通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
朽ちていった命:被曝治療83日間の記録 (新潮文庫... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: カバーに傷みあり。 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

朽ちていった命:被曝治療83日間の記録 (新潮文庫) 文庫 – 2006/10/1

5つ星のうち 4.7 154件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 529
¥ 529 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 朽ちていった命:被曝治療83日間の記録 (新潮文庫)
  • +
  • 「最悪」の核施設 六ヶ所再処理工場 (集英社新書)
総額: ¥1,285
ポイントの合計: 39pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

1999年9月に起きた茨城県東海村での臨界事故。
核燃料の加工作業中に大量の放射線を浴びた患者を救うべく、
83日間にわたる壮絶な闘いがはじまった──。
「生命の設計図」である染色体が砕け散り、再生をやめ次第に朽ちていく体。
前例なき治療を続ける医療スタッフの苦悩。
人知及ばぬ放射線の恐ろしさを改めて問う渾身のドキュメント。



目次
被曝 1999年年9月30日

邂逅―被曝2日目

転院―被曝3日目

被曝治療チーム結成―被曝5日目

造血幹細胞移植―被曝7日目

人工呼吸管理開始―被曝11日目

妹の細胞は…―被曝18日目

次々と起きる放射線障害―被曝27日目

小さな希望―被曝50日目

被曝59日目

終わらない闘い─被曝63日目

1999年12月21日─被曝83日目

折り鶴─未来

あとがき

解説 柳田邦男

内容(「BOOK」データベースより)

1999年9月に起きた茨城県東海村での臨界事故。核燃料の加工作業中に大量の放射線を浴びた患者を救うべく、83日間にわたる壮絶な闘いがはじまった―。「生命の設計図」である染色体が砕け散り、再生をやめ次第に朽ちていく体。前例なき治療を続ける医療スタッフの苦悩。人知及ばぬ放射線の恐ろしさを改めて問う渾身のドキュメント。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 224ページ
  • 出版社: 新潮社 (2006/10/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4101295514
  • ISBN-13: 978-4101295510
  • 発売日: 2006/10/1
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.5 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 154件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 11,526位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
これは、東海村で放射能物質を雑に扱うことを許していた会社や、責任者が安全管理を徹底しなかったために起こった事故です。放射性物質はある一定量になると、核分裂反応を起こします。その結果、2人の作業員がひどい放射線被ばくをしました。
この本は、その日ごとの被爆者の変化を追跡していますが、本では何とか読むことができますが、病院で見ていたら、とてもじゃない、見ちゃーおれない残酷な事態でしょう。
この後に福島原発の事故が起こったのに、のんきな人もいます。いたたまれないです。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
反原発を声高に叫ぶつもりはありませんが、放射能の恐ろしさを学校で教えるべき。教科書にすれば良いのに…と思いました。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
ただただ亡くなられた方が気の毒でならない。
なんてこったって言いたくなる。
重度の被ばくから生還できる可能性が無いと医者はわかっていながら、医療のモルモットにされてしまった形の被害者、まさに生き地獄物語。
便利なものも使い方を誤ると、なんでも即凶器になりますよという教えなのかな~
一度は読んでおきたい作品です。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 weid 投稿日 2015/12/25
形式: 文庫 Amazonで購入
とても読む価値のある本です。

この本では東海村で被曝した三人の作業員の方の内、一人に焦点を当てて延命治療の経過とそれに伴う医師たちや家族の葛藤を生々しく描いており、私は日に日に悪化していく患者の病状に何度も胸を打たれました。
1999年から2000年にかけてのことでしたから、看護婦さんが患者さんに言った、「一緒に年を越そうね」という言葉が今も目に焼き付いて離れません。胸が痛みます…。

この本を読む前は作業員の気持ち、家族とかの気持ちなんて一切わからず、…ただ東海村の原子力関連施設で作業員が被曝したという事実だけしか知らなかったのに。
この本を読んだあと、この被曝された作業員の方も一人の家族を持つ、幸せな人だったんだなという認識を持つことができて良くも悪くも涙が溢れました。

知らなきゃよかったと思ってしまうあたり自分は現実から目を背けたかったんだと思います。でもすぐに、人間にとって改めて原子力は必要なのか?と考えなければならないと思いました。日本は原発に頼っていますが、福島での出来事のようなことが今後も起きないとは限らないのですから。
この本はそういった意味で読む価値があります。

ただ一つだけ欲をいえば、もう一人の亡くなられた作業員の方に関する記述が少なかったなということです。もう一人の苦しんで亡くなられた方の無念も忘れずに是非とも読んでいただきたいです。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
神様から頂いた精神と身体を大切にしながら生きたいと感じました、生命のいのちの尊さが改めて実感できるほどに伝わって来るそんな内容でした、たいへん分かりやすく読みやすくその場に居り実際に被爆者の方と一緒にいるかのようなそのようにも感じ取れ、じぶんでも涙を流さずにはいられず潤ませながらも読ませて頂きました、危険である事を知っているのなら安全対策を常に怠らない様徹底するまたは原理等への理解を明確にした上での安全対策を行っていかなければならないと感じました、だいたい、危険と隣り合わせであるのならその作業を受け持つ一人一人が責任と自覚を持ち、その危険である事に対し十分に理解し承認したうえで行わなければ重大事に繋がることが良くわかりました。 
このような危険への認知力はもっとも大切な事だと痛感しました。
やはり慣れは怖い物です、過信は決してあってはならないものであることも感じます、特に危険物と隣り合わせである場合は慣れや過信、適当さ、安易さは大惨事へ直結することが分かりました。
危険である者への認知は大変重要であります、それに安全対策委員会や安全向上に関与するそういった機関への協力をするべきだと感じました。
また施設内で作業をするのであれば、上から急に通風用パイプが外れて落下する様な考えにくい状況等も考えて行かなければ危険物のみへの認知ではあまりあるものだとも思いますので、どこでどのようなことが起こるかは、良く事前に想定や予測、対策等を心がけることも良いと思いました。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
 何度も何度も机を叩き、「くそっ」「くそっ」とののしりながら読みました。嫌な思いで頭の中がいっぱいになりました。
 日に日に体の組織を蝕まれ、看護師と話せるほど鮮明な意識を持っていながら、気管挿管で言葉を話せなくなり、苦痛と苦悩に耐えて「治療」を受け続けた83日間。東海村臨界事故で被曝し、妻子を残して35歳で亡くなった大内さん。とても無念だったでしょう。
 両親と妹、妻、息子が入院先の東大病院に詰め、1万羽の折り鶴を黙々と一生懸命に折りました。大内さんはベッドの上で包帯や医療器具に覆われてロボットのようになり、息子さんは入院当初と最期の2度しか面会させてもらえなかったといいます。
 事故はほんの一瞬の出来事でした。バシッと音がして青い光を見ただけで大内さんは許容量の2万倍の放射線に貫かれました。「治療」に当たった医師は「被曝治療は、近い将来、勝つ見込みのある闘いだとは思えなくなった」と振り返ります。人間の尊厳を破壊し、治療もできないというのに、恐ろしい原子力の技術をこの国はそれでも持ち続けるのでしょうか。
 作業手順違反があまりにひどかったとはいえ、単なる労災事故で済ませてはならない気がします。人はどんなに意識していても時として過ちます。「いつかまた同じようなことが起こるのではないか」と大内さんの妻も医師への手紙に記しています。息子さんは病院で横たわるお父さんの姿を見て何を思ったでしょうか。こんな不条理はもうたくさんです。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー