通常配送無料 詳細
残り19点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
本当は憲法より大切な「日米地位協定入門」 (戦後再... がカートに入りました
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ●ページは良好な状態です。●カバーなどの外観は、中古のため多少の使用感や擦れ、ヨレ、細かな傷があることがありますが、良好です。●帯あり●
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

本当は憲法より大切な「日米地位協定入門」 (戦後再発見」双書2) 単行本 – 2013/2/28

5つ星のうち 4.4 88件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 1,003

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 本当は憲法より大切な「日米地位協定入門」 (戦後再発見」双書2)
  • +
  • 戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
  • +
  • 日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか
総額: ¥4,536
ポイントの合計: 137pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

なぜ米軍は、自国ではできない危険なオスプレイの訓練を、日本では行なうことができる
のか? なぜ日米地位協定は、日本国憲法の上位法としてあつかわれているのか? 実は
基地問題だけでなく、原発事故やその再稼働問題、TPP参加問題など、現在の日本で起き
ている深刻な出来事の多くが、在日米軍がもたらす国内法の機能停止状態に起源をもって
いる。ベストセラー『戦後史の正体』に続くシリーズ第二弾は、さらなる闇に踏みこみ、「戦
後日本」最大のタブーである日米地位協定に迫る!


目次
PART1 日米地位協定Q&A(17問)

1: 日米地位協定って何ですか?
2: いつ、どのようにして結ばれたのですか?
3: 具体的に何が問題なのですか?
4: なぜ米軍ヘリの墜落現場を米兵が封鎖できるのですか? その法的根拠は何ですか?
5: 東京大学にオスプレイが墜落したら、どうなるのですか?
6: オスプレイはどこを飛ぶのですか? なぜ日本政府は危険な軍用機の飛行を拒否できないのですか?
また、どうして住宅地で危険な低空飛行訓練ができるのですか?
7: ひどい騒音であきらかな人権侵害が起きているのに、なぜ裁判所は飛行中止の判決を出さないのですか?
8: どうして米兵が犯罪をおかしても罰せられないのですか?
9: 米軍が希望すれば、日本全国どこでも基地にできるというのは本当ですか?
10: 現在の「日米地位協定」と旧安保条約時代の「日米行政協定」は、どこがちがうのですか?
11: 同じ敗戦国のドイツやイタリア、また準戦時国家である韓国などではどうなっているのですか?
12: 米軍はなぜイラクから戦後八年で撤退したのですか?
13: フィリピンが憲法改正で米軍を撤退させたというのは本当ですか?
ASEANはなぜ、米軍基地がなくても大丈夫なのですか?
14: 日米地位協定がなぜ、原発再稼働問題や検察の調書ねつ造問題と関係があるのですか?
15: 日米合同委員会って何ですか?
16: 米軍基地問題と原発問題にはどのような共通点があるのですか?
17: なぜ地位協定の問題は解決できないのですか?

PART2 「日米地位協定の考え方」とは何か

資料編 「日米地位協定」全文と解説
〇日米地位協定 〇日米安保条約(新)

内容(「BOOK」データベースより)

原発再稼働、不況下の大増税、オスプレイ強行配備、TPP参加、憲法改正…日本はなぜ、こんな国になってしまったのか?「戦後日本」最大の闇に迫る。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 397ページ
  • 出版社: 創元社; 初版 (2013/2/28)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4422300520
  • ISBN-13: 978-4422300528
  • 発売日: 2013/2/28
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 13 x 2.3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 88件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 7,808位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る


関連メディア

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 ロビン トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2015/8/3
形式: 単行本 Amazonで購入
 参議院で審理中の安保問題(ウィキリークスがアメリカが日本政府を盗聴していたことを報道し、しかも政府はさして抗議しませんでしたが、その問題も・・)、交渉が難航しているTPP問題、沖縄の基地問題、10日にも再稼働する見込みの川内原発をはじめとした原発問題・・。
 それらについて勉強し考えるために、こちらの「戦後再発見」シリーズは実に有難い存在です。一見固くて読みにくそうな本に見えますが、意外と文字は大きいですし、本書の前半、パート1の部分はQ&A方式になっているという、存外門外漢に易しい作りになっています。一人でも多くの国民に読んでもらい、問題意識を持ってもらいたいとの思いで著者の方や編集者さんが苦心されたのでしょう。
 
 このところ、大学生さんや高校生さん、ママさん方の団体が暑い中粘り強くデモなどをされていますが、わたしもいい大人なのに非力で申し訳ないという気持ちになります。随分前から言われていたことではありますけれども-ジャン・ジャック・ルソーは「代議制民主主義は選挙が終われば、国民は奴隷のようなものになる」と考えていたそうですが、SNSが発達して基本ツール化していくと、直接民主主義に近い新しい民主主義の表現が可能になるのかもしれないですね。本当に自分も頑張らなくてはいけないなと思います。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ikrou54 投稿日 2016/3/1
形式: 単行本 Amazonで購入
日本が奴隷国家であることが全部判った。
知りたい人に貸してあげている。
日本の政治家は知っているのに何もしないのか、
官僚はプライドを売り払った宦官の集まりで、
ニュースステーションで吠えた元官僚のように
日本人として、人として誇りがある人は
よってたかって潰される。
なんて国だ!(絶望感)
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
読んでびっくりです。
米軍が「日本のここに基地作りたい」と言えば、日本政府は事実上拒否できないなんて、もはや植民地に近い協定です。
沖縄はじめ多くの日本人女性が米兵にレイプされても、どうにもできないのは日米地位協定とそれにからむ密約。
おまけに、米軍関係者と称すれば、CIAなどの人たちはいつでも日本に出入りし放題。
日本の上空のかなりのスペースを米軍が事実上占領してる。

もう、ひどい、ひどすぎる協定です。

娘さんのいる方は、米軍基地の近くには住まないほうがいいです。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
本書は、「戦後再発見」双書の第2弾。
第1弾でベストセラーとなった『戦後史の正体』(孫崎享著)にも匹敵する、画期的な大力作である。
「高校生にも分かる」とのコンセプトで、こうした良質なシリーズを、世に送り出している編集者に感謝したい。

編著者の前泊博盛氏は、2011年から沖縄国際大学大学院教授。それまでは、27年間、琉球新報で記者を務めた人。
「はじめに」でも「私自身、米軍基地問題に関しては、かなり過激な取材や報道をして、ギリギリのところまで肉薄してきたつもりです」と書いているが、本書を読むと、心底納得できる。

本書でも詳細に経緯が書かれているが、前泊氏らが、外務省の機密文書「日米地位協定の考え方」をすっぱ抜き、「琉球新報」に全文掲載した下りなどには、感動と興奮を覚える。
氏が、命を張って日米の権力構造の急所を暴き出そうとの、熱意と使命感に満ちた人物であることが伝わってくる。

本書の構成は、次の通り。
「PART1」…「日米地位協定Q&A」(全17問)
「PART2」…外務省機密文書「日米地位協定の考え方」とは何か
「資料編」…「日米地位協定」全文と解説
 ※「PART1」は、前泊氏はじめ4人の執筆者が分担している。
...続きを読む ›
1 コメント 287人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
 2013年、前泊博盛氏による編著書です。

 結論から書くと、「☆5超」の名著。全国民必読です。
 「関心のある方」は、すみやかに、本書を読んでください。
 既に色々書かれているので、私は、「関心の薄い方」「読もうか迷っている方」向けに、レビューを書かせていただきます。
 少しでも関心を持っていただけたなら、じっくり本書を読んで頂きたいです。

【1: どーでもよさそうなところに、重要な内容をブチ込みます】

 関心の薄い方は、こう思ってませんか?
 「安保は重要。地位協定は、ピンと来ない、どーでもよさそう。」 

 話を変えて、「合衆国大統領」は、どうでしょう?。。。みなさん、重要人物だと思いますよね。
 「合衆国国務副長官」は、どうでしょう?。。。「ピンと来ない。」「どーでもよさそう。」と思われるのでは?
 それでは、ブッシュ政権時の国務副長官は誰でしょうか?。。。アーミテージです。(苦笑)
 ちなみに、フィリピンからの米軍撤退の際、米国代表で交渉していたのもアーミテージで、当時のポジションは国防次官補です。(苦笑)

 このように、国務副長官とか地位協定とか、一見どーでもよさそうなところに、大変重要な内容を
...続きを読む ›
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー