通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
村上ラヂオ (新潮文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

村上ラヂオ (新潮文庫) 文庫 – 2003/6

5つ星のうち 4.4 55件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 497
¥ 497 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 村上ラヂオ (新潮文庫)
  • +
  • 村上ラヂオ2: おおきなかぶ、むずかしいアボカド (新潮文庫)
  • +
  • 村上ラヂオ3: サラダ好きのライオン (新潮文庫)
総額: ¥1,588
ポイントの合計: 50pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



2017年本屋大賞は『蜜蜂と遠雷』に
大賞は『蜜蜂と遠雷』恩田陸!2位は『みかづき』森絵都、3位『罪の声』塩田武士 …>> 作品一覧はこちら

商品の説明

商品説明

   本書は、2000年3月から約1年にわたって雑誌「anan」に連載された50篇のエッセイをまとめたものだ。「パスタ」「レコード」「ロードス島」「コロッケ」「ヴァージニア・ウルフ」「ドーナッツ」そして「猫」と、目次に散りばめられたキーワードを目にするだけで、村上ファンならついニヤリとしてしまうに違いない。もちろん「焼かれたブラジャー」「柿ピー問題」「にんじんさん」「きんぴらミュージック」といった新たな話題も満載で(なぜか「すき焼き」「太巻き」「うなぎ」など和食の話題が多い)、村上エッセイの味わいが凝縮された1冊となっている。

   特に印象深いのは、作家としてデビューした「群像」新人賞の授賞式の思い出「スーツの話」に始まり、チャンドラーの小説中の台詞をひきながら、村上作品の主要テーマでもある「死」について考察した「さよならを言うことは」で締めくくられている点だ。「20世紀に対して、…個人的にうまく別れを告げることができたような気がする」(「さよならを言うことは」)という末尾の言葉は、作家としての円熟期、あるいは転換期を迎えた村上のひとつの節目を画す本であることを示唆している。

   村上春樹といえば安西水丸の挿絵が定番だが、本書は1960年代の「平凡パンチ」の表紙絵以来、第一線で活躍を続けるイラストレーター大橋歩とのコラボレーションとなっている。連載時のものに50点追加されたというモノクロの銅版画101点が、村上の文章のもつ独特の「静謐(せいひつ)さ」に絶妙にマッチしている。(中島正敏) --このテキストは、単行本(ソフトカバー)版に関連付けられています。

出版社からのコメント

『おおきなかぶ、むずかしいアボカド 村上ラジオ2』と一緒に、同じ空気感を味わっていただきたいです。紙の質感、挿画の美しさ、全体にわたる静けさはまさに村上春樹さんと大橋歩さんならではの世界観です。おふたりのささやかなる一ファンとして、おすすめします。 --このテキストは、単行本(ソフトカバー)版に関連付けられています。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 217ページ
  • 出版社: 新潮社 (2003/06)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4101001529
  • ISBN-13: 978-4101001524
  • 発売日: 2003/06
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 55件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 15,827位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 街道を行く #1殿堂トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2012/8/10
形式: 文庫
読んでいる間、ホントに楽しかったですね。
村上さんにとってこのエッセーは、レクレーションなのではないかと思います。
村上さんはきっと文章を書いて遊ぶのだと思いました。
面白いですよ。
時々声を出して笑ってしまいました。
すぐに思い出すのは「骨董屋奇談」です。
村上さんの奥様は骨董品蒐集が趣味だそうです。
それに付き合わされている間、苦痛の時間を過ごしているのですが、そういう時に限ってつい余計なことをしちゃうんですね。
それで、奥様に叱られる・・・。
これに近い体験はどなたもおありになるんじゃないでしょうか。
村上さんの小説とは違って後に残ったり、引きずったりはしないですが、愉快で楽しい時間が過ごせます。
村上さんも何度もお書きになっていますがイラストの大橋歩さんがまた素晴らしいです。
イラストが気持ちいいです。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
晴れた日曜日、コーヒーを煎れ、ソファーにもたれてページをめくりました。うたた寝して、目覚めてはまたページをめくりました。穏やかな休日に相応しい一冊です。 綴られる単語、語り口、テーマに、「もう若くはなくなったのだけど、僕はこんな風に年月を重ねてきたのだよ」という著者の穏やかな自信を感じ取り、いつか自分もこんな目線で生活や社会を見ることができたら・・・と、憧れの念を抱きます。 古くからの著者のファンとしては、『村上朝日堂』時代のぎらぎらした若さも懐かしいので、星4つとしました。 これから何度も、「茶飲み友達」として読み返す一冊になると思います。
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 kamo 投稿日 2009/5/7
形式: 文庫
特別な感動とかはないけど、色々なものに対する鋭いツッコミが読めて楽しい。
時間はないけど、寝る前にちょっと本を読みたいって人にオススメ。

思い切り本を読もうと思っていると、手応えのなさにがっかりするかも。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ちはる 投稿日 2009/7/23
形式: 文庫
村上春樹さんの本はこれ以外読んだ事がありません。存在を知ったのが10年以上前。すでにスター的な著者の本を読むキッカケを逃していたのですが、たまたま同居人が持っていて、借りて読んでみたら、何だか、ほっこり。もっと気難しい人だと勝手に想像してたので、全然違う事にビックリ。今から著者の本を読んでいける幸せが出来ました。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
そんなエッセイ集です。私は、村上さんのお声を聞いたことがないのですが、
そのお声は、きっと太く男っぽいものではないでしょう。
このショートエッセイの「語り」から想像するのは、少し高めの、やや中性的な
トーンのお声。そんな声で、そばでつぶやかれているような、まるでざっくばらん
なトークを聞いているような気分でした。比喩など、表現力が実に豊かで、ところ
どころほのぼのとして笑えます。

ちょっとした待ち時間に読んだら、楽しい一冊です。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 しかばねさん VINE メンバー 投稿日 2008/3/30
形式: 文庫
短い短いコラムを集めたエッセイ集。

読むのが早い人なら一作品を一分くらいで読めるくらいの量。
そんな人なら息をするのと同じくらいの労力で読破してしまうかもしれない。

短くても村上春樹は村上春樹。
創造力たくましいというか、些末なことに対するこだわりが強い。
たとえば長生きするかどうかを考察する話があるのだけれど
長生きしたいけれど、志賀直哉みたいに扱われるのが困る、だとか。
その着地地点が独特。
村上さんはこうやって
一日一日、小確幸を集めて生きてるんだなあ。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
肩がこらない文体。

本を読んでいるのを忘れるような本とも言えるかもしれない。

あとがきに「安易な決めつけをやめよう」という著者の思惑通り、

非常にするすると最後まで読みきることができる。

疲れたときにはこんな本がいいのかもしれない。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
あっという間に読めてしまう本です。まぁ、あっというまに読まないでもいいですけど、ちょくちょくちょっとずつ読んでもあっという間に読み終えてしまいます。

猫の自殺、夕方の髭剃りなどが私は好きです。

気合入れて読む本ではないので仕事の休憩中にもってこいの本でした。ゆるい風の様な、なんか今日もこれでいいやっていうような気分にしてくれます。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー