通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
村岡花子エッセイ集 腹心の友たちへ がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

村岡花子エッセイ集 腹心の友たちへ 単行本 – 2014/2/24

5つ星のうち 4.3 4件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 1
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 村岡花子エッセイ集 腹心の友たちへ
  • +
  • 村岡花子エッセイ集 曲り角のその先に
  • +
  • 村岡花子エッセイ集  想像の翼にのって
総額: ¥4,860
ポイントの合計: 147pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



第157回芥川賞&直木賞 候補作品決定
『星の子』今村夏子、『あとは野となれ大和撫子』宮内悠介など作品一覧は >> こちら

商品の説明

内容紹介

連続テレビ小説の主人公、村岡花子が、「腹心の友」に贈る、珠玉のエッセイ集。「赤毛のアン」翻訳者の心の軌跡をたどる奇跡の1冊。

内容(「BOOK」データベースより)

「赤毛のアン」の翻訳家・村岡花子が全国の「腹心の友」に贈る、珠玉のエッセイ集。村岡花子の波瀾に満ちた生涯と、その心の軌跡をたどる!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 220ページ
  • 出版社: 河出書房新社 (2014/2/24)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4309022596
  • ISBN-13: 978-4309022598
  • 発売日: 2014/2/24
  • 梱包サイズ: 19.5 x 13.5 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 439,938位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
赤毛のアンの訳者としてあまりにも有名な村岡花子氏、最近では朝ドラ「花子とアン」の
主人公の花子として描かれた。腹心の友は、赤毛のアンを座右の書としている私にとって
馴染み深い言葉だ。村岡花子の生涯に影響を与えた人達の事が鮮明に描かれている。
飾らない文章と本人の心の強い誇り高い生き方に惹かれた。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
「アンのゆりかご」村岡花子の生涯 という本を読んだあとに、これを読んだのですが、いろんなエピソードの元ネタを知ることになりました。
連続ドラマが始まりますが、この機会に、まとまった本という形で読むことが出来て、よかったと思いました。

欧州に赴任するという彼に、決別の手紙を出し、ひどい言葉を投げつけ罵倒した一節がありますが、気丈に振る舞う外面の中に内面の涙が見え隠れしているようで、なんか切ない気持ちになりましたね。
コメント 41人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
現在、朝ドラ放映中で、思わず手にした本です。「腹心」という語をテレビではじめて知りました。「赤毛のアン」を幼いころに読み、村岡花子という名前や話の内容は知っていましたが、今回エッセイを通してそのお人柄を知ることができました。努力家で、勤勉で、でも、とても心優しく、温かい、人を大切にする方だということが伝わってきます。いろいろな苦しみ、悲しみを経験されており、だからこそやさしいのだと思います。みどりさんのあとがきや恵理ちゃんとのやり取りもとってもほのぼのとしています。こんな知的な、それでいてセンスのよいお母さんになりたいです。
コメント 39人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 森 尚弘 投稿日 2014/8/29
形式: Kindle版 Amazonで購入
玉石混交としか言いようがありません。
魂を揺さぶられるほど感動をしたエピソードがあれば、さすがに現代ではちょっとピンとこないと感じるものもある。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告