通常配送無料 詳細
残り7点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
本人伝説 (文春文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 基本的にキレイな物を出品しております。中古品の為、多少の使用感(ヤケ)のある物もございます。在庫が無い場合や、不備がございましたら返金にて対応させて頂きます。ご注文確認後、迅速に配送致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

本人伝説 (文春文庫) 文庫 – 2014/8/6

5つ星のうち 4.5 13件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,080 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 626
¥ 626 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 本人伝説 (文春文庫)
  • +
  • 本人遺産
  • +
  • ねこはい
総額: ¥2,786
ポイントの合計: 85pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

安倍晋三から、バラク・オバマ、ダライ・ラマまで…国内外のビッグの顔になりきれば、本人たちの秘められた内面も見えてくるはず!?

内容(「BOOK」データベースより)

自らの顔をキャンバスに見立て、究極の似顔絵を描いてみせる南伸坊の「本人術」。政治家では安倍晋三、バラク・オバマ、スポーツ界では浅田真央、ダルビッシュ有、さらにダライ・ラマやジョブズまで…国内外のビッグの顔になりきれば、本人たちの秘められた内面も見えてくるはず?!一目で爆笑必至のスゴ技が一挙に公開。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 281ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2014/8/6)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4167901730
  • ISBN-13: 978-4167901738
  • 発売日: 2014/8/6
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 13件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 369,926位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
 うっかり書店で手に取って、笑いをこらえきれずについ買ってしまいました。南夫妻と版元のおもうツボですね。ソフトカバーですが、単行本にしては定価をおさえていて、たぶん新書や文庫で出版しても値段はそんなに変わらないはず。写真は大きいほうがいいので、これでいいでしょう。

 かつて「オール讀物」「週刊文春」などでときどき目にしていましたが、こうして1冊にまとまると、なかなかの労作であることがわかります。
 南伸坊の〈本人術〉は、文子夫人のローテク写真術との奇蹟のコラボレーションです。なんせライティングはつねにスタンドの一灯なので、顔の陰影はシンボーさんのお顔にメイクで直接描きこむというのが、凡人には絶対にできない発想だとおもいます。

 さらに、単に似てるような似てないようなヘタウマの顔真似にとどまらず、そのまま本人になりきってコメントや対談までしてしまうところに、シンボーさんの奇才ぶりが遺憾なく発揮されています。
 中高年のかたなら、若い頃のタモリが得意としていた寺山修司や竹村健一の形態模写に相通じる諷刺とユーモアを感じとるかもしれませんね。

 私のお気に入りを列挙していくと、荒木経維、島田紳介、橋下徹、安倍晋三、白川方明(日銀総裁)、姜尚中、勝間勝代、茂木健一郎、櫻井よしこ、麻生太郎、……どれも笑えるも
...続きを読む ›
コメント 33人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
いつも行ってるカフェでうっかり読んでしまい、危うくコーヒーを吹いてしまう所でした。

笑いを堪えるのに必死でした。

どこがそんなにおかしいのかは御一読を・・・。

笑いたい方はお家に帰ってからになさった方がいいですよ
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
南伸坊、顔真似術の最新作。3冊目なのかな?
物真似される本人に対する「失礼さ」には何の遠慮も妥協も感じられず、社会として許容されるある限界を超えている。本人が見たら怒るとか笑うのではなく、「苦笑」以外のすべてのリアクションを禁じる凄みがあるのだ。

イラストレーターとしても装丁家としても、あるいはエッセイストとしてもインタビュアとしても大御所であるにもかかわらず、呆れてものも言えないとはこのことである。80年代サブカルチャーのヒーローたちが初老を迎えてやがて迷走する中で、これだけブレない姿勢は賞賛に値する。
しかも芸の完成度の素晴らしさは、他のレビュアの指摘する通りなのである。

65歳の南伸坊にはこのままサブカルチャー文化人として、行くところまで行って欲しい。中島らものように破滅もせず、ナンシー関のように惜しまれもせず、作品だけ残してそのまま野垂れ死んだら最高の人生だと思うよ。大きなお世話だが。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 南伸坊の「顔マネ」について、実は初めて知った。すでに『本人の人々』などの「顔マネ」本が出版されている事は知らなかった。荒木経惟、スティーブ・ジョブズ、ウッディ・アレン、糸井重里、吉本隆明、鶴見俊輔、福岡伸一、枝野幸男、野田佳彦、前原誠司、島田紳助、白川方明、金正男、櫻井よしこ、石川遼、ダライ・ラマ14世が秀逸である。「あぁ見たことある」、という一瞬の表情を再現している。

 「顔マネ」だけでもすごいのに、信じられないのは、文体までマネてしまう事だ。例えば吉本隆明。「あの、なんて言いますか、「笑い」ってーとあのォ、太宰治の『富岳百景』って小説に、「恋人のげらげら笑い」ってのが出てきます。/僕なんかはこの言葉を思い出すと、手をたたきたくなるほど感心しちゃうんで、……」(P.58)。池上彰のモノマネでは、「傍点」が多い。確かにそう。そうだった。「細かすぎて伝わらない」レベルに達している。

 人は、モノマネによって本物の本質に気付かされるのかもしれない。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
南 伸坊さんが本人になりきった顔写真に本人になりきった文章を載せたのもを1セットとしたものですが、とにかく笑えます。もちろん似ているものから似ていないもの、ディフォルメのキツイものからかなりその人のコアな部分を風刺してしまっているものまで、様々なレベルがあるのですが、どれも可笑しいです。基本的には文章よりも写真のインパクトが大きく、より笑えました。

著名人として顔が世にある程度でも知れ渡ってしまうことの恐ろしさを考えさせないでもないんですが、それよりも可笑しさがずっと先にきてしまいます。

この南 伸坊さんの顔真似はある意味芸の領域にまで入っている、と個人的には感じさせられました。掴み所、勘所を外さない強さがあります。もちろん全然似ていない人もいらっしゃいますし、全然興味無いから知らない、という人は似ているかどうか、というよりも勘所を外しているのか?という部分さえ不明なんですが、少なくとも、面白いことに変わりないというのが凄いです、よく知らない人なのに・・・

個人的に気に入ったのは(敬称略)、そのポーズが上手すぎるスティーブ・ジョブズ、眉と口が・・・な糸井 重里、アングルとピントのズレとさえ似させる要素になってる鶴見 俊輔(この本で1番似ていると思うし、1番笑った)、口元で勝負アリの福岡 伸一、アゴの引き具合で醸しだし
...続きを読む ›
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー