通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
村上春樹 翻訳(ほとんど)全仕事 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆非常にきれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

村上春樹 翻訳(ほとんど)全仕事 単行本 – 2017/3/17

5つ星のうち 4.1 10件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 1,192

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 村上春樹 翻訳(ほとんど)全仕事
  • +
  • みみずくは黄昏に飛びたつ
  • +
  • 騎士団長殺し :第2部 遷ろうメタファー編
総額: ¥5,184
ポイントの合計: 157pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

その原動力はどこからくるのか ―― 翻訳者・村上春樹が、 70余点の訳書と、36年にわたる道程を振り返る。 訳書、原書の写真多数。 柴田元幸氏との対談もたっぷり収録。

内容(「BOOK」データベースより)

同時代作家を日本に紹介し、古典を訳し直す。音楽にまつわる文章を翻訳し、アンソロジーを編む。フィッツジェラルド、カーヴァー、カポーティ、サリンジャー、チャンドラー。小説、詩、ノンフィクション、絵本、訳詞集…。1981年刊行の『マイ・ロスト・シティー』を皮切りに、訳書の総数七十余点。小説執筆のかたわら、多大な時間を割いてきた訳業の全貌を明らかにする。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 197ページ
  • 出版社: 中央公論新社 (2017/3/17)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4120049671
  • ISBN-13: 978-4120049675
  • 発売日: 2017/3/17
  • 商品パッケージの寸法: 20.8 x 14.8 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 2,099位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
村上春樹さんの翻訳の仕事は皆さんご存知だと思います。
でも小説に比べあまり読まれていないのが残念です。
この本で、村上春樹翻訳の全貌がみえてくるのでぜひ本を探して読んでください。
ぼくはこの本が発刊されてすごく嬉しいです。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
柴田元幸との対談はとてもよかった。いくつか村上翻訳作品は読んでいて、その内容を深く知ることができたりして面白かった。最近、この手の本が多いけど、それもまたいいかな。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
 村上春樹の仕事は翻訳を抜きにして語ることは出来ない点に関してはあらかたコンセンサスに
なっていると僕は思う。

 懐かしさを一杯感じながら本書の頁をめくった。ここで紹介される一冊一冊を僕は
当時から読んできたからである。

 初めて村上の翻訳を読んだのは1984年頃であったから30年以上前の話だ。
本書を読むことは村上翻訳の30年を俯瞰することだけではない。僕自身が自分の30年を
思いだしていくことでもある。一つ一つの作品を読んだ時期を思いだしながら、「僕も遠い
ところまで歩いてきたな」と強い感慨を覚えた。これこそ、同時の作家の本を読み続ける
ということの醍醐味であると言って良い。村上が「翻訳することを通じて何を得てきたのか」
をリアルタイムで見ることが出来たことは幸福な読書体験である。

 

 
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
内容は、春樹さんが良心的に翻訳に努めていることが実感できてよかった。

ただ、書式、フォーナットが横書きなのが、読みにくいだけ。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
「翻訳(ほとんど)全仕事」という書名の「(ほとんど)全」という言葉に魅かれました。

「村上春樹」と付いた書名の本は、「ほとんど」全て買いました。
「ほとんど」全ての人生を、「ほとんど」100%の女を妻として幸せに過ごしています。
(「ほとんど」完璧なハッピーエンドに近づいている読者より)

村上さんは翻訳が本当に好きなのですね。
翻訳が楽しい。面白いから翻訳する。
それが、この本から伝わってきます。

「翻訳作品クロニクル1981-2017」が特にうれしい。
村上さんが翻訳時に使った「原書」の写真を見られるのがうれしい。

85頁の『プレイバック』では、
「原書」の写真に、「赤い付箋」が何枚も写っていて、最高によい。
村上さんが、たぶん三日間にらめっこしたかもしれない原文箇所の状況証拠?

この作品『プレイバック』の有名な台詞「タフでなければ~」の訳語は、
読者としても長年気に入りませんでしたが、なかなか新訳が出ませんでした。

"hard"という英語を、「タフ」というカタカナの外来語に置き換えただけなので、
「ムカ」つきます。翻訳になっていません。
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す