中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ※通常24時間以内に発送可能です。■午後4時までのご注文は通常当日出荷。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。uu3432_
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

本田宗一郎に一番叱られた男の本田語録―人生に「自分の哲学を持つ人」になれ! 単行本 – 2006/6

5つ星のうち 4.5 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

仕事は戦争だ、だから本気で叱る! 本田宗一郎生誕100年、その叱責の言葉の中にある「仕事の哲学」「人生の哲学」が今こそ重みを増している。一番叱られ、鍛えられた社員が学んだ仕事や人生の問題解決のカギ。

内容(「BOOK」データベースより)

仕事で一番大切な「感性」を最高に磨きあげる方法「どうして日本人は、富士山が好きなんだろうね」、「世の中のニーズ」を確実につかむ方法「君たちは、腹が減って死にそうな人に、『すき焼きの肉を買いに行きます!』と言うのか!」、感動こそ「最高の商品」だ!「やっている者が感動できないようなモノは、他人を感動させられない」、人は「見た目」で判断する「『人が見て不安に感じるもの』をつくっちゃいけないんだ!」、「できないはず」を実現する“本田宗一郎マジック”。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 221ページ
  • 出版社: 三笠書房 (2006/06)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4837921957
  • ISBN-13: 978-4837921950
  • 発売日: 2006/06
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.2 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 474,759位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
仕事は戦争だ、だから本気で叱る!この宣伝文どおり、本書には鋭く容赦ない本田宗一郎の叱責が並んでいる。そこで感心するのは、もっとも叱られた社員であり、役員でもあった著者の叱られる側としての感性だ。

怒鳴られたことに落ち込み、苛立ち、困り果てながらも、その言葉から本田スピリットをおしはかり、ホンダ車のデザインに体現していくのだ。「本田さんは怒る名人だった」と書中にある。それならば著者は「怒られる名人だった」に違いない。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ホンダの創業者、本田宗一郎さんから叱られながら学び身につけた

という考えが、現場のエピソードの中にちりばめられています。

本田さんの叱咤激励やアイデアは、いつも感覚的なものですが、

現場のスタッフは具体的な行動や形に落とし込んでいき、

ヒット商品、シビックやアコードを生み出していきます。

考え抜いて仕事をすること。哲学を持つこと。五感で感じたことを

大事にすること。なにより、お客様の立場に立って仕事をすること。

人間に対するやさしさが基本になっている、本田さんのモノづくりや

仕事に対する心構えが学べます。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
2006年に一度立ち読みでさっと読んだだけだが、いくつかの言葉はその後約5年経っても忘れていなかった。

本屋の経営に関する本がおいてあるコーナーで久しぶりにこの本を手にとって見たら、しびれた。

一つ一つの深い意味を持ったフレーズが、短いが誰でも知っている言葉を使いながらも確信を突いていて、
詩のような言葉のみずみずしさはないが(すいません。。)、そのフレーズからは芸術性が感じられ、時々泣きそうになる。

本田宗一郎は日本屈指のエンジニアであると思うが、エンジニアを突き詰めると芸術家になるのだろうか?
経営も突き詰めると芸術の領域に入って行き、しびれる言葉をいくつも残すものであると僕は考えているのだが、
芸術を感じられる(製品ではなく)言葉を残しているエンジニアは本田宗一郎以外に僕は知らない。

もしかすると自分が行っていることの先に「お客様のため」と更に「社会のため」をいうことをいつも本気で考えていれば
それが経営であれエンジニアリングであれ、その高みにたどり着くのかもしれない。

何にしてもこの語録をストーリーというわかりやすい形で説明して残してくれた著者に心から感謝を言いたい。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
本田宗一郎

彼のような上司だったら、
どこまでもついていくだろう。
叱る事も多々あるが、
なぜ叱られるのかを考えさせられる。

彼は哲学を持っている。
それを一貫して守っている。
常に物事考えている。
1から10を知ることのできる男である。

車業界に全く関係ない人でも、
読んでおいて損はない一冊。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告