中古品
¥ 2,357
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 帯つき。コンデション(新品、ほぼ新品、非常に良い、良い、可)はAmazonのガイドラインを基準にしています。中古のため多少の汚れ、小キズなどがあります。Amazonより迅速に発送します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
9点すべてのイメージを見る

本を読むときに何が起きているのか  ことばとビジュアルの間、目と頭の間 単行本 – 2015/6/27

5つ星のうち 4.2 6件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2015/6/27
"もう一度試してください。"
¥ 2,100
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介



本を読むときに、何を見て、何を思い描いているのか?
読書における想像力の謎を、ブックデザインの名手が解き明かす、
世にも不思議な言語とビジュアルの謎解き書


高山宏(英文学者)推薦!
山本貴光(『文体の科学』著者)解説付!



本書は、アメリカの老舗出版社クノッフ(Knopf Books)で活躍するカリスマ装丁家が、人間の認識力の謎と不思議の本質に迫り、「読書すること」に光をあてビジュアルで表わした、まったく新しいアプローチで視覚文化を考える書物です。

著名な文学作品を、視覚的・現象学的な見地から、デザイン性に優れた豊富な図版とともに解読し、言語とビジュアルにまつわる秘密と、文学とデザインのめくるめく世界を表現します。

全編、ビジュアルによる意味の発見に満ちており、文学、心理学、図像学、美学、デザイン、記号論、哲学を自在に横断しながら、言語の深淵さ、デザインの面白さに触れることを試みた、「見る」「読む」「書く」「描く」ことを考えるための必読の一冊。


☆「サンフランシスコ・クロニクル」誌、老舗書評誌「カーカス(Kirkus)」において、“Best Book of the Year”を受賞!!
☆「ニューヨーク・タイムズ」「ロサンゼルス・タイムズ」「ボストン・グローブ」……数々の有力誌で絶賛された名著、堂々の日本版!!



──────
読んで知った。いとも簡単に人はそう言う。白いページの黒い文字の列が脳の内部でどうなった時にはじめて、「本が理解できた」と言えるのか。皆が知っているようで誰も知らないこの本のこの意表つく問いひとつで、いま読書論、そしてメディア論が一変する。しかもどこまでもリーダブルに、どこまでもグラフィックに! ──高山宏(英文学者)


〈本書で言及される主な作家・作品群〉
トルストイ/『アンナ・カレーニナ』/シェイクスピア/フォークナー/ヘンリー・ジェイムズ/
ハーマン・メルヴィル/『白鯨』/フローベール/ボヴァリー夫人/イタロ・カルヴィーノ/
ジェイムズ・ジョイス/『ユリシーズ』/メルロ・ポンティ/スタインベック/カフカ/『審判』/
ディケンズ/ナボコフ/ボルヘス/ウィトゲンシュタイン/ゴンブリッチ/プルースト/
ロラン・バルト/アラン・ロブ=グリエ/ドストエフスキー/ベケット/ヴァージニア・ウルフ/
『灯台へ』/チョーサー/etc...

内容(「BOOK」データベースより)

カリスマ装丁家が読書における想像力の謎に迫る、かつてない「文学×デザイン×現象学」の探究の書物。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 427ページ
  • 出版社: フィルムアート社 (2015/6/27)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4845914522
  • ISBN-13: 978-4845914524
  • 発売日: 2015/6/27
  • 梱包サイズ: 20.2 x 13.6 x 3.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 262,095位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.2
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

主に小説を読むときに、登場人物や風景がどのように読者の頭の中でイメージされていくかを分析した本です。
映画を観るように一連のストーリーおよび画像としてイメージしているとばかり思っていましたが、この本を読むと「なるほど!」連発です。
人間の認識の仕方というのはカメラと異なって非常に選択的で自分にとって必要な部分しか認識しないということがよくわかります。
本の構成、というか表現の仕方も前記のような断片的な認識の寄せ集めで総合的な物語の世界を構築していく様を表現するためびっくりするような仕掛け満載です。
面白かったです。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
ビジュアルなページを除いたなら、新書1冊にも満たない内容だ。

・・と、書くと、中身のナイ、値打ちのナイ本と思われるかもしれない。

が、そのように思う人ほど読むとイイ本かもしれない。つまり、文字が書いてあってはじめて、中身のある書籍であると、基本的に思っている人、文字が多ければ多いほど、充実した書籍であるように思っている、そういう人ほど刺激を受けるように思う。

注目(着目)すべきは、文字の多寡ではなく、「ことばとビジュアルの間、目と頭の間」に、アルことを著者は示す。

具体的には、《本を読んでいる「今・現在」を意識化し、それを言葉にしていくなら、こんなになりますよ・・》というもので、「本を読む」という行為を新鮮な目で見ることができるし、また、読む人(見る人)をひきつけて離さない文章を構築するうえでも参考になるように思う。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
ロウソクの光で浮かび上がる猫の目。気付かない人もいるかもと思われる薄っすらとした挿絵。それに気付いて「あっ」と思いました。

読書は、映画鑑賞とは異なり、頭の中に自分でイメージを作ります。著者との共同作業、要約。

文の頁と挿絵の頁とがほぼ1対1のこの本。意外とぼんやりしていて眠くなるのですが、猫の目には驚きました。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告