Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 590

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[和田 竜]の村上海賊の娘(一)(新潮文庫)
Kindle App Ad

村上海賊の娘(一)(新潮文庫) Kindle版

5つ星のうち 3.8 31件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 590
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 637 ¥ 1

商品の説明

内容紹介

時は戦国。乱世にその名を轟かせた海賊衆がいた。村上海賊――。瀬戸内海の島々に根を張り、強勢を誇る当主の村上武吉。彼の剛勇と荒々しさを引き継いだのは、娘の景(きょう)だった。海賊働きに明け暮れ、地元では嫁の貰い手のない悍婦(かんぷ)で醜女。この姫が合戦前夜の難波へ向かう時、物語の幕が開く――。本屋大賞、吉川英治文学新人賞ダブル受賞! 木津川合戦の史実に基づく壮大な歴史巨編。

内容(「BOOK」データベースより)

時は戦国。乱世にその名を轟かせた海賊衆がいた。村上海賊―。瀬戸内海の島々に根を張り、強勢を誇る当主の村上武吉。彼の剛勇と荒々しさを引き継いだのは、娘の景だった。海賊働きに明け暮れ、地元では嫁の貰い手のない悍婦で醜女。この姫が合戦前夜の難波へ向かう時、物語の幕が開く―。本屋大賞、吉川英治文学新人賞ダブル受賞!木津川合戦の史実に基づく壮大な歴史巨編。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 1912 KB
  • 紙の本の長さ: 198 ページ
  • 出版社: 新潮社 (2016/7/1)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01N7F7KGJ
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 31件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 693位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
14年本屋大賞の受賞作で,13年10月の単行本(上下巻)を四分冊しての文庫化です.

瀬戸内で暴れた村上海賊の話のはずが,始まりは大坂,しかも海ではなく陸の上と,
やや意外にも思える始まりではありましたが,その遠く離れた大坂での戦を語りつつ,
村上海賊のへと繋がっていく流れがスムーズで,スッと物語の中に入り込める印象です.

特に,大坂の織田信長軍と本願寺,片や中国地方の毛利家と村上海賊の当主たち,
多くの思惑が交錯する中,この巻では主人公の『海賊の娘』の魅力が存分に描かれ,
男衆を押しのけ海賊働きをしているかと思えば,子どもにムキになって言い合ったり,
醜女と蔑まされる中,南蛮系美人と褒められ舞い上がるも,気のない素振りを見せたり,
豪快さとかわいらしさを覗かせる様子は,読む側をあっという間に引き込んでいきます.

一方,戦局を巡る駆け引きは,とにかく娘を溺愛する父の思い入れも混じって複雑化,
毛利家の事情も絡みながら,鍵を握る娘はそんなこととはつゆ知らず大坂へ向かうなど,
わずかの選択,運命のすれ違いが物語を広げる話運びは,この先への期待を膨らませます.

ただ,台詞が現代もののように軽めに感じ,地の文と史料からとで使い分けているのか,
距離について,メートルと里,間が混在していることには,いささか違和感を覚えました.
コメント 33人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
はじめにおことわりしますが、わたしは、本書を、中古(古書)のハードカバー上下2冊で購入、読了したところです。週刊新潮に2年弱連載ののち出版されたハードカバー版は、本屋大賞と吉川英治文学新人賞を受賞、週刊朝日の年間歴史時代小説第1位になった、ベストセラーです。まず、ひとこと言いたい。アマゾンサイトの、ハードカバー版のレビュー、発売後比較的初期のものは、おおむね絶賛です。ところが、あとのものほど、ひどくけなしてるのが多い。「表現がおおげさで、漫画みたいだ」「歴史資料の引用が多くて興ざめだ」そして「本屋大賞は、どうしようもないから、二度とよまない」、こうなると、無理筋の因縁つけ、言いがかりです。本当ですから、単行本のレビューを検索してください。歴史を十二分にふまえながら、それまでなかった、ぶっとい肝っ玉の海賊どもが大暴れする、痛快無比の歴史ものがたりなわけです。タイトルは「娘」がはいってますが、荒くれ男の大活躍のほうが、比重は大きくかもしれない。このしょうもない海賊が、みなチャーミングでかわいいんだなぁ。神経細かい頭でっかちのサムライも出てきますが、神経質な登場人物が、自分より器量の大きいヤツのことは、結局こころから受け入れて、下知にしたがい命がけでいくさをする。いいなぁ。それをふまえて、最初に大喜びで読んだひとたちは、大絶賛。「ベストセラー歴史小説」といううわさで、あとから読んだ方々は...続きを読む ›
コメント 38人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
とにかくもうやたらと「〇〇によると~」、「〇〇には~」といった引用が数ページ毎にそれはそれは頻繁に書かれ、話の腰を折られる感じで読んでいてテンポが非常に悪い。
おまけに肝心の戦闘シーンではファンタジー小説かよと思うような超人ぶりが描かれる
女の腕で首を一刀するのは朝飯前、七五三兵衛という大男は遠距離から銛を投げて敵を3,4人串刺しにして壁に縫い付けるわ、同様の投擲で小舟は沈めるわ、大太刀を振るえば一振りで首5つとその両腕10本を切り落とすわ、その太刀で3,4人串刺しにするわ・・・挙句は首半分切られてもしばらく生きてるわ・・・その他の雑兵は関西芸人みたいなことのたまって死んでいくわでもうどこのファンタジー小説だよと読んでいて非常に興醒めする内容でした。
そもそもストーリーの内容自体は非常に短いので余分な引用とファンタジックな戦闘シーンを省けば4冊にする必要なんてなかったと思う。
どうせいずれ映像化するんだろうけどこの内容のまんま実写にでもしようものならドン引きされること間違い無しです。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
歴史小説ものはあまり読まないため、難しかったら・・・と不安に思っていましたが説明が丁寧なのでとっつきやすかったです。登場人物も多いですが、きちんと特徴が説明され、書き分けがうまいので混乱することもありません。ヒロイン・景がとにかく人間味あふれて、痛快です。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 mah トップ500レビュアー 投稿日 2016/9/7
形式: 文庫
村上海賊の当主の娘として生まれた豪腕が織り成すドダバタ劇ですが、織田、毛利、本願寺、織田方の水軍と様々な思惑が複雑に絡み合いなかなか読ませるテーマではあります。醜女が主人公ではあまり入っていけないかなと心配しましたが(やはり主人公は美女が良いですよね)、その心配は途中で杞憂に終わります。長編ですが、文体は平易で一気に読めます。2014年の本屋大賞をとった本作ですが、いずれは映画化されるでしょう。予算がおりればですが。読了後、和田作品を制覇しましたが、本作がもっともスケールが大きく楽しめました。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover