通常配送無料 詳細
残り11点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
未来を変える80人 僕らが出会った社会起業家 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感があります。他は問題ありません。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

未来を変える80人 僕らが出会った社会起業家 単行本(ソフトカバー) – 2006/9/21

5つ星のうち 4.1 19件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 40

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 未来を変える80人 僕らが出会った社会起業家
  • +
  • チェンジメーカー~社会起業家が世の中を変える
  • +
  • 社会起業家スタートブック――自分と社会を活かす仕事
総額: ¥5,076
ポイントの合計: 153pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazonランキング大賞 2016上半期】入賞発表!
和書総合は『おやすみ、ロジャー 魔法のぐっすり絵本』 が堂々の1位。 和書総合ランキングへ

商品の説明

内容紹介

2006年ノーベル平和賞受賞、ムハマド・ユヌス(グラミン銀行総
裁)らとの出会い!
読めば読むほど希望がわいてくる!

フランスの若者ふたりが、世界を旅して出会った社会起業家80人の仕事ぶりを紹
介するエッセイ風ビジネスノンフィクション。
登場するのは、マイクロクレジットの提唱者ムハマド・ユヌス、
スローフード運動の創始者カルロ・ペトリーニ、社会起業家の父
ビル・ドレイトンといった革命的な偉業を遂げた著名人をはじめ、フェアトレー
ドビジネス、環境重視のホテル経営、環境重視の洗剤メーカーなど、貧困の解消
から環境保護まで様々な社会問題の解決に挑み、サステナビリティ(持続可能性)
を追求する各国の起業家たち。「21世紀型ビジネスは、利益追求と社会貢献を同
時に追求することである」という熱いメッセージが全編にあふれ、魅力的な起業
家たちの独創的で革新的なビジネスモデルと生きざまは、驚きと静かな感動、そ
して未来への希望を与えてくれます。

内容(「BOOK」データベースより)

ただのおカネ儲けより、ずっと楽しい仕事がここにある!社会貢献しながら、しっかり稼ぐ現代のヒーロー、ヒロインたちに出会う素晴らしき世界一周の旅。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 304ページ
  • 出版社: 日経BP社 (2006/9/21)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4822245314
  • ISBN-13: 978-4822245313
  • 発売日: 2006/9/21
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 19件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 31,938位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
途上国の人々を貧困から救うには、国際機関やNGOで活動するしかない!

今の環境破壊を食い止めるためには、消費を減らすしかない!

そんな風に今まで思っていた方なら、きっとこの本を読んで「良かった」と思えるはずです。

私は元々ボランティア活動や国際協力に関心を持っていましたが、政治的な要素の強い政府や国際機関による開発援助の仕方に疑問をもった矢先にこの本に出会って、思わず手に取りました。

貧しさ故にお金を借りられず、数千円で始められるような商売ができない人がいるのなら、そんな人たちのための融資の仕組みを作ればいいじゃないか。

世の中にどうしてもプラスチックがないと生活が成り立たないのなら、土に返れるプラスチックを作ればいいじゃないか。

科学洗剤を使えば使うほど水を汚すのなら、使った洗剤を100%回収して、捨てずにリサイクルすればいいじゃないか。

一つの問題に対しての解決法は一つじゃない。

そんなことに気づかせてくれる一冊だと思います。

社会に貢献したい人のみならず、これから起業を考える人にも是非読んで頂きたい一冊です。

ただし、一つだけ欠点があります。
...続きを読む ›
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
自分が買い与えてでも人に読んで欲しい本がある。この本はまさにそのレベルだった。

基本的には、社会的問題を独立採算の事業形式で解決しようとする社会起業家の紹介録。
紹介される起業家なかには原発嫌いなど、政治的に偏った主張をする人もいる。
事業モデルの解説が不十分なところもたくさんある。
これは事業にではなく個人に焦点が当てられているため。
あくまでも著者らのエッセイであることを前提に読みすすめるべきだろう。

評価理由は基本コンセプトが素晴らしいということにつきる。
"Think globally, act localy"というような、個人として社会にどう向き合うかの
ヒントが多く詰まっている。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
世界中の社会企業家80人を、筆者二人がインタビューした内容を紹介している本です。
なんとなく「社会に何か還元しないとバチがあたるんじゃないだろうか」という思いをもっている私には、幾つかの示唆が得られる内容でした。
※ただ、一人一人に関する記述は限られているので、もう少し詳しく知りたいな、と思う感も。まぁ興味を持ったものは各自調べればすみますが。
印象的だったのは、取り上げられている企業や団体は、ほぼほぼ独立体として収益をあげていること。
<以下、本書p16より>
利益が出ている企業もあるが、利益だけが彼らの起業目的じゃない。企業にとって採算性を追求するのは、人間が呼吸するのと同じことだ。
「生きるためには呼吸することが必要だが、人間は呼吸するために生きているわけではない」
特に上記括弧書きの文章は、ボク自身のモヤモヤとした霧をはらしてくれました。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
440日、38カ国を巡る旅で出会った80人の社会起業家のインタビューが日程順に紹介されています。

80人の起業家を実質本文項260ページで紹介するとなると、1人あたり平均3ページちょっとになり、言葉は悪いですが、何か中学生の社会見学後の作文を読んでいるような感じで、個々の起業家の掘り下げ方にやや不満(星2つ)を感じました。

が、彼らの着眼点や出版に至るまでの全ての過程、行動は高く評価されると思いますし、私たちがこれからの社会を考えるうえで、社会起業家とその活動を知る入り口として、本書に登場する人物、キーワードやビジネスモデルは大変に参考になる(星5つ)と思います。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
 社会を変革する起業を行うにあたり「倫理」面で際立つ人達へのインタビュー集だ。

 まず難点から言うと 流石に80名もの方を302ページの本で紹介するのには無理がある。各人の仕事が余りにジャンルが多岐にわたっている中で 掘り下げが浅い点は否めない。各人の仕事には 光だけではなく影をあるはずだが 掘り下げが薄い分 どうしても「光」に焦点があっていすぎる。従い正直読んでいて 「本当だろうか?」と思った箇所は幾つかあった。

 次に良い点。上記と逆だが 80名もの方を出してきたという点は評価出来る。僕らも一人や二人の「英雄」なら 信じられる一方「なかなか同じ事をやるのは大変だな」と思ってしまう。しかし80名もの「英雄」を出されると「僕らにも何か小さいことがやれるかもしれない」と思わせるものがある。そうして それが本書の最大の徳なのだと思う。

 80名の方には「光」と「影」があろう。大事なことは その「影」をきちんと踏まえた上で「光」を見ることだと思う。

 きっと何人かは 富や名誉を追求した結果「善を成している」のかもしれない。そもそも著者達もそうかもしれない。
 但し それはそれで良いのである。その結果が善ければ。
 そもそも人間には動機が必要であり その動機が少々不純でも結果を正しく
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック