¥3,850
通常配送無料 詳細
残り16点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
本を弾く: 来るべき音楽のための読書ノート がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

おすすめ商品の読み込み中
お客様へのおすすめ商品

カートに追加中...

カートに追加されました

追加されませんでした

商品はお客様のカートに入っています。

カートを見る

追加されませんでした

本商品をカートに追加する際問題が発生しました。 後でもう一度試してください。
申し訳ありませんが、現在おすすめ商品を表示する際に問題が発生しています。 後でもう一度試してください。
ショッピングを続ける
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

本を弾く: 来るべき音楽のための読書ノート 単行本 – 2019/9/30


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本, 2019/9/30
¥3,850
¥3,850 ¥4,145

本まとめ買いクーポン
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


無料で使えるブックカバー
好きなデザインを選んで取り付けよう! 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

日本の現代思想「名盤」案内

余白やあいだという不在を語る、形の後ろの過ぎ去った歴史を語る……。詩人であり研究者であり、そして現代日本を代表する音楽評論家でもある著者の言葉を育んできた本の数々。1980年代から2000年代にかけての名著を再訪する、極上の読書案内。


【主要目次】
プレリュード

[ことば]
鷲田清一『「聴く」ことの力――臨床哲学試論』
西江雅之『アフリカのことば――アフリカ/言語ノート集成』
白川 静『漢字――生い立ちとその背景』
井筒俊彦『意識と本質――精神的東洋を索めて』
豊崎光一『余白とその余白または幹のない接木』
大森荘蔵『物と心』
串田孫一『随想集 光と翳の領域』

[場]
下村寅太郎『数理哲学・科学史の哲学』
磯崎 新『見立ての手法――日本的空間の読解』
観世寿夫『心より心に伝ふる花』
阿部謹也『ハーメルンの笛吹き男――伝説とその世界』
李禹煥『出会いを求めて――新しい芸術のはじまりに』
黒田美代子『商人たちの共和国――世界最古のスーク、アレッポ』
中西夏之『大括弧――緩やかにみつめるためにいつまでも佇む、装置』
志村ふくみ『一色一生』

[からだ]
三木成夫『胎児の世界――人類の生命記憶』
木村 敏『あいだ』
若桑みどり『薔薇のイコノロジー』
川瀬敏郎『花は野にあるように――「なげいれ」のすすめ』
勅使川原三郎『骨と空気』
戸井田道三『食べることの思想』
太田省吾『動詞の陰翳――演出手帖』

ポストリュード

著者について

小沼純一: 早稲田大学文学学術院教授

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 336ページ
  • 出版社: 東京大学出版会 (2019/9/30)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4130830783
  • ISBN-13: 978-4130830782
  • 発売日: 2019/9/30
  • 梱包サイズ: 18.8 x 13.4 x 3.2 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 148,518位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

まだカスタマーレビューはありません

星5つ (0%) 0%
星4つ (0%) 0%
星3つ (0%) 0%
星2つ (0%) 0%
星1つ (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう