Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 1,188

¥ 324の割引 (21%)

ポイント : 88pt (7%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[竹内一正]の未来を変える天才経営者 イーロン・マスクの野望
Kindle App Ad

未来を変える天才経営者 イーロン・マスクの野望 Kindle版

5つ星のうち 3.9 35件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 1,188
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,511 ¥ 145

商品の説明

内容紹介

スティーブ・ジョブズを超える、いま全米一有名な男。スタンフォード大を2日で辞めてペイパルを興し170億円を得て、ロケット会社(スペースX)、EV会社(テスラモータース)を立ち上げ、民間初の宇宙ロケットで国際宇宙ステーションドッキングに成功。世界最速のスーパーカーも発売。太陽光発電、EV自動車で環境を守り、宇宙ロケットで人類を火星に送り込む……。彼は稀代のホラ吹きか、未来への先導者か!?

内容(「BOOK」データベースより)

スタンフォード大を2日で辞めてペイパルを興して資金を得、ポルシェより速い電気自動車をつくり、民間で初めて国際宇宙ステーションドッキングに成功。電気自動車、太陽光発電で環境を守り、宇宙ロケットで火星を目指す。今世紀、世界No.1「発明家」。この男が未来への先導者だ!

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 4019 KB
  • 紙の本の長さ: 91 ページ
  • 出版社: 朝日新聞出版 (2013/12/30)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00I5FWAO6
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 35件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 76,896位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
めまいがするほどの高い理想と夢。それを今、追っている人間がいるというだけでも面白い!将来的な結果はともかく、彼の人となりを同時代の人間としてみることができるのは本当におもしろい!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
○「イーロン・マスク」ってどんな人?という概要がサクッと知りたいのなら読む価値あり
○基本、いろんな資料を寄せ集めたものをダイジェストで送ってるので手軽。ページも200強ですぐ終わる。
×起業家として勉強しようと思うには物足りない
×インタビューしたりしてないし、実物と会ったことはなさそう〈そういう描写は出てこない〉のでリアリティはない
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
彼のバックグラウンドが知りたくて購入しましたが、つっこみがなくおもしろくない。雑誌やネットの記事を寄せ集めて、彼の事業のところだけを取り上げて本に。偉大なElon Muskさんに失礼って感じです。
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
絶賛されているレビューに関しては読後、違和感を覚えました。
イーロン・マスクの生い立ちや半生を綴った本ですが、やってきたことに関して詳細にはまったく書かれていません。
また、想像で書かれた点もあり、そういう点に関しては非常に残念でした。
テスラ・モーターズに関して「ジョブズがあと2年長生きしていたらきっと買ったにちがいない」というような記述があり、目次にも「ジョブズも欲しかったクルマ」と言い切っているが、完全に想像だ。それを見出しで「欲しかった」と断言しているのもどうなのかと。。。
本を購入する際に目次をさっとみて本の概要を掴んで買うこともあるというのに、その見出しが適当な内容では困る。
特にテスラ・モーターズのジョブズに関する話がひどすぎるます。
せめて、元同僚や一緒に起業した仲間達に取材して、ネットの検索結果では知り得ないような内容を読みたかったです。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
 アメリカのシリコンヴァレーから多くの若者がヴェンチャー企業の立ち上げに成功し、またその中の多くがナスダック市場への株式上場も果たしてきた。イーロン・マスクもその一人だった。彼の上場企業もコンピューターソフトの会社だった。上場後、彼の会社はネットオークション大手のeBayに買収され、イーロンは180億円の巨財を若くして手に入れる。その後も彼は設立に関わった企業の売却によって資産を膨張させ続けた。まるで「わらしべ長者」のようだった。

 しかし彼は普通の長者伝説の主人公とはまるで違った人間だった。わらしべ長者の物語は主人公が大金持ちになったところで、めでたしめでたしとして終了するのだが、イーロンは手にした巨額資金を宇宙ロケットの開発に投じ最終的には人類の火星移住を実現したいという途轍もなく大きな野望を抱いているのだった。彼の野望はこれまではNASAをはじめとする国家規模でのみ計画されたような壮大なものであり無論常識では考えられない。しかし、これまでの人類の歴史は非常識の偉人が常識を破り新しい道を切り開いてきた過去を我々に示している。イーロンは人類の歴史に名を残すことになるのかもしれない、そういう人間なのだ。

 僕はこの本を読むまで、イーロン・マスクとは電気自動車専業のヴェンチャー テスラ・モーターズを起業し、この会社を電気自動車の企業としては
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
読みにくいし、文章がつまらない
箇条書きで内容を羅列してくれた方がはるかにマシというレベル

「わかりやすく紹介していく」という文章があるが
著者のセンスのない比喩と面白みの無い表現力でイーロンマスクという人物に余計なフィルターがかかってしまっている

日経のまねごとなのかな?
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
「もし、イーロンが金儲けを目的にロケット開発をしていたら、ファルコンは飛び上がれなかっただろう。そもそも、リスクの高過ぎるロケット事業などに手を染めることはなかったはずだ。カネをためるのはなるほど難しいが、もっと難しいのは、ためたカネをどう使うかの方である」
スケールが違う。南アフリカからアメリカへ移住し、起業したソフト制作会社はコンパックに買取られ約22億円を得る。その資金で決済サービス会社を作るとその会社もペイパルに買取られ約170億円を得る。この時点で悠々自適の生活を考えそうなものだが新たに電気自動車とロケットビジネスを起業って。。。間違いなく彼は金持ちなのだが、彼の目的はそこに無く、目的はその金を使っての「地球規模での人間生活の向上」にある。金はその目的実現のための手段なのだ。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover