通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
村上海賊の娘(一) (新潮文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ●中古本につき、キズ、スレ、ヤケ、ヨレなどのダメージはご了承ください●表紙(カバー)の装丁、出版年月日及び版数が掲載されている画像と異なる場合がございます●記載がない場合、帯・特典等は付属しておりません●クリーニング後、OPP袋+封筒梱包にて発送させていただきます●店頭でも販売していますので品切れの場合はご容赦ください●土日祝祭日は定休日のため、営業日以降、順次発送いたします●
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

村上海賊の娘(一) (新潮文庫) 文庫 – 2016/6/26

5つ星のうち 3.9 29件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 637
¥ 637 ¥ 53

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 村上海賊の娘(一) (新潮文庫)
  • +
  • 村上海賊の娘(二) (新潮文庫)
  • +
  • 村上海賊の娘(三) (新潮文庫)
総額: ¥1,954
ポイントの合計: 61pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



村上春樹の最新作が予約開始
新作長編「騎士団長殺し」が2月24日に発売。「第1部 顕れるイデア編」「第2部 遷ろうメタファー編」の全2冊で構成。 第1部を今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

時は戦国。乱世にその名を轟かせた海賊衆がいた。村上海賊――。瀬戸内海の島々に根を張り、強勢を誇る当主の村上武吉。彼の剛勇と荒々しさを引き継いだのは、娘の景だった。海賊働きに明け暮れ、地元では嫁の貰い手のない悍婦で醜女。この姫が合戦前夜の難波へ向かう時、物語の幕が開く――。本屋大賞、吉川英治文学新人賞ダブル受賞! 木津川合戦の史実に基づく壮大な歴史巨編。

内容(「BOOK」データベースより)

時は戦国。乱世にその名を轟かせた海賊衆がいた。村上海賊―。瀬戸内海の島々に根を張り、強勢を誇る当主の村上武吉。彼の剛勇と荒々しさを引き継いだのは、娘の景だった。海賊働きに明け暮れ、地元では嫁の貰い手のない悍婦で醜女。この姫が合戦前夜の難波へ向かう時、物語の幕が開く―。本屋大賞、吉川英治文学新人賞ダブル受賞!木津川合戦の史実に基づく壮大な歴史巨編。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 343ページ
  • 出版社: 新潮社 (2016/6/26)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4101349789
  • ISBN-13: 978-4101349787
  • 発売日: 2016/6/26
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 29件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 4,133位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
14年本屋大賞の受賞作で,13年10月の単行本(上下巻)を四分冊しての文庫化です.

瀬戸内で暴れた村上海賊の話のはずが,始まりは大坂,しかも海ではなく陸の上と,
やや意外にも思える始まりではありましたが,その遠く離れた大坂での戦を語りつつ,
村上海賊のへと繋がっていく流れがスムーズで,スッと物語の中に入り込める印象です.

特に,大坂の織田信長軍と本願寺,片や中国地方の毛利家と村上海賊の当主たち,
多くの思惑が交錯する中,この巻では主人公の『海賊の娘』の魅力が存分に描かれ,
男衆を押しのけ海賊働きをしているかと思えば,子どもにムキになって言い合ったり,
醜女と蔑まされる中,南蛮系美人と褒められ舞い上がるも,気のない素振りを見せたり,
豪快さとかわいらしさを覗かせる様子は,読む側をあっという間に引き込んでいきます.

一方,戦局を巡る駆け引きは,とにかく娘を溺愛する父の思い入れも混じって複雑化,
毛利家の事情も絡みながら,鍵を握る娘はそんなこととはつゆ知らず大坂へ向かうなど,
わずかの選択,運命のすれ違いが物語を広げる話運びは,この先への期待を膨らませます.

ただ,台詞が現代もののように軽めに感じ,地の文と史料からとで使い分けているのか,
距離について,メートルと里,間が混在していることには,いささか違和感を覚えました.
コメント 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
はじめにおことわりしますが、わたしは、本書を、中古(古書)のハードカバー上下2冊で購入、読了したところです。週刊新潮に2年弱連載ののち出版されたハードカバー版は、本屋大賞と吉川英治文学新人賞を受賞、週刊朝日の年間歴史時代小説第1位になった、ベストセラーです。まず、ひとこと言いたい。アマゾンサイトの、ハードカバー版のレビュー、発売後比較的初期のものは、おおむね絶賛です。ところが、あとのものほど、ひどくけなしてるのが多い。「表現がおおげさで、漫画みたいだ」「歴史資料の引用が多くて興ざめだ」そして「本屋大賞は、どうしようもないから、二度とよまない」、こうなると、無理筋の因縁つけ、言いがかりです。本当ですから、単行本のレビューを検索してください。歴史を十二分にふまえながら、それまでなかった、ぶっとい肝っ玉の海賊どもが大暴れする、痛快無比の歴史ものがたりなわけです。タイトルは「娘」がはいってますが、荒くれ男の大活躍のほうが、比重は大きくかもしれない。このしょうもない海賊が、みなチャーミングでかわいいんだなぁ。神経細かい頭でっかちのサムライも出てきますが、神経質な登場人物が、自分より器量の大きいヤツのことは、結局こころから受け入れて、下知にしたがい命がけでいくさをする。いいなぁ。それをふまえて、最初に大喜びで読んだひとたちは、大絶賛。「ベストセラー歴史小説」といううわさで、あとから読んだ方々は...続きを読む ›
コメント 33人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
戦国期に実在した海賊集団村上水軍を主題に、覇王織田信長と宗教王国石山本願寺の争いを絡ませた内容も面白いが、登場人物の多様さが輪を懸けて面白い。
まず、ヒロインの景は、女子バレーやバスケのようなアスリート然として、野性的なボーイッシュさが魅力いっぱいに描かれている。そこに謹厳実直な兄元吉といじられ役の弟景親とが絶妙のコンビネーションを形成している。その他、泉北弁を操る真鍋海賊団の剽悍さ、飄然としながらも策士の危うさが匂う乃実宗勝、優等生じみた児玉就英、沈着冷静な小早川隆景、官僚的な本願寺の僧下間頼龍など多士済々のキャラがぎゅう詰めの弁当みたいにあふれかえっている。そして、ハリウッド映画のように、シュミレーションゲームのごとく生き生きとストーリーが進んでいくのである。第一巻は、主要人物の紹介と人間関係とが中心で、ヒロインが安芸国の一向門徒衆を助けて大阪石山本願寺に向かうところで終わるが、続きを読みたくなる。からりと晴れ上がった夏空のような実に痛快なるピカレスクロマンである。
そして「陰徳太平記」「武家万代記」などの当時の資料を多用しているのが、単なる時代小説で終わらない重みを加えており、作者のただならぬ趣向と配慮が見られる。これを煩雑と思う人もいるかもしれぬが、個人的には司馬遼太郎の「余談ながら」に始まるわき筋と同じ効果があって、平板さに陥らないと思う。そんなところが「本屋大賞」に選出されたもかもしれない。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
全巻読みましたが、第一巻の途中から景姫が登場するのですが、この姫様、やたらと敵をいとも簡単に首ちょんぱにしてしまうので、活躍ぶりが少年漫画みたいでした。でも、最後まで読むと、ストーリー展開自体は史実には忠実だったみたいです(ただ、景姫は「萩藩譜録」にだけ紹介されている人物なので、彼女の活躍ぶりに関しては作者のフィクション)。
難波に着くまで、景姫はなんの迷いもなく簡単に敵の首を掻いてしまうので、彼女に全く感情移入はできませんでしたが、後半、信徒に思い入れをしだしてからは読みやすくなりました(やっぱヒロインは優しいところがないと)。
私は七五三兵衛は、鈴木亮平さんを想定してずっと読んでいましたが、映画化は首ちょんぱ系の残虐な表現がたくさんあるので、果たして出来るのだろうか(苦笑)?
歴史小説を読み慣れているほど、漫画っぽいと思いそうな作品でした。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


関連商品を探す


フィードバック