東のエデン 劇場版I The King of Ed... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 350 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ■商品によっては、使用される事による擦れ傷・色あせ・多少の汚れ、劣化等が見受けられる場合がございますがご容赦ください。帯・応募券・応募ハガキ等、開封する事により消滅するものや、前保有者が使用する事により消滅するものは、保証の対象外となりますのでご容赦ください。万が一、動作不備・再生不備がございましたら全額返金させて頂きます。■配送は原則メール便で行っております。また土日祝日はお休みを頂いております■受注受付は24時間おこなっておりますが、複数店舗併売の為品切れの際は申し訳ありませんがキャンセルとさせて頂きます。休日中のお問い合わせへのご返信は休日明けに順次行わせていただきます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

東のエデン 劇場版I The King of Eden DVDスタンダード・エディション

5つ星のうち 3.5 13件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 4,935 通常配送無料 詳細
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、Amazing serviceが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:5¥ 4,699より 中古品の出品:14¥ 195より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 東のエデン 劇場版I The King of Eden DVDスタンダード・エディション
  • +
  • 東のエデン 劇場版II Paradise Lost DVDスタンダード・エディション 【初回限定生産】
  • +
  • 東のエデン 第4巻 (初回限定生産版) [DVD]
総額: ¥11,415
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: 木村良平, 早見沙織, 玉川紗己子, 遊佐浩二, 吉野裕行
  • 監督: 神山健治
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 角川映画
  • 発売日 2010/03/24
  • 時間: 82 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 13件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0035FO7KG
  • JAN: 4988126207915
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 96,245位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

滝沢 朗が消えた、半年後の物語。
2009年11月の劇場公開の大ヒット作品「東のエデン劇場版I」が遂に発売!

●2009年4~6月のTV放送で話題となり、11月劇場公開で最高潮に達した本作が早くもDVD&Blu-rayで発売!TVシリーズで明かされなかった謎が明らかになっていく!

●シリーズ累計150万枚の「攻殻機動隊 S.A.C.」シリーズを手掛けた神山健治監督が放つ、初オリジナル作品!

●キャラクター原案は「ハチミツとクローバー」「3月のライオン」の人気漫画家羽海野チカ!

●オープニング・テーマは実力派シンガー、LEAHの「Invisible」、主題歌には、TVシリーズのエンディングで一気にブレイクしたschool food punishmentを再起用!

●アニメーション制作を手がけるのは、プロダクションI.G9課に集った最高のスタッフ陣!

<ストーリー>
再び記憶を消し、咲の前から去った滝沢はどこへ向かったのか?
「俺はずっと、君と一緒に旅した場所にいます」
60 発のミサイル事件から半年後――。
滝沢のノブレス携帯に残されたメッセージと新たな履歴を手掛かりに、咲はニューヨークへと出発した。
『一緒に旅した場所』という言葉の意味が彼女だけに分かるメッセージだと信じて・・・。
咲はもう一度滝沢に会うことが出来るのか?
滝沢がジュイスに依頼した「この国の王様になる」とはどういう意味なのか?
日本を救う新たな戦いが今、始まる。

<初回生産分限定特典>
・羽海野チカキャラクター原案集完全版


・プロモーション映像(「I」特報、「I」「II」予告編、CM)
・『東のエデン劇場版I The King of Eden』君と旅した場所MAP

<キャスト(声優)>
滝沢 朗:木村良平
森美 咲:早見沙織
ジュイス:玉川紗己子
辻仁太郎(セレソンNo.2):遊佐浩二
直元大志(セレソンNO.6):吉野裕行
白鳥・D・黒羽(セレソンNO.11):五十嵐麗

<スタッフ>
原作・脚本・監督:神山健治 「攻殻機動隊STAND ALONE COMPLEX」「攻殻機動隊S.A.C 2nd. GIG」「精霊の守り人」
キャラクター原案:羽海野チカ(「ハチミツとクローバー」「3月のライオン」)
音楽:川井憲次「スカイ・クロラ The Sky Crawlers」「GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊」「ガンダム00」
アニメーション制作:プロダクション I.G

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

神山健治監督が放つ人気TVシリーズの続編となる劇場版第1弾。“セレソン”のひとりに選ばれた滝沢朗は、60発のミサイル事件を機に姿を消してしまう。ノブレス携帯に残されたメッセージを手掛かりに、咲はN.Y.へと旅立つ。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

基本は、"Girl meets boy again."なので、そこは安心して見れる。
が、まぁ、監督の悪い癖というか私の嫌いな監督が出ているので2点、

* 長台詞

 状況がアニメの描画能力を超えると、突如として長台詞をはく人が
 出現し、状況を説明して無理やり話を進める。今回はオープニング
 の咲の語りとNo.11の立ち振る舞いがそう。

 師匠(押井守)の得意芸だが、残念ながらオリジナルを超えるほどの
 芸ではなく、今回の場合、突如としてエージェントになったNo.11は
 テレビ版とは別人と化している。登場シーンも含めてNo.11の芝居は
 突っ込みどころ満載で、とりあえず笑っとくかって感じ。

 攻殻機動隊SSSの後半、電脳ハックされたトグサが一人芝居でSSS
 のトリックを説明しつつ状況を説明しきったのには大爆笑したが、
 今回のNo.11の芝居には失笑すると共に、テレビ版から役割を
 変えられてしまったと思われる悲哀を感じる。気の毒に。

* エデンシステム?世間コンピューター?何そのスーパー便利機能?

 ジュイスに利用されたエデンシステムによって官公庁のシステ
...続きを読む ›
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
前半だということでレビューするのはどうかと思いますが、これで金を取ってるわけですからもう少し盛り上がりなり、新たな展開なりあってもいいのではないでしょうか?これじゃTV版をNYCにおきかえて焼き直しているようにしか見えません.これだけでは見る価値はありません。次回作と込みで評価すべきでしょうか?
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 miniHDTV 投稿日 2010/4/30
テレビ放映から地続きの話なので劇場版だけ見てもわけ分からないと思います。

2部作の第1部にあたる今作はテレビアニメで言うAパート・BパートのまさにAパートのようなもので
これ1本ではなんともかんとも、と言うのが正直なところ。

ジュイスの正体が少し、分かる?
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Norio001 投稿日 2010/9/19
TV版と劇場版の両方を鑑賞したのだが、これは完全な失敗作といえるだろう。
『Ghost in the Shell: Stand Alone Complex』(SAC)という傑作でその存在を世界中に知らしめた神山 健治監督であるが、今回は、その理知的な作風がことごとく裏目に出ている。
SACという作品が大人の鑑賞に堪える作品であったのは、虚構の近未来社会を描きながらも、作品が、現代社会を隠然と蝕む「悪」とむきあい、それと格闘する大人を主人公としていたことにあると思う。
SACの主人公たちは、個人の青臭い正義感などというものが、実際にはひどく傍迷惑なものであり、また、この現実世界を変えていくためには、全く無力なものにすぎないことをわきまえていた。
正にそれゆえに、物語は、適度な諦念を湛えた地に脚のついたものとなりえたのだと思う。
それと比較すると、『東のエデン』という作品は、あらゆる意味において、あまりにも精神年齢が低く、鑑賞するのが苦痛でさえある。
確かに、作品には、神山監督の持味である同時代に対する真摯な問題意識が息づいているのだが、しかし、今回は、それが、少しばかり知恵のついた高校生の作文のように、あまりにもひとりよがりに表現されている。
とりわけ、現代日本の問題の根源にあるものを世代間の経済的な格差と断定して
...続きを読む ›
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
s.a.cの神山監督オリジナル作品として期待されていたテレビシリーズが11話という窮屈な環境で消化不良になってから、さほど時間も経過していないが、記憶から薄れつつある。s.a.cは今だ待望される続編を望んで止まないというのに。

テレビシリーズ11話から半年後、再度記憶を失った滝沢朗を追ってNYへ向かう咲。そこで出会った二人は…。

まず、OPがダサイ。音楽のチョイスは勿論、アニメーションのツカミとして重要な映像表現が残念すぎる。テレビシリーズを踏襲した形ではあるが、明らかな劣化。

単館で劇場では見られない地方も多い中、当然私もその一人であったが、正直、DVDで十分だと思った。映画としての意味が全くない展開で予定調和に過ぎていく89分がただただ、退屈だった。魅力のない主人公2名が軽すぎるのも設定上仕方がないものの、他のセレソンや東のエデンメンバーも何だか色褪せて見える。特にパンツはもう少し活かせそうだっただけに惜しい。あと、juizが妙にアイデンティティーを醸し出していて気持ち悪かった。s.a.cのタチコマとは立ち位置が違うのにテレビシリーズ程度に押しとどめられなかったのか…。個人的には黒羽が正当過ぎても好きだったのだけれどw

後編も観ることになりそうだが、これだけ下がった期待値をさぁどう持ち直してくれることやら。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す