通常配送無料 詳細
残り14点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
李陵・山月記 (新潮文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

李陵・山月記 (新潮文庫) 文庫 – 2003/12

5つ星のうち 4.8 73件のカスタマーレビュー

その他(8)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 648 ¥ 255
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 288 ¥ 1
文庫, 2003/12
¥ 432
¥ 432 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 李陵・山月記 (新潮文庫)
  • +
  • 檸檬 (280円文庫)
総額: ¥720
ポイントの合計: 17pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

人はいかなる時に、人を捨てて畜生に成り下がるのか。中国の古典に想を得て、人間の心の深奥を描き出した「山月記」。母国に忠誠を誓う李陵、孤独な文人・司馬遷、不屈の行動人・蘇武、三者三様の苦難と運命を描く「李陵」など、三十三歳の若さでなくなるまで、わずか二編の中編と十数編の短編しか残さなかった著者の、短かった生を凝縮させたような緊張感がみなぎる名作四編を収める。

出版社からのコメント

捨てきれないプライドに悩んでいるあなたに。 --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 218ページ
  • 出版社: 新潮社; 改版 (2003/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4101077010
  • ISBN-13: 978-4101077017
  • 発売日: 2003/12
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 73件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 54,279位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 軍地 投稿日 2014/7/8
形式: 文庫 Amazonで購入
読書会に中島敦の李陵を取り上げます。単行本は持っているのですが、活字が大きいくて読みやすいし
持ち運びが便利なので、やはり文庫がいいですね。瀬沼茂樹氏の解説も的確です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
ストーリーは古典に拠る部分が多いので、文章について。
難解な漢字、熟語が頻発する文体は、
漢文の書き下しを想起させますが、
ガチガチの文語体ではないので、
普段から本を読む人なら、中学生でも読めるかもしれません。
辞書は必要となりますが、多くの難解な字は注釈で理解できます。
少なくとも、森鴎外の「舞姫」などよりは読みやすいので、
近代文学を読み始めるための第一歩にも相応しいかと思えます。
最近では、芥川賞受賞作の日本語も怪しくなりつつあり、
このような硬派一直線の日本語こそ、
後世にまで読み継がれてほしいと、個人的に願っています。
この本を紐解けば、失われつつある日本語に再会できるはずです。
コメント 39人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
本作品は「李陵」、「山月記」のほかに、「名人伝」と「弟子」が合わさった四篇で構成される。

作者の作品は中国を舞台とするものが多いが、それは作者の父祖が漢学者であり、また父の親族も儒学者であったことが影響したのだろうと思われる。本四編もやはりそれぞれ中国が舞台であり、また中国の古典を手がかりにして描かれている。

「山月記」の虎に変身した李徴と、「李陵」の宮刑を科され、書写機械と化した司馬遷には「自我消失」という共通点がある。それは言い換えれば、自己に対する不安、否定、コンプレックス、焦燥等を抱えつつ、「それでも書く」という文筆家の悲しい性である。しかし、これはある意味で一つの究極の到達点なのかもしれない。「名人伝」に登場する、天下第一の弓の名人を志した紀昌は、階段を上がるように、師の教えを取り入れて技術力を高めていく。が、ある時、弓を射るというそれまで磨いてきた自己の技術を根本から覆すような奥義を知り、それまでの直線的なスッテプアップが断絶してしまう。なぜなら、その奥義は、もはや自己を恃みとせず、神秘的な力によるところがあるからだ。紀昌はやはりそこで自己を否定し、自我をなくさなければならない。そうしてこそ、その老荘思想的奥義を獲得できるのである。

孔子の弟子の子路を中心に描いた「弟子」もおもしろい。四篇すべて実に濃密な作品である。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
悲運な男の心理を描いて中島敦の右に出る者はいないのではないか。『山月記』も素晴らしいが『李陵』は傑作の名に値する。漢の騎都尉李陵は匈奴と転戦千里、矢尽き道窮まって虜に降った。これを聴いた武帝は嚇怒し、阿諛迎合して李陵を誹謗する佞臣の中でただ一人李陵を擁護した司馬遷に「最も醜陋な宮刑」を下す。絶望の淵で狂乱し煩悶する司馬遷の自殺を阻んだのは「修史という使命の自覚」であった。司馬遷はふたたび筆を執る。「生きることの歓びを失いつくしたのちもなお表現することの歓びだけは生残りうるものだということを、彼は発見した」。

李陵は迷った末に祖国から裏切り者とされて「母妻子を族滅された怨み」から匈奴につくが、そこで北海の人なき地に抑留されている旧友の蘇武に再開する。蘇武は「苦難に堪ええずして自ら殺すこともまた、単于に(あるいはそれによって象徴される運命に)負けることになる」と考え、「自分がふたたび漢に迎えられることは・・・期待していなかった。誰にもみとられずに独り死んでいくに違いないその最後の日に、自ら顧みて最後まで運命を笑殺しえたことに満足して死んでいこうというのだ」。李陵は蘇武を思うと己自身に対する暗い懐疑に追いやられた。

昭帝の始元六年、このまま人に知られず北方に窮死すると思われた蘇武が偶然にも漢に帰れることになった。李陵は動揺する。「天はやっぱり見
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 羽田シルバー VINE メンバー 投稿日 2011/9/14
形式: 文庫
中島敦の短編集です。中国古典を題材にとり、漢文調で、格調高いですが、とても面白いです。芸極まらなかったか、詩人が、怨念の虎に変化してしまう話など面白かったです。また、弓の達人が、修行の末、矢を射ずとも鳥を落とし、最後には、弓をひかずに、老境を過ごすなどの話も面白く、珠玉の短編集といった感じです。漢文書き下し文調で、読みにくいことこの上ないのですか、読めないことはなく、ちょっと我慢すると、幽玄な世界が展開します。巻末には、大量の丁寧な注釈がついているので、一応最初に目を通してから読むと読み易いと思います。中国古典の老成し、成熟した世界を味わえると思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー