通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
本で床は抜けるのか がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 初版。帯付き。若干の使用感はありますが、中古品として概ね良好なコンディションです。コンディションガイドラインに沿って販売、比較的状態の良いものを選んで販売しております(書き込み・マーカーの無い状態)が、中古品の為若干の使用感や傷みがある場合がございます。万が一品質に不備があった場合には返金対応。消毒後に防水シートまたは保護シートに包んだ後、梱包して発送いたします。付録や付属品につきましては明記のないものは原則として付属しません。この商品は(神代本舗発送代行)により年中無休で毎日発送されます。神代本舗が発送する商品は地域の障害者活動支援センターで1点ずつ丁寧に梱包して発送いたします。どうぞよろしくお願いいたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

本で床は抜けるのか 単行本(ソフトカバー) – 2015/3/5

5つ星のうち 3.7 15件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 528

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 本で床は抜けるのか
  • +
  • 書庫を建てる: 1万冊の本を収める狭小住宅プロジェクト
  • +
  • 蔵書の苦しみ (光文社新書)
総額: ¥4,622
ポイントの合計: 140pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



『君の名は。』、星野源『いのちの車窓から』、『ダンジョン飯』ほか、
KADOKAWA全品10%ポイント還元中。この機会をお見逃しなく! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

WEBマガジン「マガジン航」で連載開始するや驚異的なアクセス数を獲得、読書家の間で大きな話題を呼んだ連載『本で床は抜けるのか』が単行本に!

「大量の蔵書をどう処分するか」という問題に直面した作家が、同じ問題をかかえた著名人をたずね、それぞれの具体的な対処法を紹介するノンフィクションです。

2012年、著者が仕事場として都内の木造アパートを借りるところから話ははじまります。狭いアパートの床にうず積み上げられた本、本、本。「こんなに部屋中本だらけだと、そのうち床が抜けてしまうのでは?」と不安におそわれた著者は、最良の解決策をもとめて取材を開始。蔵書をまとめて処分した人、蔵書を電子化した人、私設図書館を作った人、大きな書庫を作った人等々。

これらに加えて、「東日本大震災と本棚」「自炊(電子化)代行は違法なのか」など、近年話題となったトピックにもふれ、さまざまな角度から「モノとしての本」をめぐる問題にアプローチします。

「蔵書と仕事」「蔵書と家族」という悩みは、世間の愛書家、読書家にとってもけっして人ごとではないはず。はたして著者は蔵書をどう処分するのか? アパートの床は抜けずにすんだのか?

*目次

はじめに
1 本で床が埋まる
2 床が抜けてしまった人たちを探しにいく
3 本で埋め尽くされた書斎をどうするか
4 地震が起こると本は凶器になってしまうのか
5 持ち主を亡くした本はどこへ行くのか
6 自炊をめぐる逡巡
7 マンガの「館」を訪ねる[前編]
8 マンガの「館」を訪ねる[後編]
9 本を書くたびに増殖する資料の本をどうするか
10 電子化された本棚を訪ねて
11 なぜ人は書庫を作ってまで本を持ちたがるのか
12 床が抜けそうにない「自分だけの部屋」
おわりに
参考文献


登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 256ページ
  • 出版社: 本の雑誌社 (2015/3/5)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4860112679
  • ISBN-13: 978-4860112677
  • 発売日: 2015/3/5
  • 商品パッケージの寸法: 1.5 x 2 x 12.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 15件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 258,535位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
web連載の書籍化。著者の思いが詰まった本書は、「これ以上本が増えたら床が抜けてしまうのでは?」という本好きには常につきまとう悩みに、正面から取り組んでいる。私自身、気に入っていた古本屋が床が抜けて閉店になったことがあったが、あれだけ紙が詰まり重量が半端でない塊で床が抜けない方がおかしいと、当時も思っていた。著者と同じく、自分自身も家族に本の処理について、無言のプレッシャーを感じながらの生活だったりして、子どもの成長に合わせてあと何年現状を維持できるかと冷や冷やしたりする。電子化した方がいいんだろうなと、本以外の大量の書類を眺めた時、そんな時間があればとついつい読書に充ててしまうのが難。本棚が崩壊することだけは何とか防ぎながら、買う本と処分する本のバランスが、それはそれは難しい。私は読んでいなかったが、web版にはもう少し写真での説明があったよう。カラーとは言わないまでも、あと数点の写真が欲しかったと考えるのは欲張りか。逆に写真での説明がない方が、想像力で膨らんで、さらに崩れそうなイメージを増大させていて、それはそれで良かったのかも。
著者の新境地とも言える本書が、再出発になることを願います。
コメント 34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
著者の西牟田氏は、日本の国境などについて調べて書いているノンフィクション作家であることは以前から知っていた。
今回は、自分の仕事のために増えていった蔵書の重みで床がぬけるかもしれない、と考え、大量の蔵書の扱いについて調べる旅に出て得た作品である。
本を巡るニュースについては、昨年に比べて、本が売れない、全国の書店の数が減った、等に関するものばかりであり、蔵書については、学者、評論家、ノンフィクション作家等の著名人の方の書斎について書かれた本はあっても、蔵書の重みで床が抜ける事について調べた本は今まで皆無だったのではないだろうか。
大量の蔵書が本書のメインであるが、その蔵書を持つ(持っていた)人達とその家族とのエピソードがとても興味深い話だった。井上ひさし、草森紳一、植草甚一、松原隆一郎等々。
決して、著名人の方ばかりの話を聞いているばかりではない。作家・翻訳家の田中真知さんの父親の蔵書を処分する話もかなり身に染みる話である。
大量の蔵書の中で亡くなっていた草森紳一の話、その蔵書数、蔵書の中身を読んで、さらに、それらの蔵書を溜め込んでいるだけではなく、実際に書き込みをして、活用していたことを知り、驚かされた。
とにかく、本を買ったり、読んだりすることが好きで、整理が苦手な人間(私自身のことである)にはとっておきの読み物と言え
...続きを読む ›
コメント 40人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 TOSHI!! トップ500レビュアー 投稿日 2015/5/7
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
私自身、某大な書籍の山に悩む者ですので、感情移入しつつ読めました。

実際に本で床が抜けたハナシ、保管の工夫等、非常に具体的で面白かったです。
先行レビュアーの、恋愛太郎さんの疑問「何故本を買い続けるのかに答えていない」はその通り。
ただ、例えばネットサーフォンにハマる人と同様、『情報や好奇心への回答や、小説を読むとき
の高揚感への渇望』ということではないでしょうか。

今、私自身も3-4トンの書籍に悩まされていますが、具体的には以下のような対応です。

1)ハードカバーの本は、文庫版が出た時点で買いかえる。
2)電子書籍版が出たものは、そちらに移行する(特にビジネス書)
3)江戸期の和とじのもののあるので自炊は一切しない。
4)不動産屋曰く、床強度自体はRC構造マンションならあまり心配しなくていいが、地震対策は
  シッカリと。

今計画中なのは、床一面に農作業コンテナを敷き詰め、その中に格納すること。床が30センチほど
高くなりますが、コスパが良く通風や除湿を考えれば床一面が書庫になるので、段差部分にスロープ
をつければ壁面には画集とかインテリア風のもののみを配置できます。また、コンテナ下部に通風性
...続きを読む ›
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
実はこの春私は、本で床は抜けてはいないが、大量の本の引越しと、整理に頭を悩まし、実は未だに約9割整理に手をつけていないという問題を抱えていて、床抜け問題もまだこれからということで、この本を読んで「他人の不幸」を愉しみながら、「ひとごとじゃない、他人事じゃない」と呟いていた。

たいへん参考になる所、多々。蔵書2000冊あまりで床抜けの危機は、私の蔵書とそう変わりなく、しかし安普請の木造アパートじゃないからまだ大丈夫だろう。とか、でも真ん中に本を置いた方が安心かな、とか。

蔵書家(というほど私は大した者じゃないが)の悩みを、草森紳一、立花隆、井上ひさし、内澤旬子、田中真知、大野更紗、内記稔夫、松原隆一郎その他いろんな人の本棚をノンフィクション作家らしく、こつこつ事実を集めて、幸か不幸か最後は自分の不幸話で綺麗にまとめた。

彼が妻との別居のために必要に迫られて本を処分する過程が、実は1番参考になった。今年の春、途中でめんどくさくなって解体業者に手渡して、更地になるまで見ることもしなかったあの日々を思い出した。それでも手元に残った約2000冊〜3000冊の本の行方を如何にす可きか。もっと必要に迫られたならば、著者のように業者に電子化させるという方法もあるかもしれない。ところが、彼は1130冊を電子化して14万6380円もかか
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


関連商品を探す