中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

本日より「時間外・退職金」なし (光文社ペーパーバックス) 単行本 – 2007/2

5つ星のうち 4.6 5件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

2006年4月に施行された「改正高年齢者雇用安定法」は、企業に(1)定年引き上げ(2)継続雇用制度(3)定年制廃止のいずれかを導入するよう義務付けるものだった。その結果、年金支給の65歳以上引き上げと併せて、多くの企業で定年そのものがなくなろうとしている。そしていま進められているのが、日本経団連主導による「ホワイトカラー・エグゼンプション」white collar exemptionの導入である。これは、みなし管理職の時間外給与を廃止する制度だから、一般サラリーマンの生活を直撃する。この問題に早くから注目し、日本マクドナルドの現場を取材してきた著者が、日本のサラリーマンの近未来を描いたのが、本書である。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

田中/幾太郎
1958年、東京生まれ。埼玉大学中退。ジャーナリスト。南アルプスの山小屋番、『週刊現代』記者を経て、1990年、フリーに。外国人労働者やグローバル企業の問題を中心に取材執筆。2000年以降はマクドナルドを初め米資系企業の内幕を月刊誌等に連載(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 251ページ
  • 出版社: 光文社 (2007/02)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4334934021
  • ISBN-13: 978-4334934026
  • 発売日: 2007/02
  • 梱包サイズ: 18.8 x 12.8 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,308,213位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
日本という国を企業環境でもなく労働環境、労働時間、雇用形態で見るとこうなる。
ディズニーランドの闇を描き注目のノンフィクション屈指の書き手だが、着目するところが
感心させられた。藤田流のワンマン個人商店がダメで、アメリカ流の経営がいいかというと、
それも失敗。じゃあ戻るのか? 日本人は雇用形態をきちんと雇われる側から考え、主張することはないのか? 現実を考えるヒントをくれる。淡々としたところが凄みを感じる。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
この本を読んで、つい近所のマクドナルドに立ち寄ってメガマックを食べてしまった。普段ファストフードは食べないようにしているのだが、本書を読んでいるとなぜか無性に食べたくなった。

一つは、本書が描写する日本マクドナルド社員の厳しい労働実態が胸に迫ったせいだろうか。

もう一つは、本書が描くマクドナルド小史が非常に魅力的な点。藤田時代から今の原田時代まで、過不足なくコンパクトにまとめてあり、高速トースター「メイドフォーユー」導入時にどんな摩擦があったかとか、非常に興味深い。ね、久しぶりに食べてみたくなるでしょ?

僕が学生の頃、マクドナルドはちょっと贅沢な食べ物で、お店はどちらかというと「おしゃれ」にカウントされていたと思う。ところが今はチープでフェイクでジャンクの代表選手のような言われよう。そのうえ「店長はオーバーワークが常態」「業績回復の裏に非情な首切り、コストカット」などと言われたら、可哀想すぎる。

で、久々に食べてみたマクドナルド、初めて食べたメガマックは、なかなか美味しゅうございました。縦に大きすぎるので食べにくいけれど。

値段を考えれば、非常に高品質だと思う。コーヒーの味が業界でいちばん良いという評価もあるし、マクドナルドはそんなにジャンクな食べ物ではない。
<
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
この本にかかれている事は、すべての労働者が目を背けてはいけないものである。
あいつぐ労働法の改正で労働者にとって不利になっていってます。

いまさら終身雇用は終わりだと言われても、いまさらどうすれば、よいのでしょう?
これからの労働者は、希望もなく、ただ不安と恐怖の中で生きていくしかないのでしょうか?

このようになったのは、労働者にも問題があるのではないだろうか?
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
今日、ぶら〜と近くの書店で物色。

…で、

目に留まって買ったのがこの本。

そのまま、これまた近くのマクドナルド(!)で昼食&読書。

アメリカの連邦公正労働基準法の第13条で制定されている労働時間規制に関する“適用除外制度”を軸に、日本マクドナルドについて書かれた本です。

言うなれば、俗に言うあのホワイトカラーエグゼンプション の事です。

まだ半分しか読んでいませんが、かなり面白。

本書のintroductionにもあるように、この内容は“日本マクドナルドの出来事”では無く、間違い無く全ての企業、また従業員に波及するものです。

経営陣は勿論、従業員やアルバイトも含めて、“社会人”はまず読むべし・・・(とても読み易いです!)。

読み進むうちにマック(・・・マクド?)のハンバーガーの味が変わります。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ホワイトカラーエグゼンプション=残業代ゼロ法案として、それなりに世に伝わるようになったと思われるが、てっきりより福祉に資すると思われた「改正高年齢者雇用安定法」が退職金ゼロ法案への一里塚であったとは夢にも思いませんでした。

そしてそのように労働者をジャンクフードのように使い捨ている労働現場を既に日本で着々と現実化するフロントランナーとしてマクドで働く(いた)従業員の声を生々しく収録している本書は警句の書として「サラリーマン」必読の書であろう。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告