この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

本の雑誌 311号 単行本(ソフトカバー) – 2009/4/9


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
¥ 3,561 ¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

4月といえば入学式に入社式、桜とともに気分一新、本の雑誌も新規一転! というわけでリニューアル第2号の特集は「2009年、私の仕事(予)!」。本誌が気になる作家たちに、今年これからの出版予定と執筆予定、おまけに近況を聞いたアンケート特集だ。碧野圭から小川洋子に川上弘美、長嶋有に村上春樹、そして吉村萬壱まで、五十音順で総勢68人の今年度の予定がひと目でわかる21ページ。さあ、年末までの読書計画はこれで万全。全国1千万読書人よ、まずは春の陽気に誘われるままに本を買いまくろう!

新刊めったくたガイドは三橋曉がインド発の現代版「罪と罰」のユーモラスかつ迫真の面白さを堪能すれば、山崎まどかは『エル・スール』で「父の娘」としての少女の痛ましさを実感。大森望が絶品揃いの本邦初チェス小説アンソロジーに太鼓判を打てば、宇田川拓也は待望最新作『疑心』で登場したカタブツ竜崎の最強の敵にびっくり!? アライユキコがディテール満載『派遣ちゃん』に圧倒されたかと思うと、金子のぶおはアメリカの不思議に迫る根掘り葉堀りの手作り文化考察論に納得。そして北上次郎は北方節全開の超任侠小説的ドラマにどっぷり! さあ、花見のお供はインドかチェスか任侠か、まずは読んでくれぃ!

そして今月から謎の文学賞記者日記がスタート。文学賞のパーティにこの人あり!と知られる某評論家が料理から選評までを報告するのだ。第1回は芥川・直木賞と徳間文芸三賞の巻。ローストビーフに注目だあ。さらにミッキー嫌いの高野秀行のディズニーランド探検記を巻頭に一挙掲載! 本にも活字にもまったく関係ないが、ワンカップを持ち込むドキドキの潜入ルポだ。読み逃すな。もちろん先月の約束どおり一カ月熟成した読者アンケート「私の偏愛雑誌!」もあれば、オビスピエールのオビミシュランもますます日本語がこなれて絶好調。「野宿野郎」編集長かとうちあきも秘密情報Xとともに登場だ。原稿到着順「今月書いた人」の最初とラストは、さあ、誰か!? 桜は散っても本誌は満開。今月も面白さてんこ盛りで、いざ、出陣なのだあ!


登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 127ページ
  • 出版社: 本の雑誌社 (2009/4/9)
  • ISBN-10: 4860111737
  • ISBN-13: 978-4860111731
  • 発売日: 2009/4/9
  • 梱包サイズ: 20.8 x 14.6 x 0.8 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 2,624,313位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
他のお客様にも意見を伝えましょう
同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。blackmagic