通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
朱日記 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
中古品: 良い | 詳細
発売元 Low-Price商店
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 帯あり。カバーは若干のスレはありますが、きれいな状態です。中は、折れや汚れ、書き込みなく、良好な状態です。安心・安全・確実のAmazon倉庫からの発送となります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

朱日記 単行本 – 2015/4/14

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,052
¥ 2,052 ¥ 1,487

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 朱日記
  • +
  • 絵本 化鳥
  • +
  • 水木しげるの泉鏡花伝 (ビッグコミックススペシャル)
総額: ¥5,832
ポイントの合計: 133pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Amazonランキング大賞2017上半期 本
やせるおかずの柳澤英子さん、白石麻衣さん、にしのあきひろさん、諫山創さんからの受賞コメント付き 和書総合ランキングTOP20へ

商品の説明

内容紹介

鏡花の絢爛華麗な幻想美と、ノスタルジー溢れる和ポップ絵が渾然一体となった文芸絵草紙。朱文字で書かれた日記、少年が握る紅いグミの実、魔人の羽織る赤合羽、城下を焼きつくす紅蓮の炎。あやかしの色彩が乱舞する幻想世界。

内容(「BOOK」データベースより)

朱文字で書かれた日記、少年が握る紅いグミの実、異界の魔人の羽織る赤合羽、城下を焼きつくす紅蓮の炎…あやかしの色彩が乱舞する泉鏡花の幻想世界を描く、新たなる文藝絵草紙。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 93ページ
  • 出版社: 国書刊行会 (2015/4/14)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4336058911
  • ISBN-13: 978-4336058911
  • 発売日: 2015/4/14
  • 梱包サイズ: 20.2 x 15.4 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 595,532位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
1
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
あな  おそろしや
あな  美しきや

この黒白以外には朱一色しか使っていないのに時に妖しく、時に優しく、時に怖いほど鮮烈な本はどうだろう。
絵本と括るには余りにも磁力が強く児童には自家中毒の危惧さえ親達は感じるに違いない。

古都金沢が誇る幻想文学者、泉鏡花の文字にすれば精々七頁程度の掌篇を住職兼絵師の中川学が実に切レ味鋭ク映像化してしまいました。

どちらへ 

城下を焼きに参るのじゃ と告げるは赤衣の黒坊主

これからこの町は大火事に見舞われます。
と告げるは人外の女性

懐へ真っ赤な虞味の実を貰って無心に口にする美稚児

前半のもどかしくも前に進まぬ心労夢のような教師の災害への狂騒感。
後半は一転、語りの文字は消え去り、紅蓮の炎の絵表だけが、逆の静寂とカタストロフを切り取って、ごろりと見開いた頁に開帳されます。
この感覚、読書とは違う。舞台や映画体験に、或いは見たのに忘れていた夢を思い出したような感覚に極似しています。
興味引かれた不幸な皆様。是非是非、僕と同じ幸福な悪夢を共有願えませんでしょうか?
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す