全面刷新した『リーディング・カンパニーシリーズ 東レ改訂版』。現・経団連会長を輩出する東レが繊維、化学のリーディング・カンパニーとしてどのように経営の舵を切り、事業を展開してきたのか、また標榜する経営理念、経営の基本、今後の経営・事業展開に迫る。

内容(「BOOK」データベースより)

経営トップの独占取材や研究開発の秘訣、経営戦略から人材育成まで網羅。気鋭専門家による解説・分析で好調・東レの深部を探る。シリーズ第12弾!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 224ページ
  • 出版社: 出版文化社; 改訂版 (2016/12/17)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4883386090
  • ISBN-13: 978-4883386093
  • 発売日: 2016/12/17
  • 商品パッケージの寸法: 17.6 x 13.1 x 2.3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 36,926位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
1
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
このシリーズの本は初めて読んだが、非常に勉強になった。
仕事柄、普段、様々な企業経営についてはまんべんなくウォッチしているが、これまであまり見聞することのなかった繊維関連企業の実態を知ることができた。経営者のバックボーンや理念、社史、経営・人材戦略から詳細な企業データまでバランスよく網羅され整理されていて、著者の視点に偏りがない点がよいと思う。
自分が知らない特定の業界のことを短時間で学ぶには、その業界の1,2の企業について徹底して調べれば、業界全体が見えてくる、と言われるが、まさに日本の繊維業界とグローバル化の潮流を知るにはうってつけの本だと思った。
最近は何かとベンチャー企業ばかりに注目が集まり、老舗企業はもはや。。。的な空気があるが、こうしたエスタブリッシュメント企業も、なかなか(イノベーティブで)捨てたものではない、と実感した。
値段は少々高いが、それに見合う中身が十分詰まった一冊。これを機に当シリーズの他企業版も読んでみたいと思う。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告