未来を写した子どもたち(特別版) [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ご覧いただきありがとうございます。【ポストカードブック(帯付き)・外函付きです】正規版です。ポストカードブックカバーは使用感少なく良好な状態です。外函ベロに折れがあります。盤面に薄いキズがありますが再生に影響はありません。ケースに微スレがありますが良好な状態でございます。通常配送無料。こちらの商品はAmazonから直接発送されますので、「お急ぎ便」・「当日お急ぎ便」・代引・コンビニ・ATM・ネットバンキング・Edy払いもご利用になれます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

未来を写した子どもたち(特別版) [DVD]

5つ星のうち 4.9 7件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 5,980 通常配送無料 詳細
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、Rise Familyが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:3¥ 5,980より 中古品の出品:5¥ 3,247より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • 注記:Amazon.co.jpが販売・発送する一部の商品は、お一人様あたりのご注文数量を限定させていただいております。お一人様あたりのご注文上限数量を超えるご注文(同一のお名前及びご住所で複数のアカウントを作成・使用されてご注文された場合を含みます。)その他Amazon.co.jpにおいて不正なご注文とみなす場合には、予告なくご注文をキャンセルさせていただくことがあります。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 監督: ロス・カウフマン, ザナ・ブリスキ
  • 形式: Color, Dolby, Subtitled, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: アットエンタテインメント
  • 発売日 2009/07/03
  • 時間: 85 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9 7件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0029AJPBE
  • JAN: 4529264135229
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 144,934位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

インド・カルカッタの売春窟に生まれついた子どもたち。
彼らは外の世界を知らず、夢を持つ事も許されない。
ある日、子どもたちはカメラと出会い、自分たちに無限の未来と希望がある事を知る。


■第77回アカデミー賞®長編ドキュメンタリー賞受賞作品

■文部科学省 特別選定(青年向き、成人向き、家庭向き)、選定(少年向き)


【封入特典】
子どもたちが撮影した写真20枚組のポストカードブック

【映像特典】
・3年後の再会映像(約8分)
・来日時監督&アヴィジット インタビュー映像(約20分)


※セルDVD収益のうち、通常版1枚につき100円、特別版1枚につき200円が〈KIDS WITH CAMERA〉を通して子どもたちに還元されます。

〈KIDS WITH CAMERA〉
2002年に本作の監督であるザナ・ブリスキが、カルカッタの子どもたちと同様にカメラを教えることを通して、社会から置き去りにされた世界中の子どもたちを援助するために設立した子ども支援基金。

内容(「Oricon」データベースより)

売春窟の子どもたちに、その過酷な境遇から抜け出すチャンスを与えようと奔走するザナ・ブリスキの姿を追った衝撃と感動のドキュメンタリー。第77回アカデミー賞最優秀ドキュメンタリー賞受賞作品。

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
「子どもは泣くのも仕事」、なんてことも言うけど、やっぱり子どもは笑っているのが一番いい。このドキュメンタリーに登場する子どもたちは、みな悲惨で壮絶な境遇にあったが、そんな中でも観る側にとって救いとなるのは、この子たちの笑顔、そして瞳の輝きだ。もちろんそれは、この子たちに写真を撮ることを教えたザナ・ブリスキさんがもたらしたものなのだが、やはりそれだけでなく、この子たちは―少なくとも友達といっしょにいる間は―最高に楽しくて幸せだったと思うし、たとえそういう強い意識はなかったとしても「自分たちは“チーム”として最高だ!」という思いは、きっと頭のどこかにあったことだろう。
思い出してみてほしい。あなたにもきっと、そんな子ども時代の一時期があったはずだ。オレの場合それは、小4の一年間にほぼ限定されるが、確かにたとえ豊かでなくとも、あの頃は本当に楽しかったし、毎日がキラキラしていた。「学校に行くのが楽しい」なんて、あの頃だけだったし。
そういった、懐かしくて甘ずっぱい想いがよみがえってきて、とても「遠い国の、自分には無関係なお話」とは思えず、オレはあの子たちに激しく感情移入しながらこのドキュメンタリーを観ていた。従って冷静な評価は困難であり、この作品にというよりも、ザナさんと子どもたち、そしてザナさんと共に腰を据えて撮り続けたロス・カウフマン監督に☆5つをさしあげたいと思う
...続きを読む ›
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
沢山の映画を見ていて感じていたことだが、如何なる場所においても、如何なる時でも、子供たちは輝いてる。インドにおけるこの世にある煉獄の如き場所、「シティーオブゴッド」とは違う形の地獄、もうこの世のズンドコのような場所でも、子供たちは輝く瞳を持っている。それにしても「コーチカーター」でも言われていることだが、駄目な環境から救ってあげない限り未来はない。さらに、社会やシステムによる病理のなんという醜悪な事だろうか。子供たちという希望の大切さを、スーパーモデルなんかより遥かに煌めく美しさを心から痛感させられた。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
Amazonで購入
DVDを数カ月前に購入して、ようやく見ることができた。

すごいよかったです。インド・カルカッタの売春窟で暮らす子どもたちに、
NYからきて売春窟の女性たちの写真を撮ってる女性カメラマン・ザナが
カメラを持たせて写真を教えるという物語。

ザナはなんとか彼らを悲惨な境遇から救い出そうと、彼らの写真をマスコミで
取り上げてもらったり、NYの画廊で写真展を開いて収益を上げたりするのだが。

エンディングはちょっと苦い。彼女の奮闘は奮闘として、彼らの置かれた宿命的な
境遇は、なかなかぶち壊すことはそう簡単にはできないわけで。

でもそれはわかってる。だからこの映画がダメだとか、ザナの努力はまったく無駄だとか
そういうふうには思わない。

彼らがカメラをもってパチパチ写真を撮ってる姿が本当に魅力的。みんなで海を
見に行ったり、動物園に行ったり。

いまからみたら、安いフィルムのコンパクトカメラなんだけど。けどそんなことは
おかまいなく、彼らは純粋に写真を撮ることを全身で楽しんでる。

写真を撮る楽しさを忘れかけたら、また彼らに会いに来よう、と思った。

特典映像の「3年後再会映像」はまだ見てない。あとのお楽しみにしておこうと思う。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
Amazonで購入
コルタカ(カルカッタ)に11年前に旅行した時、インド人にタイトルの言葉で誘われました。
そう、売春宿のお誘いです。
残念ながら、興味が無かったので誘いは、断りました。

映画での子供達の写真は、必見です。
そして、写真家の女性の「なんとか、子供達を救いたい」という気持ちが
ひしひしと伝わります。

世の中は、不条理なこともありますが、この映画は、けして暗い映画ではありません。

ぜひ、ご覧になって下さい。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告

同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。fate フィギュア