通常配送無料 詳細
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
本棚にもルールがある---ズバ抜けて頭がいい人はな... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

本棚にもルールがある---ズバ抜けて頭がいい人はなぜ本棚にこだわるのか 単行本(ソフトカバー) – 2014/12/5

5つ星のうち 4.3 15件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,512
¥ 1,512 ¥ 527

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 本棚にもルールがある---ズバ抜けて頭がいい人はなぜ本棚にこだわるのか
  • +
  • 教養は「事典」で磨け ネットではできない「知の技法」 (光文社新書)
  • +
  • 情報の「捨て方」  知的生産、私の方法 (角川新書)
総額: ¥3,175
ポイントの合計: 96pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



ビジネス書大賞2017 大賞作品決定!
大賞は『サピエンス全史(上)(下)』、準大賞『LIFE SHIFT(ライフ・シフト)』 他 >> 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

本棚のルールを知るだけで、効率良く知識が手に入ります。
重要なのは「本棚の新陳代謝」と「余白があること」。
本棚の中身が入れ替われば、それだけ多くの知識が身に付くし、余白があれば、空いているスペースに将来知っておきたい「知」が入る予定があるということです。

内容(「BOOK」データベースより)

本棚で過去の自分を把握し、未来のなりたい自分になる。仕事の本は本棚に入れない。社会人として必ず入れておくべきなのは「科学、歴史、経済」。本棚はあなたの知を増やす最高の道具。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 216ページ
  • 出版社: ダイヤモンド社 (2014/12/5)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4478029393
  • ISBN-13: 978-4478029398
  • 発売日: 2014/12/5
  • 梱包サイズ: 18.5 x 13 x 2.3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 15件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 28,156位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
断捨離、ミニマリズム等、極力モノを持たない生活を実践し本もキンドルにしていましたが、
この本を読み改めて本棚の大切さを感じ実践しています。
本棚を通じて自分の通ってきた道とこれからの指針を可視化できます。
毎日見える位置にあるもので潜在意識は少しずつ変わってうくのでしゃないでしょうか。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
成毛さんの本に対する愛情が伝わってくる内容でした。
代官山蔦屋での本を売る工夫について成毛解説がヒントになり、
上司から企画書が認めてもらえました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
本好きの人間に共通する悩みの最たるものは、蔵書の保管スペースをどうするか?であろう。どんなにセーブしてもなぜだか増殖の一途をたどる本たち。電子書籍が一定程度普及しても、まだまだメインは紙の本という人は多いことだろう。とにかく読んだら片っ端から捨てるという人もあれば、経済力にモノを言わせて蔵書専用のビルを建ててしまった人までさまざまだ。
しかし大方の人は自宅の一角に本棚をいくつか並べ、そこにぎっしりと蔵書を押し込んでいるのではないだろうか。だが、こういう状態だと一度本棚に入れたが最後、その本は二度と人目に触れることなく本棚の奥に埋もれていくのであろう。これが商店の陳列棚であれば完全な死蔵品、店の利益を蝕む大きな原因だ。よって商店主は死蔵品をなくし商品の回転率を上げて利益を確保するのである。
成毛氏の本棚管理は実に見事だ。予め陳列スペース(つまり本棚のスペース)をきっちり決め、決してそれ以上の本は置かない。1冊面白い本、気に入った本ができたなら本棚から1冊の本を抜出す。この新陳代謝を繰り返し、本棚は常に今現在成毛氏の興味を引く本で占められる。つまり成毛氏に多大な(知の)利益をもたらすのである。
本棚を脳の外部記憶装置と規定し、常に手を入れ整理することで機能的な装置と化している氏の本棚。「本があふれてきたから、もう一つ本棚を増やそうかな」と思っているあなた、
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
「どのように本を読むか」について書かれた本は多く出ている。しかし、「どのように本棚を利用するか」について書かれた本は驚くほど少ないように感じる。本書は、そのタイトルの通り「本棚のルール」について書かれた指南書である。まず本書では、「本棚の機能」について第1章で論じられている。その本棚の機能を端的に物語っているのが、「本棚は外付けできるあなたの脳である」という1章のタイトルである。つまり自分の脳の機能にはおのずと限界があるので、それを補うために必要なのが本棚という外付けの記憶媒体であるというのが著者の考えなのである。2章が本書の核となる部分ではあるが、3章の「教養の深まる本の買い方、読み方」や付録の「WEBで読まれる書評の書き方」なども面白い。特にブログなどで書評を書いている僕のような人間にとっては、この書評の書き方はとても参考になった。さて、この本の想定読者だが、基本的には若い人向けに書かれているのではないかと思う。ここでいう若い人というのは、40歳くらいまでの年齢の人を指すわけだが、 できれば大学生や社会人になりたての若い人に読んだもらいたい。その理由は、読書は習慣であり、そのスタートは早ければ早いほど蓄積が多くなるからである。早い時期に正しい方法で読書をし、その本を正しく管理していくことで知の集積が進む。僕ももっと早い時期にこの本に出会いたかった。
コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
本棚にこだわると読書がより一層楽しくなる、ということを、
著者独自のアイデアと斬新な切り口で解説していて、とても参考になった。
 
コンピュータやインターネットの発達によって、
大量の情報をすぐに収集・検索できる、便利な世の中になった。
一方本には、データではなく現物だからこそ味わえる良さがある。
装丁・帯のデザイン、厚み、重さなど外観はもちろん、
ページをめくるときの質感や、読み終わった後に感じる達成感など、
五感で感じる楽しみを味わえる。

読書好きな人は本棚にこだわる。
見栄えが良い本棚はそれだけで気分が良いし、
なにより自分の得た情報=頭の中、が整理できてすっきりする。
そして新たな知的活動にとても役立つ。
 
著者は、本棚とは”外付けできるあなたの脳”であり、
理想の本棚とは”そこに預けた知識や情報を、短時間で効率よく引き出せる本棚”であると述べている。
そして、理想の本棚は一つではなく、用途の異なる3つの本棚を用意して活用することを推奨している。

その他おすすめの本棚、本のジャンル、本の配置の仕方にとどまらず、
大型書店内の巡り方、果ては書評の書き方までガイドされている。
...続きを読む ›
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー