通常配送無料 詳細
通常1~4週間以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 Book-Talk
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 除菌クリーニング済み。水濡れ防止ビニール包装。表紙や小口に軽いスレがありますが本文に書き込みはなく状態は概ね良好。新品ではございませんので若干の経年変化はご了承くださいませ。ご注文確定日より3営業日以内(土日祝休み)に発送手配をいたします。発送完了後に追跡番号をお知らせいたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

本屋さんのダイアナ (新潮文庫) 文庫 – 2016/6/26

5つ星のうち 4.4 25件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,404 ¥ 3
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 680
¥ 680 ¥ 69
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 本屋さんのダイアナ (新潮文庫)
  • +
  • ランチのアッコちゃん (双葉文庫)
  • +
  • 嘆きの美女 (朝日文庫)
総額: ¥1,843
ポイントの合計: 43pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

私の名は、大穴(ダイアナ)。おかしな名前も、キャバクラ勤めの母が染めた金髪も、はしばみ色の瞳も大嫌い。けれど、小学三年生で出会った彩子がそのすべてを褒めてくれた――。正反対の二人だったが、共通点は本が大好きなこと。地元の公立と名門私立、中学で離れても心はひとつと信じていたのに、思いがけない別れ道が……。少女から大人に変わる十余年を描く、最強のガール・ミーツ・ガール小説。

内容(「BOOK」データベースより)

私の名は、大穴。おかしな名前も、キャバクラ勤めの母が染めた金髪も、はしばみ色の瞳も大嫌い。けれど、小学三年生で出会った彩子がそのすべてを褒めてくれた―。正反対の二人だったが、共通点は本が大好きなこと。地元の公立と名門私立、中学で離れても心はひとつと信じていたのに、思いがけない別れ道が…。少女から大人に変わる十余年を描く、最強のガール・ミーツ・ガール小説。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 386ページ
  • 出版社: 新潮社 (2016/6/26)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4101202427
  • ISBN-13: 978-4101202426
  • 発売日: 2016/6/26
  • 梱包サイズ: 15 x 10.7 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 25件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 22,286位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
優しい思いもあるが人は気持ちをくみ取れない
しかし健気に頑張る女の子の姿が良い。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
児童文学?いえいえ、元女の子も現女の子も読んで考えさせられたり涙したりうんうんわかるよとうなずいたり。意外にはまりました。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 s1369 投稿日 2015/5/2
形式: 単行本 Amazonで購入
美しい友情物語なのだろうという先入観のもと、気軽に読み進めていた。
けれど、ある時点から頁をくる指が止まった。
幾度も同じ文章を読んで、噛みしめずにはいられなかった。
最近、本を読んで泣くことは余りなくなっていた。
けれど、思わず涙がこぼれた。
この小説が描く世界は幻想なんかじゃない。
紛れもない、逃げようのない、現実そのものだ。
その現実は美しく、残酷で、でも優しい。
良書に巡りあえた。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
女性の心情の表現が大変じょうずな柚木さん。ダイアナのお母さんにはきっと何かあるな、と思わせつつその秘密が徐々に明かされるところはまるで映画のようです。ダイアナに「がんばって!大丈夫だから」と思わず声を掛けたくなります。サクサク読めて楽しい一冊でした。特に読書好きな女性におススメ。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
途中まではとても面白くて、読み終わりたくないってくらい好きでした。
それは他の方のレビューの通りです!
ダイアナの成長だけを見れば私も絶賛したのですが、彩子大学デビューがちょっと…。
彩子が被害にあったすぐ後は「後輩を自分のような目にあわせるわけにはいかない」と考えているのに、数ページ後(数年後)には多くの女子学生を同じ目にあわせ傍観していた描写があって「???」となってしまいました。
最後には1人だけ助けますけど、この性犯罪サークルへの処罰が軽すぎる。他にも訴え出た子がいるのに?首謀者、停学だけ?その他の犯罪者も内定取り消しだけ??しかも彩子、内定取り消しはちょっと可哀想みたいな雰囲気出してるし。
た、武田くん警察沙汰にしてくれ!大学、事件もみ消してんじゃん!怒れよお前ら、現実世界では同じ手口で有名大学の学生たちが逮捕されてるんだからな…ともはやお話どころではなくなってしまいました。
ダイアナは強い所も弱い所も含めて魅力的ですが、甘ったれ彩子がなあ〜。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
読書女子ってのは、それだけで物語になってしまうところがある。
だから袖木さんはズルいです。
読書男子なんて京極堂とか稗田教授位しか思い浮かばないし
怪しいニオイはするけどちっとも可愛らしくありません(笑)

大穴と書いてダイアナ。
まあね、肉子ちゃんで泣いてしまった僕ですから許容しますよ。
ダイアナと彩子の対称的ながら二人とも本好きで美人ってのも
よろしい。
二人の少女の家族も暮らし方も、
作者がわざとやらかしてるくらい類型的だけど
これは少女小説へのオマージュなのだから全然アリですよ🎵

本が好きでお互いに惹かれ合って、それぞれが自分への呪いとでも
いうような挫折を破ってゆく過程はとても美しい。
ダイアナが本屋への仕事が決まって、2chのネットグループから
卒業しようと決意するところは潔くて希望力に溢れた
一文になっている。
母親や父親や教師や店長たちも一見は好い人で、でも残念なところも
きちんと見せてヒロインたちを落胆させるが、最後にはそれらの
欠点も引っ括めて自分の大切な人なんだと肯定するところなんて
実にリアルで現実ってこんなものよ。と同意しちゃいますよ。
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
一番ああ!と思ったのは”赤毛のアン”について 変わった女の子だったアンが村の人々に違和感なく受け入れられていったのは ダイアナが親友だったから という一文でした。そしてほとんどの少女たちはアンではなくダイアナなのだと。だからみんなアンを愛するのでしょうね。
タイトルの”ダイアナ”がすとんと心に落ちました。自分自身読書に支えられてきたと思っているので本好きの主人公たちに共感を覚え あんな友達や大人がそばにいたら楽しいだろうなと少しうらやましくもありました。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
キャバクラ勤めのシングルマザーを母親に持ち、しかも名前は「大穴」と書いてダイアナと読ませるDQNネームの金髪美少女ダイアナと、大手出版社の編集者である父と料理教室を開く母を持ち、洗練されたものに囲まれて育った裕福な少女彩子のダブルヒロイン小説。
互いを羨ましく思いながらもひかれあい、しかし、わずかな誤解とすれ違い、互いの境遇の違いから疎遠になっていくもやがて紆余曲折ありながらも再び友情をはぐくむ様は「相変わらずの柚木テイスト」ではあるが、まだ見ぬ父への憧憬を抱きながら書店員となり、愛読書である児童書の作家であり今はフリーターの父と対面するものの、丘の上のジェーンのように美しい対面とはいかず、父のだらしなさと無様さに幻滅したり、その父の、クリエイターとして期待され、その期待に押しつぶされ傷つくことの独白に期待する側の読者であり書店員であるダイアナがはっとするさまは苦くもあり、現実はそんなに甘くはないことを思い知らされ、ご都合主義が鼻についた従来の柚木作品と一線を画している。
彩子は彩子で、女子大の推薦をけり、共学の大学に受かり、「悲しみよこんにちは」のセシル気取りで箱庭から飛び出そうと意気込んだ矢先の降りかかる悲劇が吐き気を催すほど生々しく、そしてそれをした男と付き合うことでその悲劇を帳消しにしようとするさまが痛々しい。それに比例して、八つ当たりのように蝶よ花よと
...続きを読む ›
コメント 58人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー