通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
本へのとびら――岩波少年文庫を語る (岩波新書) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ★★★御覧頂き有難う御座います。書庫保管の為、状態は綺麗です。検品済みではありますが中古品ですので若干の使用感、ヤケ等が御座います。ご了承下さい。読む分には問題御座いません。尚、中古品の為、臭いに関しましては個人差により、あるものとないものが御座います。完璧な商品をお求めの場合は、新品または、ほぼ新品をお勧めさせて頂いております。当店スタッフ全員、非喫煙者で御座います。ご安心くださいませ。ご注文確認後、丁寧かつ迅速にゆうメールにて発送いたします!もし、商品ご到着後に問題が御座いましたら、評価の前にお手数では御座いますがご連絡をお願い致します。ご返品の場合で御座いますが、送料に関しましては、発送時に送料がかかってしまうため、送料のご返金は致しておりません。また、ご返品の場合は30日以内であればお受けいたします。その場合、返送料はお客様のご負担となります。メールにてご連絡を頂ければ、迅速に対応させて頂きます!
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

本へのとびら――岩波少年文庫を語る (岩波新書) 新書 – 2011/10/21

5つ星のうち 4.2 26件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書
"もう一度試してください。"
¥ 1,080
¥ 1,080 ¥ 138

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 本へのとびら――岩波少年文庫を語る (岩波新書)
  • +
  • 風の帰る場所 ナウシカから千尋までの軌跡 (文春ジブリ文庫)
  • +
  • 出発点―1979~1996
総額: ¥4,590
ポイントの合計: 140pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

「生まれてきてよかったんだ、と子どもにエールを送るのが児童文学」。自らの読書体験、挿絵の素晴らしさ、アニメと本との関わり、そして震災後の世界について──。アニメーション映画界のトップランナーとしてつねに発言を注目される著者が、お薦め岩波少年文庫50冊の紹介とともに、本への、子どもへの熱い思いを語る一冊。(カラー版)

内容(「BOOK」データベースより)

「生まれてきてよかったんだ、と子どもにエールを送るのが児童文学」。アニメーション界のトップランナーとして世界的に注目される著者が、長年親しんできた岩波少年文庫の中からお薦めの五〇冊を紹介。あわせて、自らの読書体験、児童文学の挿絵の魅力、そして震災後の世界についてなど、本への、子どもへの熱い思いを語る。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 192ページ
  • 出版社: 岩波書店 (2011/10/21)
  • ISBN-10: 4004313325
  • ISBN-13: 978-4004313328
  • 発売日: 2011/10/21
  • 梱包サイズ: 17.5 x 10.8 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 26件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 24,934位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 オーネスト. H. トップ100レビュアー 投稿日 2011/11/13
形式: 新書 Amazonで購入
宮崎駿氏が岩波少年文庫からお勧めの50冊を選び紹介。
あわせて本への、震災後の世界についてのエッセイを収録している。岩波少年文庫から多数の挿絵を収録し、アニメーターらしく挿絵についての意見を述べているが、その挿絵一つ一つが楽しく解説とあわせて読むと楽しくなってしまいます。

3.11後の世界について、「この20年間、この国では経済の話ばかりしてきました。まるではちきれそうなほど水を入れた風船のようになっていて、前にもあとにも進めない。何時破裂するのかヒヤヒヤしながら、映像やらゲームやら、健康やら、年金を心配したりして、気を散らしながら、けっきょく経済の話ばかりしてきました。」
「不安だけは着々と膨らんで、20歳の若者も60歳も区別がつかなくなりました。そして、突然歴史の歯車が動き始めたのです。生きていくのに困難な時代の幕が上がりました。破局は世界規模になっています。おそらく大量消費文明のはっきりした終りの第一段階に入ったのだと思います。風が吹き始めた時代の風とはさわやかな風ではありません。死をはらみ、毒を含む風です。人生を根こそぎにしようという風です。」と概括しています。しかし同時に、次の時代を作り、次の文化を作るのは、宮崎氏が本選びで戦っている少年たちだと、若い子供たちに強いエールを送っています。

僕は、自分の子供にど
...続きを読む ›
コメント 60人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 くにたち蟄居日記 VINE メンバー 投稿日 2011/12/23
形式: 新書
本作で紹介されたいくつかの岩波少年文庫は僕も昔に愛読した。本作を読んだことで子供時代の自分の読書経験を顧みるきっかけとなった。

 僕も本書で紹介されている「やかまし村」「海底二万里」「ムギと王様」「ドリトル先生」等は それこそ繰り返し読んだものだ。その他岩波少年文庫以外も含めて、あの頃は良く児童文学を読んだ。僕にとっての児童文学の頂点は中学三年生に読んだ「指輪物語」だが、それらの読書体験が中年になった僕にとって依然として大きな財産になっていることを本日思い知らされた思いがした。

 年を重ねるということは中々楽しい。現在の中年の僕は中学三年生の頃の僕には分からなかったことが分かるようになった。その「分かったこと」の中には「自分には出来ないことが余りにもたくさんある」というような、苦みを帯びている認識もある。「何かを得ることは同時に何かを失うことだ」ということも、人生を振り返って感じることだ。おそらく、これから老いを迎えるにあたって 更にそうであろう。
 そんな中で 説明しにくいが、児童文学にはある種の「温かみ」があり、それが現在の自分自身の心のどこかに残っているという感じだ。そうしてそんな「温かみ」は、今なお僕自身の心を温めつづけてくれている。火鉢の中の炭のように。

そんな気がしてきた。
...続きを読む ›
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
本書は「岩波少年文庫の50冊」をベースに再編しています。
この豆本は'宮崎駿が選んだ50冊の直筆推薦文展'での書籍購入特典として
いただきました。手元にあるのは第2刷2010年9月1日のものです
(初版は2010年7月15日)。左開きの横書きで、本書は右開きの縦書きです。
手書きの推薦文は「アリス」「チポリーノ」「ムギの王さま」のみ収録されていました。
その中で宮崎氏と編集部の対談で
「いやあ、こんなものを見て本を手にとろうと思うかなという、
根源的な懐疑がありますけれども(笑)。きっかけは、何でもいいんです。ー略ー」
とやや楽観的に述べています。
しかしこれは震災以前の対談ですので、ファンタジーの終焉というのは影として
感じつつ、震災後の本書にはそのことがはっきりと形をなして現れているようです。
何とも言えない気まずい空気が「本へのとびら」にはあります。

この企画と連動して復刻したのは「チボリーノの冒険」「バラとゆびわ」「ニーベルンゲンの宝」
「キュリー夫人」「銀のスケート」です。

星の王子さま/バラとゆびわ/チポリーノの冒険/ムギと王さま/三銃士/ 秘密の花園/ニーベルンゲンの宝/ シャーロック・ホウムズの冒険/ふし
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
宮崎駿監督が語る岩波少年文庫。

ジブリ作成の小冊子(非売品)「岩波少年文庫の50冊」やインタビューを元に書かれたもので、宮崎駿監督のオススメはもちろん、どんな風に児童書を読んで「自分の中に抽斗」を作っていったかなども書かれていて面白い。

石井桃子さんや中川李枝子さんのすごさとか、「風が吹き始めた時代」という感覚とか、「児童文学はやり直しがきく話である」なんていう監督のものの見方も垣間見れて、なるほど~と思ったり。

もちろん、今回初めて知った(そして読みたくなった)本もいっぱいあるのだけど、私も読んだことのある本(「君たちはどう生きるか」とか)や挿絵の魅力が紹介されていると、「そうそう!」と一気に親近感。

きっと、まだ知らない世界への入口の一冊がみつかる本。ちなみに、今回私が読んでみたいと思ったのは、チポリーノの冒険です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー