通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
杉並区長日記―地方自治の先駆者・新居格 がカートに入りました
中古商品: 良い | 詳細
発売元 恢恢堂
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: 2017年 初版第1刷。特に問題はありません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

杉並区長日記―地方自治の先駆者・新居格 単行本 – 2017/11/1


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本, 2017/11/1
¥1,760
¥1,760 ¥950
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

敗戦後の廃墟と混沌の中、日本一の文化村を目指して杉並区の初代公選区長に就任、政治・行政の旧弊打破に挑み、小地域からの民主主義を掲げた破天荒でユニークな“アナキスト区長”新居格。彼が目指した理想の地方自治とは。区長在任わずか1年、苦闘の記録が復刊。忘れられた文筆家・新居を、地方自治・地方行政、まちづくりの視点から復権を試みた小松隆二氏(慶応大名誉教授)による渾身の書き下ろし小伝と、ユートピアンであった新居の知られざる一面を当事者が綴った大澤正道氏によるエッセイを合わせて収録。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

新居/格
1888‐1951。徳島県板野郡斎田(現鳴門市)生まれ。徳島中学、七高を経て、東京帝大を卒業後、読売、大阪毎日、東京朝日の各新聞社で活躍。退社後、数多くの雑誌に執筆し、著作も相次いで刊行。「左傾」「モボ」「モガ」などの時代の流行を上手く捉えた造語を生み出す。1920年代半ばからはアナキズム陣営の先頭に立って評論活動を行う。また、協同組合運動(生活協同組合で知られる賀川豊彦は従兄弟)にも実践的に関与するなど、幅広い活動を見せた。戦後すぐ東京都西部生活協同組合連合会の会長に就任したほか、47年杉並区長に当選。しかし健康がすぐれず、また区議会や行政に失望してわずか1年で辞任。51年、脳溢血のため永眠(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 単行本: 268ページ
  • 出版社: 虹霓社 (2017/11/1)
  • ISBN-10: 4990925203
  • ISBN-13: 978-4990925208
  • 発売日: 2017/11/1
  • 梱包サイズ: 18.2 x 12.8 x 2.2 cm
  • カスタマーレビュー:
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,000,769位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

星5つ (0%) 0%
星4つ (0%) 0%
星3つ (0%) 0%
星2つ (0%) 0%
星1つ (0%) 0%
Amazonは星評価をどのように計算しますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

まだカスタマーレビューはありません