中古品
¥ 50
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 小手指堂
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 1994年12月第1版第1刷。帯無し。カバーに小スレ・ヨレあり。本体の天地・小口に経年による小シミ有り。文中は経年のヤケ等は無くキレイですが、少し小角折れあり。書込み等は見当たりませんが、見落としがあった場合はご容赦下さい。アマゾン出品用の在庫ですので迅速に発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

本朝幻想文学縁起 (集英社文庫) 文庫 – 1994/12

5つ星のうち 4.0 5件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 50
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

日本の幻想文学は神話、説話に始まっていた。欧米の幻想文学に通じる著者が日本に目を転じ、1300年にわたる“オカルト文学”の意味と価値を問う。小野小町伝説、八犬伝、空海から上田秋成、安藤昌益まで、有名作品のみならず、うずもれた名作・著者にまで言及し、妖しくも恐ろしい日本文学の隠された潮流をときおこした。かつてない荒俣流『日本オカルト文学』ガイド。


登録情報

  • 文庫: 415ページ
  • 出版社: 集英社; 〔コンパクト版〕版 (1994/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4087482634
  • ISBN-13: 978-4087482638
  • 発売日: 1994/12
  • 商品パッケージの寸法: 15.4 x 10.8 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 337,467位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 mikeneko86 VINE メンバー 投稿日 2005/5/15
形式: 文庫
かつての百物語をなぞらえて100編の論、たとえば、
「戻橋」、「魔事」、「邪教」、「熊野」、「仙道」、「言霊」など
この分野(あやしいもの)に興味をお持ちの方であれば、
触手を伸ばさずにはいられない主題について次々と展開される。
改めて著者の知識量と解釈力に舌をまきます
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
本書の荒俣さんの業績は正当に評価されていないが、近代以前の日本の文学の中に幻想文学の系譜を読みとって、百物語(一話ごとに蝋燭の灯を消して、百の話を終わると怪現象が起きるという昔の余興)形式で、有名、無名の幻想文学を紹介してしている。有名な小説としては南総里見八犬伝、雨月物語といったものから、一般読者には知られていない浄瑠璃の亡者が現世に現れて、成仏できない恨みつらみのこめられた話をする形式の紹介や、江戸の戯作、空海まで、博覧強記の好奇心で一般読者に紹介している。
興味深いのは、文学の変遷の中にアニミズムに過ぎなかった神道が、仏教の出現と大衆化の力を借りて両部神道、本地垂迹と言った形で宗教の体裁をなし、吉田神道、垂加神道と歴史の経過と共に、日本古来のアイデンティティーとして形成されていく(そしてついには攘夷思想や近代日本の国体として利用されるのだが)流れが、紹介される幻想文学の中に現れている事である。
また中国から伝来した陰陽五行道の思想の象徴シンボル(陰陽、五行=木、火、土、金、水)も里見八犬伝などの小説に暗喩として意味がこめられている事が極めて興味深い。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 如是我聞 VINE メンバー 投稿日 2006/8/19
形式: 文庫
 本書はまず読者への手引きとして、荒俣氏と脇田某の対話から始められます。

 対話の間にドグラマグラの元ともなったといわれる桜姫全伝が絵入りで全文紹介されています。

 これがまず何より圧倒的です。

 それを導きの手として上田秋成や里見の世界へと読者を誘います。とくに飽きさせない!
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 志村真幸 トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2007/2/12
形式: 文庫
 1985年に工作舎から出た単行本の文庫化。存分に楽しみたいなら、単行本を入手すべき。文庫版では挿図がかなり貧弱になってしまっている。

 本書は江戸〜明治初期の日本の「幻想世界」を紹介したもの。といっても、中心となっているのは神道とか平田篤胤の話。妖怪とか怪奇を期待する読者には不向き。

 歴史上にひっそりと現れては消えていった怪しい「世界観」について、無数の文献、資料を駆使して解説してくれる。いつもながら、ものすごい知識量に圧倒された。こういうことが出来るのは、荒俣氏しかいないと思う。

 しかし、ちょっと壮大すぎて、ついていけなかった部分も。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
大好きなので買ったけど、汚かったなぁ。古本だから仕方ないけど。内容はほんといいですよ。私が好きなのは「房総幻想王国」かな。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告