中古品の出品:1¥ 9,800より

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

東プレ PJ0800 REALFORCE106UB

5つ星のうち 4.8 4件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
中古品の出品:1¥ 9,800より


【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

 

お知らせ:「ショッピングカートに入れる」ボタンをクリックすると、Amazonマーケットプレイス®の商品がカートに入ります。マーケットプレイスの商品は、出品者によって配送料 が異なります。(詳しくはこちら



キャンペーンおよび追加情報



製品の特徴:
  • メーカー型番 : PJ0800
  • インターフェース : USB
  • キー配列 : 日本語106キー配列
  • ケーブル長 : 1.5m
  • サイズ : W456mm×H39mm×D169mm
詳しい仕様を見る

商品の情報

詳細情報
ブランド東プレ
商品重量1.8 Kg
梱包サイズ50 x 23.5 x 5.5 cm
製造元リファレンス PJ0800
OSnot_machine_specific
  
登録情報
ASINB000EQHU6C
おすすめ度 5つ星のうち 4.8 4件のカスタマーレビュー
Amazon 売れ筋ランキング パソコン・周辺機器 - 16,897位 (ベストセラーを見る)
発送重量1.8 Kg
Amazon.co.jp での取り扱い開始日2006/2/28
  
ご意見ご要望
 画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる
 

商品の説明

商品紹介

静電容量無接点方式を採用し耐久性に優れいます。また高速入力に適しており同時押しによる文字抜けの心配が有りません、さらにブラインドタッチに適したキーの荷重を変えており手にやさしい106配列のキーボードです。(USB 黒)

Amazonより

各業界で評価される静電容量無接点方式キーボード
   人間工学を考慮した東プレのキーボードは、入力時の静かさや抜群のキータッチ感を実現。また、長時間の使用でも疲れにくくチャタリングも起きないため、金融機関の業務用、計算センターでのデータ入力用、流通、交通、医療、放送機器向け等の各種入力専用機として、さまざまなお客様にご利用いただいている。
   Realforceシリーズのキーボードには、OEM生産で高い評価を得ている業務用キーボードと同じ静電容量無接点方式が採用されている。

Realforceの操作が心地いい理由
   静電容量無接点方式を採用しているRealforceシリーズのキーボードは、パソコン付属キーボードはもちろん、市販のキーボードと比較しても操作性、耐久性、入力性能などの面で、圧倒的なパフォーマンスを誇る。

スイッチ方式 : 【Realforce】耐久性に優れた静電容量無接点方式を採用し、3000万回以上のキー寿命を実現。信頼性の高い入力性能で確実なスイッチングも可能。【市販されている一般的なキーボード】キー寿命約1000万回のメンブレン方式(有接点)。
キータッチ : 【Realforce】長時間の入力作業でも疲労が少ない、なめらかな感触を実現。全キー45±15gで、小指でも軽いタッチの良好なフィードバック感。【市販されている一般的なキーボード】全キー約50~60gで押し込む必要があるため、歯切れの悪い感触。
複数キー入力追従性 : 【Realforce】無接点方式により、キーの打鍵順序に従って打鍵した数だけ出力可能。高速入力でも安心なNキーロールオーバーに対応。【市販されている一般的なキーボード】疑似Nキーロールオーバーのため、同時押しした場合には、3キー以上は入力抜け。
荷重特性 : 【Realforce】荷重の変化がなだらかでソフトなクリック感を誇る4mmストロークを採用し、入力時の底打ち不要。【市販されている一般的なキーボード】短時間で荷重が急激に増減するため、ストロークの短さが伝わる感触。
キートップ形状 : 【Realforce】指先にフィットしたしなやかで理想的な操作性を実現するステップスカルプチャーを採用。A~E列にかけては各列に適した傾斜角を採用。【市販されている一般的なキーボード】横から見た形が全て同じステップタイプ。
キートップ印刷 : 【Realforce】長時間の使用でも消えないサブリメーション(昇華)印刷方式を採用。樹脂の中にインクを浸透させるため文字が鮮明で多色化も可能。【市販されている一般的なキーボード】キートップの上にインクを乗せるだけで、印刷が剥がれやすいタンポ印刷+UVコート。
入力特性 : 【Realforce】無接点方式のため、長時間の使用の場合でも、接点部の摩耗によるチャタリング等の入力障害の発生を防止。【市販されている一般的なキーボード】接点部の摩耗の度合いによって発生。
入力部の構造 : 【Realforce】荷重的影響がない円錐スプリングを押し下げる構造。これにより、ドームは荷重特性を優先した設計。【市販されている一般的なキーボード】外側と内側のダブルドーム構造。内側の逆ドームにある凸部でシートの電極を押しつけることが、不快な荷重特製の原因。

毎日パソコン入力コンクールに賛同
   日常生活において、IT活用がもはや必須となるような世界的な潮流の中で、パソコン入力技能の向上を目的として行われる「毎日パソコン入力コンクール」。東プレでは今大会の趣旨に賛同し、第1回大会から賞品としてRealforceシリーズのキーボードをご提供している。

ゲーム業界に進出
   世界で絶大な人気を誇るシューティングゲーム「カウンターストライク」を日本向け に改良した「カウンターストライクネオ」に、Realforceが採用された。

Realforce106UB(USB)PJ0800の特徴

  • Realforce 106と変わらない変荷重キーボード
  • キートップにシリーズ初のレーザー刻印を採用
  • 青色LEDをNum Lock・Caps Lock・Scroll LockのLED部に使用


  • カスタマー Q&A

    カスタマーレビュー

    5つ星のうち 4.8
    あなたのご意見やご感想を教えてください

    トップカスタマーレビュー

    日本製高級キーボードの代名詞ともいえる東プレのREAL FORCE。

    その打鍵感を例えていうなら、硯(すずり)に固形の墨を押し当てた時のような感じ・・・

    とでもいいましょうか。本体が黒色なので余計にそう感じます。

    この「キトキト」とした感触のキータッチに一旦慣れてしまうと、それはそれはもう本当に気持ちがいいです。

    その使い心地は、まるで半紙に毛筆でさらさらと書をしたためているかのようです。

    何故だか背筋がピンと伸びます。ずっと打ち続けていたいという気にさせます。

    ああ、日本人に生まれて良かった・・・なんだかそんな風にまで思ってしまいます。

    今まで気が付かなかったのですが、私はキーボードを随分と強く打鍵していたみたいです。

    でもこれに買い換えてからは、キーに指を軽く置くような打ち方に自然と変わってしまいました。

    そう、まさに「文字を打つ」から、「言葉を置いていく」かのごとく・・・

    ですがタイプスピードは速くなり、タイプミスも減っています。そして疲れ知らず。

    REAL FORCE唯一の欠点はその値段ですが、でもそれに見合う価値は十二分に有ると私は思
    ...続きを読む ›
    コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
    フィードバックありがとうございました。
    申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
    違反を報告
    Amazonで購入
    これまで、何台もキーボードを変えてきました。
    その中で、このキーボードは最高です。とにかく打ちやすく、長時間入力しても疲れない。
    値段が値段だけにちょっと買うのを躊躇しましたが、買って良かったと思っています。
    コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
    フィードバックありがとうございました。
    申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
    違反を報告
    パソコンを使い始めたのはPC-6001MKIIというもの、メカニカルでかなりカチカチいうキーボードでした。それに慣れてしまった影響もあって、最近のパソコンに添付されているフニャフニャなキーボードにはイマイチ満足がいきませんでした。

    そこで最近までずっと愛用していたのが名機と名高いIBMのキーボード「5576-A01、P/N :79F0167」紹介されいているサイトの説明文では下記のように絶賛されています。

    〜〜〜サイト鍵人より引用〜〜〜

    記念すべき日本語配列の原型機にして,日本的座屈ばね機構の名品。日本,いや世界鍵盤史上の最高傑作です。本機は一時期IBMのPCに添付されて多く出回っていました。1991年5月に発表されたPS/55Z モデル5510Zに添付されて世に出たのが最初と思われます。DOS 4.05/VすなわちDOS/Vが発表されたのがその前年の10月,1990年の年末には後述のPCオープン・アーキテクチャ推進協議会(OADG)が発足しました。そうして日本語鍵盤の正統として現れたのが本機です。

    私も手元に2個あるのですが、どちらもが調子がイマイチで新しいものを探していました。そこでこのキーボード、発売当初から結構な人気で私も注目していたのですがUSB接続でテンキー内臓タイプが中々でないので
    ...続きを読む ›
    コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
    フィードバックありがとうございました。
    申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
    違反を報告
    このキーボード。ジャストシステムと組んで完成したという伝説。

    勿論、ぼくは 買いました。

    真っ黒。キーに刻印された黄金色の文字。特注品ということで買い使用しています。

    本体やキーは何色でもいい。あまり きらびやかすぎるのは うっとうしくなるときもある。

    この伝説のキーボードが 今後も 製造されつづけるということを知り安心しました。ウインドウズキーもついていない。

    このキーボードのファンも増えていくでしょう。

    たしかに おもしろい。

    使い勝手もいい。

    新鮮。

    ●最後になるかもしれないけれど、東プレのキーボード開発に 取り組んでいる技術者諸氏におねがい。

    『モデル MD0200』を 再度 製品化していただけませんか。

    あのモデルは 慣れるのに 少し 時間がかかったけれど また、Ennterキーをおすと えもいわれない美しい音色がきこえた。

    パソコンにひっつける部分だけを最新式にしてくれたらと 大きな希望を述べます。

    頑張って ください。あのキーボードほど ユニークなキーボードはなかった。墓のしたにほうり込むのは まだ 速すぎるとおもうのです。

    敬愛する 東プレのキーボード製作技術者さまへのお願いです。
    コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
    フィードバックありがとうございました。
    申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
    違反を報告