中古品
¥3,300
+ ¥0 配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 曙書院
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 2012年・1刷。帯傷み。表紙に汚れ・角部分に潰れ。本文頁に軽度の皺。天部・小口に汚れ。底部に少汚れ。書込み無し。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

村山知義 劇的尖端―メディアとパフォーマンスの20世紀〈1〉 (メディアとパフォーマンスの20世紀 1) 単行本 – 2012/6


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本, 2012/6
¥ 8,521 ¥ 3,180
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

大正後期、熱気と頽廃の前衛ベルリンから帰国後、美術・デザイン・演劇・映画・文学など多彩な領域でアヴァンギャルド芸術家としての活動を開始した村山知義。エネルギッシュで広範な活動のなかから、本書では主に演劇・映画にかかわる軌跡を中心にたどる。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

岩本/憲児
日本大学芸術学部教授、専攻=映画史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 411ページ
  • 出版社: 森話社 (2012/06)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4864050376
  • ISBN-13: 978-4864050371
  • 発売日: 2012/06
  • 梱包サイズ: 19.2 x 13.2 x 3.2 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,194,627位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

まだカスタマーレビューはありません


この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう