通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
村上海賊の娘(一) (新潮文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ★年中無休・局留対応・返品保証★埼玉県よりゆうメールにて毎日発送させて頂きます。配送は平日のみ、追跡番号はございません。局留めご希望の場合は、お届け先ご住所を郵便局の住所にして頂き、○○郵便局留めとご記入下さい。特に記述の無い場合、帯や初回特典等は付属しません。商品状態の詳細なお問合せはお受けできませんので、ご注文後納得いただけなければ返品お受けいたします。恐れ入りますが、併売商品もございますので在庫切れの際は速やかに返金をさせていただきます[book]
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

村上海賊の娘(一) (新潮文庫) 文庫 – 2016/6/26

5つ星のうち 3.9 34件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 637
¥ 637 ¥ 1

『村上海賊の娘 文庫 1-4セット』

セット買いは こちら




click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 村上海賊の娘(一) (新潮文庫)
  • +
  • 村上海賊の娘(二) (新潮文庫)
  • +
  • 村上海賊の娘(三) (新潮文庫)
総額: ¥1,954
ポイントの合計: 61pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

時は戦国。乱世にその名を轟かせた海賊衆がいた。村上海賊――。瀬戸内海の島々に根を張り、強勢を誇る当主の村上武吉。彼の剛勇と荒々しさを引き継いだのは、娘の景だった。海賊働きに明け暮れ、地元では嫁の貰い手のない悍婦で醜女。この姫が合戦前夜の難波へ向かう時、物語の幕が開く――。本屋大賞、吉川英治文学新人賞ダブル受賞! 木津川合戦の史実に基づく壮大な歴史巨編。

内容(「BOOK」データベースより)

時は戦国。乱世にその名を轟かせた海賊衆がいた。村上海賊―。瀬戸内海の島々に根を張り、強勢を誇る当主の村上武吉。彼の剛勇と荒々しさを引き継いだのは、娘の景だった。海賊働きに明け暮れ、地元では嫁の貰い手のない悍婦で醜女。この姫が合戦前夜の難波へ向かう時、物語の幕が開く―。本屋大賞、吉川英治文学新人賞ダブル受賞!木津川合戦の史実に基づく壮大な歴史巨編。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 343ページ
  • 出版社: 新潮社 (2016/6/26)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4101349789
  • ISBN-13: 978-4101349787
  • 発売日: 2016/6/26
  • 梱包サイズ: 15 x 10.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 34件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 3,074位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
全巻読みました。

主人公や登場人物がわかりやすい性格。
良くも悪くも漫画のような展開で面白かった。

ただ戦闘描写が長く読み疲れてしまう時があった。
たぶん文庫で2巻くらいにまとめられたと思う。

後ネタばれになりますが、銛が強すぎ。
主人公の相手役を際立たせたかったのでしょうが、無理があると感じた。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
真宗の教えには全く関心が無く、石山本願寺の攻防ではむしろ信長側にシンパシーを持っている京が、なにゆえ瀬戸内海の海で盗賊から命を救った門徒達に、すべてを擲つほどの思い入れをするようになったのかはやや納得のいかないところもありますが、本書の痛快なところは、社会の規範とか、道徳、損得勘定など、我々の行動をがんじがらめにしているものを一顧だにせず、自分の本音のみに基づく行為を驚くべき行動力で以て破天荒に繰り広げるところに読者のストレスを発散させる力がある。戦国時代に背景を設定したことで、人の命を何とも思わないことも残酷には感じさせない。こういう小説が人気になるというのは、平和ぼけした日本の現代が行き詰まりの徴候を見せ、とにかく戦争しないこと、とにかく人の命を大事にすることのみを第一義にしてきた戦後社会に対する反動的気分があるのではないか。私自身はそういう傾向を必ずしも危険なこととのみは思わない。人間性の現実に対する見方の均衡を取り戻す自然な流れでもあると思う。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
戦国時代の小説やドラマの登場人物は、戦国大名を中心とするものに偏りがちですが、それ以外の人々の生き様が見えて面白い。登場人物一人一人の性格、人間性、立場による行動原理等が丁寧に表現されているところが良い。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 BUN 投稿日 2017/1/10
形式: Kindle版 Amazonで購入
どんどんと引き込まれる面白さがあり続きが読みたくなった。!!!!
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
歴史小説を馴染みやすくして、難しいと敬遠していた人を取り込むのに良いと思うが、あまりにも面白おかしくに走り過ぎて、どんどんひどくなっていると思う。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 mah トップ1000レビュアー 投稿日 2016/9/7
形式: 文庫
村上海賊の当主の娘として生まれた豪腕が織り成すドダバタ劇ですが、織田、毛利、本願寺、織田方の水軍と様々な思惑が複雑に絡み合いなかなか読ませるテーマではあります。醜女が主人公ではあまり入っていけないかなと心配しましたが(やはり主人公は美女が良いですよね)、その心配は途中で杞憂に終わります。長編ですが、文体は平易で一気に読めます。2014年の本屋大賞をとった本作ですが、いずれは映画化されるでしょう。予算がおりればですが。読了後、和田作品を制覇しましたが、本作がもっともスケールが大きく楽しめました。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
物語の中心が揃い、また海賊たちの定法(ルール)、時代背景がそろって後が楽しみ。
海賊たちがどいつもこいつも花の慶次の武将が思い起こされる感じでコミカライズするなら原哲夫にやって欲しい。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 赤虎 投稿日 2017/6/16
形式: 文庫
あんまり考えないで読もう。なんて楽しいんだって!
綾瀬はるかを景姫にして映画お願いします。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
14年本屋大賞の受賞作で,13年10月の単行本(上下巻)を四分冊しての文庫化です.

瀬戸内で暴れた村上海賊の話のはずが,始まりは大坂,しかも海ではなく陸の上と,
やや意外にも思える始まりではありましたが,その遠く離れた大坂での戦を語りつつ,
村上海賊のへと繋がっていく流れがスムーズで,スッと物語の中に入り込める印象です.

特に,大坂の織田信長軍と本願寺,片や中国地方の毛利家と村上海賊の当主たち,
多くの思惑が交錯する中,この巻では主人公の『海賊の娘』の魅力が存分に描かれ,
男衆を押しのけ海賊働きをしているかと思えば,子どもにムキになって言い合ったり,
醜女と蔑まされる中,南蛮系美人と褒められ舞い上がるも,気のない素振りを見せたり,
豪快さとかわいらしさを覗かせる様子は,読む側をあっという間に引き込んでいきます.

一方,戦局を巡る駆け引きは,とにかく娘を溺愛する父の思い入れも混じって複雑化,
毛利家の事情も絡みながら,鍵を握る娘はそんなこととはつゆ知らず大坂へ向かうなど,
わずかの選択,運命のすれ違いが物語を広げる話運びは,この先への期待を膨らませます.

ただ,台詞が現代もののように軽めに感じ,地の文と史料からとで使い分けているのか,
距離について,メートルと里,間が混在していることには,いささか違和感を覚えました.
コメント 33人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


関連商品を探す