通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
朽ちていった命:被曝治療83日間の記録 (新潮文庫... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

朽ちていった命:被曝治療83日間の記録 (新潮文庫) 文庫 – 2006/10/1

5つ星のうち 4.7 155件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 529
¥ 529 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 朽ちていった命:被曝治療83日間の記録 (新潮文庫)
  • +
  • 「最悪」の核施設 六ヶ所再処理工場 (集英社新書)
総額: ¥1,285
ポイントの合計: 39pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

1999年9月に起きた茨城県東海村での臨界事故。
核燃料の加工作業中に大量の放射線を浴びた患者を救うべく、
83日間にわたる壮絶な闘いがはじまった──。
「生命の設計図」である染色体が砕け散り、再生をやめ次第に朽ちていく体。
前例なき治療を続ける医療スタッフの苦悩。
人知及ばぬ放射線の恐ろしさを改めて問う渾身のドキュメント。



目次
被曝 1999年年9月30日

邂逅―被曝2日目

転院―被曝3日目

被曝治療チーム結成―被曝5日目

造血幹細胞移植―被曝7日目

人工呼吸管理開始―被曝11日目

妹の細胞は…―被曝18日目

次々と起きる放射線障害―被曝27日目

小さな希望―被曝50日目

被曝59日目

終わらない闘い─被曝63日目

1999年12月21日─被曝83日目

折り鶴─未来

あとがき

解説 柳田邦男

内容(「BOOK」データベースより)

1999年9月に起きた茨城県東海村での臨界事故。核燃料の加工作業中に大量の放射線を浴びた患者を救うべく、83日間にわたる壮絶な闘いがはじまった―。「生命の設計図」である染色体が砕け散り、再生をやめ次第に朽ちていく体。前例なき治療を続ける医療スタッフの苦悩。人知及ばぬ放射線の恐ろしさを改めて問う渾身のドキュメント。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 224ページ
  • 出版社: 新潮社 (2006/10/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4101295514
  • ISBN-13: 978-4101295510
  • 発売日: 2006/10/1
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.5 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 155件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 29,825位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
2011年3月26日現在、福島第一原子力発電所では事態収拾作業が続けられている。
通常の1万倍という放射線の環境下、東電側の不手際で作業員が被曝するという事態まで
起きてしまった。

このような時だからこそ、十年近く前の東海村JCO臨界事故のことを想起すべき、と考える。

舞台は東大病院の無菌治療室。JCOの作業員として20シーベルト(今やこの数値が何を物語るか
わざわざ説明する必要はないだろう)の放射線を浴びた35歳の男性。

入院時は意識もはっきりしていた。しかし、事態は11日目ごろから急転する。
「こんなの嫌だ。このまま治療をやめて、家に帰る。帰る」
「おれはモルモットじゃない」
致死率100%ー文庫の口絵にある右手の変化の写真が痛ましい。
そして、被曝によって生命の設計図である染色体が崩壊してしまう画像。
まさに、朽ちていく染色体、朽ちていく「いのち」なのである。

このような事態に至って、治療行為、延命にいかなる意味があるのか?
医師、看護師の葛藤に関する記述が重い。

男性がなくなった後、主治医は記者会見でこう述べる。
「原子力防災の施策のなかで、人命軽視がはなはだしい。現
...続きを読む ›
コメント 652人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
被爆と聞くと、やはり子供のころ読んだ「はだしのゲン」に出てくる被爆者を思い出してしまいます。
彼らも充分壮絶に描かれていましたが、この本を読むとそれもかなりコミカライズされていたものだということを理解しました。最初は元気だった大内さんが徐々にしゃべれなくなり、体のいたるところが静かに朽ち始める。27日目を越えたあたりからガーゼでぐるぐる巻きにされ「お父さんロボットみたいになっちゃって」子が呟く。花口さんは自分がケアしている人が本当に大内さんなのか分からなくなってくるほど、追い詰められてしまった。
それでも被爆者を前にし83日闘い続けた医者たちのリアルな葛藤、本で読んでいるだけの私もその場にいるような気分にさせてれました。なにより、被爆者の現実を突きつけられた気がしました。

しかし、今も原子力大国に突き進む日本ではだれもがこのような、ことになる可能性があるということを忘れてはいけない。この本は決してどちらかに偏ったものではないが、私たちはいつかこの問題に対して正面を向きあって考えるべきだと伝えいます。
原子力について考える時、一つの判断材料としてこの本を参考にしてみたらどうでしょうか。
コメント 210人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
核、被爆、原爆、放射能、色々な言葉が新聞をに飛び交っているけれども、これらの言葉についてどれだけ信憑性をもっていられるだろうか?
この本はそれをぞっとするほど教えてくれます。

人間が被爆したら、どうなるでしょう。しかも爆発ではなく、核分裂が臨界に達し「チェレンコフの光」を浴びた中性子被爆の場合、
爆発や熱風はないけれども、人体は数ヶ月かけて徐々に「朽ちて」いきます。

被爆した作業員の大内氏は普通のサラリーマンでした。家族と普通に会話をし、被爆してからの「ちょっとした入院で済むのでは?」という感覚でした。
しかしながら徐々に状況は悪化します。
著書はその状況を医師、看護士の医療記録やNHK取材班の取材記録、顕微鏡写真などで克明にたどります。

一番ショックだったのは、大内氏の染色体の顕微鏡写真でした。

この話は60余年前に広島や長崎で起こった記録ではなく、携帯電話やパソコンが普及していた10年前、日本で起こった事実です。
核の軍事利用は日進月歩で研究が進む中、被爆した人体に対して、医学の技術はここまで無力なのか、
被爆とはここまで恐ろしいものなのかと思い知らされました。

テレビ取材班の取材記録ということで、若干の演出めいた表現は否めませんが、事実であったことには違いなく、
この脅威が風化されることのないように願うばかりです。
1 コメント 234人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 三輪そーめん VINE メンバー 投稿日 2008/4/21
形式: 文庫
政治的主張も著者の自己主張もこの本にはない。
だからこそ起きた出来事の重さが感じられる。

一気に読めるが本当に重い。
「ジョニーは戦場に行った」よりも重い。
人の献身、努力すら無駄であり、読者からみれば一切の行為が不快に思えるほどの徒労。
奇跡や恩寵すらない被曝死という現実。
関わった人々の無慈悲な結末は現実に起こった出来事だ。

亡くなられた方のご冥福をお祈りします。
コメント 269人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック