通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
本田宗一郎夢を力に―私の履歴書 (日経ビジネス人文... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

本田宗一郎夢を力に―私の履歴書 (日経ビジネス人文庫) 文庫 – 2001/7

5つ星のうち 4.7 72件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 700
¥ 700 ¥ 41

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 本田宗一郎夢を力に―私の履歴書 (日経ビジネス人文庫)
  • +
  • やりたいことをやれ
  • +
  • 道をひらく
総額: ¥2,720
ポイントの合計: 85pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

商品説明

   本田は「私の履歴書」でこう述べている。「私がやった仕事で本当に成功したものは、全体のわずか1%にすぎないということも言っておきたい。99%は失敗の連続であった。そしてその実を結んだ1%の成功が現在の私である」

   自動車修理工から身を起こし、一代で巨大自動車メーカーを築き上げ、「HONDA」ブランドを世界にとどろかせた希有の成功が1%でしかないならば、残りの99%はなんなのか。本田の言葉をたどると、失敗した99%にこそ、たぐい稀な人間ドラマが見つけられる。

   本書は本田が56歳のときに連載した「私の履歴書」と、1962~1991年の足取りをまとめた編著者による「履歴書その後」、さらに「本田宗一郎語録」の3部構成で描きだしている。外国から体中に部品を巻き付けて強引に飛行機に乗り込んだり、四輪自動車への進出を規制する官僚にたて突いたりといった破天荒なエピソードに満ちあふれている。モノづくりへの情熱や創意工夫、物まねを嫌い独創に賭ける精神、ヒューマニズム、そして天才技術者としての側面など、本田の原点もここに感じ取れる。また、強烈な成功体験をもつ創業者の世代交代問題などのテーマも取り上げられている。スーパーカブやN360などの開発経緯は、ホンダのマシン愛好家にとって見逃せないところだ。この本田の壮大な生涯は、不景気に萎縮するビジネスマインドへの大きな刺激となるだろう。(棚上 勉)

内容(「BOOK」データベースより)

自動車修理工から身を起こし、「世界のホンダ」を一代で築いた日本のビジネスヒーロー、本田宗一郎。彼が自らの前半生を回顧した「私の履歴書」を中心に、人間的魅力に満ちたその生涯をたどる。後半部には、彼が社内報等に寄せた文章をもとにまとめた「本田宗一郎語録」も収録。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 269ページ
  • 出版社: 日本経済新聞社 (2001/07)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 453219069X
  • ISBN-13: 978-4532190699
  • 発売日: 2001/07
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.8 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 72件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 5,613位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
一般に本田氏を取り上げた書籍は多いが、ご本人が著作されたものの中では一番内容が濃いものであると感じた。巻末の本田宗一郎語録も氏の生き方を濃厚に示す内容である。激動の戦後を子供のような無邪気さを忘れず、顧客第一というタテマエではなくホンネで通した創業者伝。藤沢武夫氏の著作と読み比べるとより面白い。
コメント 45人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
日本の偉大な経営者として誰も知っている本田宗一郎という
人物の持つパワーの源である2つの要素がエピソード毎に
伝わってきて、本当に感動させられました。
その2つとは・・・・
1、ポジティブ思考
世間的にはどう考えてもマイナスの大事件が本田宗一郎さんに
かかると「関東大震災さまさまだった」とまるで何もなかった
かのように語られる。
2、Must思考
やると決めたらトコトンまでやる。
(それで問題になることもありますが・・・)
でも、引き際が潔く男として人間として尊敬できる。
そして、その本田宗一郎を支えた藤澤さんのエピソードも
男としてグッとくるものがあります。
これを知らずに経営者と呼べるかという本でしたよ。
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
本田技研の創立者である本田宗一郎の生涯を、本人の自伝を中心に描いています。
ただの町工場から、どのようにして「世界のホンダ」ができていったのか、そのストーリーも面白いですが、今も心に残っているのは本田さんの人柄を表すエピソードの数々です。独創性とユーザーことを第一に考え、徹底したこだわりを貫いていく「エンジニア・本田宗一郎」、どんなに苦しい場面でも前向きな態度を失わず、持ち前のユーモアで人々を惹きつける「オヤジさん・本田宗一郎」―――そんな本田さんの生き様から、エンジニアとしての在り方、誇りを感じ取ることができました。
この本を読んで、僕は大学の工学部に進学する決意をしました。
コメント 45人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
本田宗一郎と藤沢武夫。そして、宗一郎氏が技術、藤沢氏が経営を分担していた本田技研工業。その技術の鬼、宗一郎氏が書いた「私の履歴書」。彼は、物まねを嫌い、そして独創的なアイデアで数々の不可能を可能にしてきた。しかし、決して技術一辺倒ではなく、ユーモアと純情を兼ね備えていた。そんな彼の凄みが感じられる、彼が書いた私の履歴書。
そして、その後に続く「その後の履歴書」でもそれをひしひしと感じる。しかし、これを書いた人のは彼自身ではない。他の人が書いたもののようだが、文章が流麗なので読む人を飽きさせない上に、宗一郎氏や藤沢氏、そしてホンダのことが良く書けている。
そして、最後に、本田宗一郎語録と豪華3部構成である。特に、最後の語録は、彼が社長をしていた時のものが主だが、そのどれを取ってみても、現代(21世紀)でも十分通用する。というより、彼は現代を予言しているような観が見受けられる。そのとき彼が書いた企業像と求める人材像は、現在の企業がまさに理想としている、また、そういった人が活躍できる場になっている。彼の思想(考え方)がやっと現代に追いついたようである。
時代の寵児、本田宗一郎。彼の叡智を知る上で、この本はその役目を存分に果たしている。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2004/1/11
形式: 文庫
自分自身四輪・二輪とも大好きですが、ホンダって世界的にみても実用とスポーティーさの両方で成功を収め続けている希な会社だと思います。
一つのメーカーで二輪GPと四輪F1の頂点を極めているところなんて無いし、普通?であれば(外国のスポーツカー専業メーカーに象徴される)高級路線でいきそうなところを、しっかりした実用車も作り続けている(しっかりヒットさせて傑作と呼ばれている)。しかも本田宗一郎と藤澤武夫のペアがユーザーに対し、しっかりとホンダっていう会社の良い固定イメージをつくってしまっていますよね。
改めてこの本を読んでみて、ホンダって一つのジャンルに拘らず時代に合わせて柔軟に対応している会社だ(ったんだ?)なあって感じます。
まさに大小問わず今経営者に必要とされていることをとっくの昔に実現しているのです。凄すぎますね。
無学歴の人たち(とは限りませんが)が現代社会の礎をつくってくれたと私は考えますが、その中でかなり突出した本田宗一郎という人物の生き様には、現代の人たちも学ぶことがたくさんあると思います。
「いつも未来のことばかり考えていて、思い出話などしたことがない」なんていってる人ような人がいまどれくらいいるのでしょう?
これらの本を読んで「ホンダ」ファンになったひと、また予備軍がこれからも増え続けると思いますが、一ファンと
...続きを読む ›
コメント 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック