通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
本格小説〈上〉 (新潮文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 東京 ブック
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 少し擦れ、軽いヨレが見られますが、その他特に大きな損傷などなく概ね良好です。アマゾン掲載画像とカバーデザインなどが違うことが御座います。中古品の為、使用感がある場合もありますがご了承くださいませ。【検品担当者より】中古品の為、できる限りの確認作業を心がけておりますが、もし見逃しがあった場合はご了承下さい。※土日、祝日出荷作業は行っておりません。2営業日以内にゆーメールにて発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

本格小説〈上〉 (新潮文庫) 文庫 – 2005/11/27

5つ星のうち 4.2 51件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,944 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 853
¥ 853 ¥ 87

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 本格小説〈上〉 (新潮文庫)
  • +
  • 本格小説〈下〉 (新潮文庫)
  • +
  • 私小説―from left to right (ちくま文庫)
総額: ¥2,564
ポイントの合計: 78pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Amazonランキング大賞2017上半期 本
やせるおかずの柳澤英子さん、白石麻衣さん、にしのあきひろさん、諫山創さんからの受賞コメント付き 和書総合ランキングTOP20へ

商品の説明

受賞歴

第54回(2002年) 讀賣文学賞小説賞受賞

内容紹介

ニューヨークで、運転手から実力で大金持ちとなった伝説の男・東太郎の過去を、祐介は偶然知ることとなる。伯父の継子として大陸から引き上げてきた太郎の、隣家の恵まれた娘・よう子への思慕。その幼い恋が、その後何十年にもわたって、没落していくある一族を呪縛していくとは。まだ優雅な階級社会が残っていた昭和の軽井沢を舞台に、陰翳豊かに展開する、大ロマンの行方は。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 605ページ
  • 出版社: 新潮社 (2005/11/27)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4101338132
  • ISBN-13: 978-4101338132
  • 発売日: 2005/11/27
  • 梱包サイズ: 15 x 10.6 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 51件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 26,910位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
紹介文を読んでから推察して読み始めると、前置きの長さに圧倒します。ですが、考えてみると投げ出したくなる程つまらない話ではありません。なぜなら長い前置き抜きでは『本格小説』は完成しないからです。

この物語の中心となるのは伝説の億万長者、東太郎。
最初は読み手にとって最も現実的な存在である作者からはじまり、幾人もの語りを経て最終的に物語の中でも遠い存在である人物から語られる、東太郎を取り巻く物語。

私は、一般論として人はそれぞれの経験から自分なりの価値観が生まれ、少なくともそういった意味での色眼鏡で物事を見ていると常々思います。

同じように、東太郎を語る人物にはそれぞれの生まれ育ちがあり、そこで創られた各々の価値観の重なりを経て物語は進みます。

そういった視点で読み進めていくと、様々な角度から時代の流れの激しさ、そこに流されない人間の普遍的な純粋さが読み取れます。
そして、恋愛小説なのに愛を語る言葉もありません。代わりに、人間の利己的な純粋さゆえに出てくる相手への狂おしい程の深い想いは、愛という言葉では伝えきれないほどのもので、痛烈に胸に刺さります。

果たしてこの関係が救いようのない悲恋と言えるのか。よう子と結婚という形で結ばれることのなかった太郎は不幸だっ
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
母の遺産を読んで水村さんの文章が好きになり、本格小説を購入。本格小説の方がもっと好きになった。たまに運よく良書というものに巡り合うことがあるが、まさに一冊だった。読後もしばらくあとを引くような感じだった。再読したい。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
子育てに追われるなか、久しぶりに読んだ小説です。二晩遅くまでかけて読み切りました。帯に書かれた「静かな感動」の文字が的外れに感じられる、心が揺さぶられるような物語でした。「嵐が丘」を彷彿とさせる内容に、繊細で心やさしい日本版ヒースクリフの悲しい結末を恐れながら読み進めていました。それは「イリアス」や「嵐が丘」を読んだ時に似た、非日常的な体験でした。100年後にも必ず読まれている作品です。当分先の話ですが、成長したら子供たちにも読ませようと単行本で買い求めました。本当に素晴らしい。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
人生とは、持って生まれた容姿や能力や性格、生まれてきた時代や国、家族や友人など回り逢う人々と、さまざまな要素に影響されるものであること。それぞれが紆余曲折ある違った道を歩むことで、与えられた時を刻んでいくものであること。そうやって少しずつ、しかし確実に時代が変化していくことを感じさせられた大作でした。

展開のある筋、さりげない内面の洞察を交えた人物描写、目の前に景色が浮かぶような風景描写、豊富な語彙、繊細な音楽の旋律のような文章、どれをとっても大満足でした。フィクションはあまり読まないほうですが、この本を読んで、「小説って面白い!」と、すぐに水村美苗さんの他の小説も読んでみたい衝動に駆られましたが、面白すぎて短期間にこの本を読むことに時間を費やしすぎてしまったので、読もうかどうか迷っています。

小説を読んでこんなに満足したのはとても久しぶりというか、初めてかもしれません。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
話の筋はたしかにメロドラマです。
美しい三姉妹、軽井沢といった、いかにもな道具だて。

だけど、巧みに伏線が仕掛けられ、読み始めたとたんその世界に引き込まれるようなストーリーの力があります。
この人独特の文章も、小説の世界観に良くあっていると思います。

日本の文豪の中にも、格調高い文章と華麗な道具だてでメロドラマを上質なエンターテイメントにした人がたくさんいますが、
面白い話を美しい文章で読む、というのは読書の最高の楽しみの一つではないでしょうか?
久しぶりに手ごたえのある小説を読んだ、と感じています。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2002/11/1
形式: 単行本
佐ä¹...é-"æ-‡å­ã•ã‚"が書いた、朝æ-¥æ-°èžã®ã€Œã€ŽåµãŒä¸˜ã€çš„大恋愛ã‚'現代に」という記事から引ç"¨ã-ます。
『嵐が丘』ã‚'思わせる大恋愛小説・・・æŒ'発的なタイトルである。・・・「本å½"のæ-‡å­¦ã‚'読ã‚"だという満足感ã‚'、読è€...がå¾-るような小説ã‚'書く」という作家の意æ°-込みが伝わってくる。・・・アメリカで大成功ã‚'おさめたç"·ã®ç§˜ã‚ã‚‰ã‚ŒãŸé
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー