Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 740

¥ 59の割引 (7%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[大森望, 豊崎由美]の村上春樹「騎士団長殺し」メッタ斬り!
Kindle App Ad

村上春樹「騎士団長殺し」メッタ斬り! Kindle版

5つ星のうち 2.7 9件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 740
新書
"もう一度試してください。"
¥ 799 ¥ 424

商品の説明

内容紹介

『騎士団長殺し』は、あの章にすべての謎が……?『1Q84』『女のいない男たち』『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』……村上春樹のこの10年の作品を名物コンビがメッタ斬り!

内容(「BOOK」データベースより)

『騎士団長殺し』は第○章を読めばすべてがわかる!部品はみんな村上春樹なのに…ワースト作?『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』『1Q84』はBOOK3がなければ…村上春樹の10年を徹底放談。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 464 KB
  • 出版社: 河出書房新社 (2017/4/17)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B06Y45Y8FK
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.7 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 26,830位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 2.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
村上春樹が「何年もかけて自分が時間と全精力を使って作品を書いている」と言っている作品をどう読むのは読者の勝手。

他の方も書いていらっしゃるが、評論と称して、「メッタ斬り」などという品のないタイトルで世間を煽り、金儲けする恥ずかしさだけは自分には持ち合わせたくないものだ。まさに人の褌で相撲を取るとはこのこと。
1 コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
お金がそんなに欲しいのか?
内容も低レベル。
すぐ売りました。
倫理観のない、くだらない本。
マイナス☆5.
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
村上春樹の小説の読後には必ず読みたい、豊崎、大森コンビの「メッタ斬り」シリーズ。
読むと小説の理解がさらに深まります。
タイトルが「騎士団長殺し」なので、全編騎士団長についての評論で埋めてほしかった。
しかも多崎と1Q84はほぼ一回他の本で出た再録(面白いけど)。
村上春樹の全作品の「メッタ斬り」をあらためて出してほしい。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
『騎士団長殺し 上下』 (新潮社)は読んでないので、お二人の「メッタ斬り」に関しては、なんともいえないのだが…。「メッタ斬り」といえども『騎士団長殺し』は、『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』よりは楽しく読めたとのこと(豊田)。いろんな読み所をおさえつつの批評的対談。いうまでもなく、百パーセント全否定的な「メッタ斬り」ではまったくない。「保守派論客の〇〇氏が朝日をメッタ斬り」なんていうとちょっと…だが、あくまでもシャレとしての「メッタ斬り」。
ともあれ、『1Q84』に関して、NHK集金人に対する「皮肉」めいた筆致を、さすがはお二人、ちゃんと俎上にのせて論評している。僕も、このNHK集金人に対する筆致の特異性についてはスゴイものを感じていたが、当のNHKはじめ、一般マスコミは「無視」していたのでは?
『女のいない男たち』(文藝春秋)で、雑誌掲載時には、タバコのポイ捨てをする田舎町(実地名)云々の侮蔑的表現(?)があったことが問題にされ、本にする時は、地名変更(架空名義)になったというエピソードを引きながらの集金人論を展開している。
ふむふむ、なるほどと。

それにしても、『1Q84』が出てすぐあと、深夜発売解禁直後の朝七時からのニュース番組の中で、この本を延々と高く評価し紹介していたNHKは、ある意味においては、本当に「自虐的
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 夢五郎 投稿日 2017/4/18
形式: 新書
村上春樹の新作を利用しての金儲け。その精神性が気に入らない。
1 コメント 92人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover

関連商品を探す