中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

本取り虫 (ちくま文庫) 文庫 – 1996/12

5つ星のうち 4.0 3件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 100 ¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

一生のうちに読める本は、そのうちわずかだと思うけれど、本を読むのをやめられない。『きんたろう』にはじまり『放浪記』『贅沢貧乏』『絶対安全剃刀』『独り居の日記』『女のフィジオロジー』…こうやって群ようこはつくられる。

内容(「MARC」データベースより)

世の中にはたくさんの本がある。一生のうちに読める本はそのうちわずかだと思うけれど、本を読むのはやめられない、という著者が、目の前にたちはだかる本の山との格闘をつづったエッセイ集。
--このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 237ページ
  • 出版社: 筑摩書房 (1996/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4480032045
  • ISBN-13: 978-4480032041
  • 発売日: 1996/12
  • 商品パッケージの寸法: 14.6 x 10.4 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,310,765位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
3
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(3)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
 表紙のコメントにひかれて読ませていただきました。群さんの人柄や趣味、幼い頃の話などが分かりました。飛びぬけて違う世界の人だと思っていた私はちょっとビックリ。でもうれしかったし、とても素敵な女性だと感じました。
 私も本はとても大好きですが近頃何を読もうかと悩んでいましたので、この本の中に書かれている約70冊の本たちはとても参考になりました。気になった本をノートに書きとめて本屋さんに行ったり、図書館で探したりととても楽しい生活をまた送ることができそうです。それに大好きな群さんも読んだ本ということでまた違った喜びも味わえますね。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
表紙のコメントにひかれて読ませていただきました。群さんの人柄や趣味、幼い頃の話などが分かりました。飛びぬけて違う世界の人だと思っていた私はちょっとビックリ。でもうれしかったし、とても素敵な女性だと感じました。
 私も本はとても大好きですが近頃何を読もうかと悩んでいましたので、この本の中に書かれている約70冊の本たちはとても参考になりました。気になった本をノートに書きとめて本屋さんに行ったり、図書館で探したりととても楽しい生活をまた送ることができそうです。それに大好きな群さんも読んだ本ということでまた違った喜びも味わえますね。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
群さんの初期の本だけれど、やっぱり相変わらず、群さんらしく、文体や内容は今でも感心します。物事を見る目が少しシビヤだけれど、群さんらしくユーモラスな表現になっています
本が好きで、毛糸が好き・・・そんな群さんに共通点を感じながら、年齢差を感じさせないのが群さんのすごいところです。
エッセイ的にたくさんの本が紹介されていますが、本が大好きだからってやっぱり興味があるの分野を読んでしまうんのは群さんも一緒?
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告