通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
村上春樹全作品 1979~1989〈6〉 ノルウェ... がカートに入りました
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆帯付き◆スリーブケース付き◆全体的に多少の使用感・ヤケ・汚れが有りますが通読には問題ございません◆ページ内にクセ等は無く良好です◆当商品はAmazon配送センターより迅速発送されます【お急ぎ便の利用可能】◆また発送前に商品一つ一つに対し、傷・汚れ・破損等の事前検査を徹底し、丁寧に梱包しております◆代金引換やコンビニ決済・お届け日指定等もご利用いただけます◆希少品の場合、定価より高額になることがありますが、ご了承ください◆
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

村上春樹全作品 1979~1989〈6〉 ノルウェイの森 単行本 – 1991/3/15

5つ星のうち 4.4 5件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 3,456
¥ 3,456 ¥ 717

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 村上春樹全作品 1979~1989〈6〉 ノルウェイの森
  • +
  • 村上春樹全作品 1979~1989〈7〉 ダンス・ダンス・ダンス
  • +
  • 村上春樹全作品 1979~1989〈8〉 短篇集〈3〉
総額: ¥10,476
ポイントの合計: 174pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



今、大注目を集める星野源のエッセイ「いのちの車窓から」
怒涛の駆け上がりを見せた2年間の想い、経験、成長のすべてがここに! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

限りのない喪失と再生を描く話題の長篇小説。60年代終りから70年始めにかけての激しくて、物静かで、哀しい、永遠の恋愛小説。青春のきらめき、生と死のあやうい交錯、透明な余韻に揺れるロングセラー。

内容(「BOOK」データベースより)

失なわれたものと生きていくものの微妙な色彩の交錯、揺れ続ける様々な生のかたち。若者の心をとられた魅力溢れる名作長篇。


登録情報

  • 単行本: 420ページ
  • 出版社: 講談社 (1991/3/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4061879367
  • ISBN-13: 978-4061879362
  • 発売日: 1991/3/15
  • 商品パッケージの寸法: 21.2 x 14.6 x 3.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 147,380位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
「私を忘れないで」と頼んだ直子。この物語はワタナベがこの約束を果たすために書いたものである。直子と一緒にいたときの感情はそのときにしか感じることのできないものであり、今はその感情を失ってしまった。直子は姉とキズキの死により人を愛することができなくなったのだと思う。これは死の象徴だと思う。また緑は父母の死から愛を得る、生の象徴である。ワタナベは生か死か直子か緑かさまよう。過去に失われたものはなんなのか・・・そして、それによって得るものはなんなのか、考えさせられた。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
赤と緑の装丁は、今でも本屋さんで
よく見かけます。
全集は“おまけ”付き。
それは、作者自身が自作を語る、11ページの小冊子。
登場人物が亡くなっていくことについての説明や、
最終的に本のタイトルが奥様の意見をきいて決まったことなど。
裏話がたくさん出てきます。
ファンの方は必見ですよね。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2004/12/25
形式: 単行本
~なんといってもまずはこれです。いったいほかにどの本を選べというのだろうか。これと「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」が双璧だとおもうですが、あえて「ノルウェイの森」です。
この全集版は上下刊が一冊で読めるし、フォントがきれいだし、装丁もかっこいいし、大きいから行方不明になりにくいし。
純文学だとか大衆文学だとかそんなどう~~でもいいジャンルわけを軽く飛び越して読む人の心を揺さぶる本物の「物語」です。流行ものの「セカチュー」だとか「いま会い」と読み比べていただきたい、ドン(机を叩く音)!
まずは文庫でどうぞ。~
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
「ノルウェイの森」が発売されたのは1987年。自分が大学に入った年。バブル経済の足音が聞こえてきた年。それから二十数年,ようやく再読しました。

1987年という時代はまだ,昭和の文豪と呼ばれる人たちが形成している文学の世界があり(小林秀雄だって生きていた),ぼくは当時,この小説は,そういった古くさい文学世界という背景があってこそ成り立つ小説なのではないかと,漠然と考えていました。もちろん,本書の性的な表現には相当な「刺激」を受けましたが。

しかし再読してみると,本書には,何か不思議な安定感があります。
その安定感が何に由来するか,その1つの要因として,この小説が描いている文学的な世界観が,今の文学的な世界観の「スタンダード」になっていることを,考える必要があるように思います。

内容についての感想ですが,作者はこの小説の1つの試みとして,セックスと死について徹底的に言及すること,をあげています。
たしかに十分な言及,うっとうしいほどの言及がなされています。それらの少なからぬ事柄について共感できるかといわれれば,ちょっと難しいのですが,それは個人的な受容の問題かもしれません。

本書は1987年当時,爆発的に売れました。その理由の1つとして,セックスと死というヒトの2大シークレット
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
初読後、約10年ぶりに、またしっかりと読みたくなり、あえて全集版を購入しました。
こんなに、セックスに対しては向き合っていた作品だったとは、いまさらながら驚きました。
一般的に恋愛小説として名があげられる作品だけど、ヒトが成長していく過程で愛していたモノ、
記憶、人物、そういったものをやがて、手放すときが訪れたならば、また『ノルウェイの森』を
読み返してみたい。
10年経とうが、村上春樹ワールドは、まったく小説として古びてない。やっぱり素敵だ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告