Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
    Apple
  • Android
    Android
  • Windows Phone
    Windows Phone
  • Click here to download from Amazon appstore
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

購入オプション

割引: ¥ 33 (7%)
Kindle 価格: ¥440

(税込)

獲得ポイント:
4ポイント (1%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

一部のプロモーションは他のセールと組み合わせることができますが、それ以外のプロモーションは組み合わせることはできません。詳細については、これらのプロモーションに関連する規約をご覧ください。

Kindle App Ad
[中島敦]の李陵・山月記

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


李陵・山月記 Kindle版

5つ星のうち4.3 130個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
¥440
文庫 ¥473 ¥1
【注目の新刊】: 紙とKindle本が同日発売の新刊、予約中のタイトルをご紹介。 今すぐチェック【待望のKindle化】: 紙書籍で人気を博した本の電子化新着情報をご紹介。 今すぐチェック

商品の説明

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

中島/敦
1909‐1942。東京に生れる。東京帝国大学国文科卒。横浜高女で教壇に立つ。宿痾の喘息と闘いながら習作を重ね、1934年、「虎狩」が雑誌の新人特集号の佳作に入る。’41年、南洋庁国語教科書編集書記としてパラオに赴任中「山月記」を収めた『古譚』を刊行、次いで「光と風と夢」が芥川賞候補となった。’42年、南洋庁を辞し、創作に専念しようとしたが、急逝。「弟子」「李陵」等の代表作の多くは死後に発表され、その格調高い芸術性が遅まきながら脚光を浴びた。享年33(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) --このテキストは、paperback_bunko版に関連付けられています。

内容(「BOOK」データベースより)

中島敦は、幼時よりの漢学の教養と広範な読書から得た独自な近代的憂愁を加味して、知識人の宿命、孤独を唱えた作家で、三十四歳で歿した。彼の不幸な作家生活は太平洋戦争のさなかに重なり、疑惑と恐怖に陥った自我は、古伝説や歴史に人間関係の諸相を物語化しつつ、異常な緊張感をもって芸術の高貴性を現出させた。本書は中国の古典に取材した表題作ほか『名人伝』『弟子』を収録。 --このテキストは、paperback_bunko版に関連付けられています。

登録情報

  • ASIN : B00DOT4Y5Q
  • 出版社 : 新潮社 (1969/9/23)
  • 発売日 : 1969/9/23
  • 言語 : 日本語
  • ファイルサイズ : 666 KB
  • Text-to-Speech(テキスト読み上げ機能) : 有効
  • X-Ray : 有効にされていません
  • Word Wise : 有効にされていません
  • 本の長さ : 181ページ
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.3 130個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.3
星5つ中の4.3
130 件のグローバル評価
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

上位レビュー、対象国: 日本

2018年7月15日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
25人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2017年10月10日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
27人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
ベスト500レビュアーVINEメンバー
2020年6月27日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2019年3月15日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2020年9月17日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2020年12月1日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2020年8月28日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2020年3月9日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
click to open popover