通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
未来をつくる図書館―ニューヨークからの報告― (岩... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 ココの家
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーに使用感(ヨレ、スレ傷等)あり。中身は書き込み、ヨレ、汚れない状態です。万が一購読等に支障をきたすようなことがありました場合、アマゾンの規定に従いカスタマーサポートを通して適宜誠実に対応させていただきます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

未来をつくる図書館―ニューヨークからの報告― (岩波新書) 新書 – 2003/9/20

5つ星のうち 4.3 25件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書
"もう一度試してください。"
¥ 842
¥ 821 ¥ 25

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 未来をつくる図書館―ニューヨークからの報告― (岩波新書)
  • +
  • つながる図書館: コミュニティの核をめざす試み (ちくま新書)
  • +
  • 理想の図書館とは何か: 知の公共性をめぐって
総額: ¥4,384
ポイントの合計: 133pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

もし図書館がなかったら今の自分はなかった….ビジネス支援,舞台芸術資料の収集など特徴あるニューヨーク公共図書館.その根幹にある姿勢は,ITを活用した情報整理・発信,地域密着の運営,独自のイベント活動などに現れている.個人の力を伸ばし,社会を活性化させる「市民の情報インフラ」とは何か,貴重な示唆に満ちた報告.

出版社からのコメント

本書は、「図書館」という身近なテーマを通して、「情報」とは市民社会にとって何かを考えさせてくれる1冊です。

ニューヨーク公共図書館(組織図別掲)の多彩な実践は、それ自体が魅力的で、「え、これが図書館?!」というところもありますが、日本の現状との違いを強調しているだけの本ではありません。現代において、情報をどう活用するのか、そのための基盤はどのように作られていっているのか。図書館がそうであるように、本書が、多くのヒントを見つけていただけるものになれば幸いです。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 230ページ
  • 出版社: 岩波書店 (2003/9/20)
  • ISBN-10: 4004308372
  • ISBN-13: 978-4004308379
  • 発売日: 2003/9/20
  • 商品パッケージの寸法: 17.5 x 11 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 25件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 189,830位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書 Amazonで購入
図書館という存在なるものについて一から考えるいいチャンスをこの本が提供してくれていると言えます。実は、G7各国との比較において、日本は図書館後進国(最下位)なのだそうだ。日本の公共図書館は、無料で借りられる貸し本屋と揶揄されているのです。昨今、知識社会・知識経済と言われる世界において、このような状況は日本国いや日本人にどのような未来をもたらすことになるのでしょうか。
「ニューヨーク公共図書館」は、日本の公共図書館から連想するイメージとは、はるかにかけ離れており、民主主義の国アメリカとの歴然とした差を改めて感じさせます。その凄いところは以下の通りです。
① ニューヨーク公共図書館はNPOが運営、明確な目的があり、あるべき姿を追求
② 民主主義のベースとなる情報拠点:情報公開・共有・偏りのない情報収集
③ 偏りのない公平な歴史の記録を残すという徹底したアーカイブ(保存)としての機能
④ 4つの研究図書館と85の分館から構成:規模の凄さと高い専門性、科学産業ビジネス図書館なるものも存在
⑤ 3700人というスタッフ、司書の高い専門性(目利き)による資料の選択・収集・保管、電子情報の活用、高度な検索システム
⑥ 市民への情報リテラシー教育サービス・無料ビジネスコンサルタントサービス
⑦ 市民のコミュニケーション
...続きを読む ›
コメント 35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
現在までのところ、菅谷明子は単著として『メディア・リテラシー』(2000年)と『未来をつくる図書館』(2003年)の2冊(共に岩波新書)を出している。

菅谷は、初の単著である『メディア・リテラシー』ではイギリス・カナダ・アメリカでのメディア・リテラシー教育を取り上げ、『未来をつくる図書館』ではニューヨーク公共図書館を取り上げた。共に海外での取材によって書かれたものだが、その方向性としては、日本において影響を波及させることが目指されている。 どちらの本も、菅谷自身が学習したことを基に書かれたものであり、読者に対して教育的な働きかけを行うものだ。素晴らしいことに、彼女にあっては学習と教育とが循環的に結びついている。つまり、菅谷明子は、学習して、教育する。

かつてヴィクター・パパネックは学習と教育について次のように書いた。「学習することは自らを変えてゆくことなのである。教育とは、環境が学習者を変え、学習者が環境を変えてゆく、その過程なのである。いいかえれば、両者は相互作用の関係にある」(『生きのびるためのデザイン』阿部公正訳、晶文社)。菅谷によるこれら2冊の本には、パパネックが述べた学習と教育との相互作用が見事に示されているように思う。

『メディア・リテラシー』の核心は、その理論的背景に照準を当てて「メディア・リテラシー」
...続きを読む ›
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
よく図書館を利用しますが、あるときふと「今後の図書館の理想像はどのようなものか」を考えた。
世の中が知識・情報化社会が中心となっていく一方、疲弊する地方経済が抜け出すには、市民一人ひとりの知的財産の積上げが不可欠であるが、その中で図書館が担うべき役割は何か。いろいろ考察してみたが、たいしたアイデアも浮かばず途方に暮れる中で本書に出会い、目から鱗が落ちる想いだった。

感銘を受けたのは、「無名の市民の潜在能力に賭け、それに対して惜しみない援助を与える前向きな姿勢と懐の深さは、アメリカの繁栄を支える大きな柱である。その中で図書館は、単に本を無料で貸し出す場ではなく、市民一人ひとりが持つ潜在能力を引き出し、社会を活性化させる極めて重要なインフラである。」
つまり、「根底には個人が力をつけることが、やがては社会全体を潤すことにつながる」という考えが根付いており、そのためのインフラ造りには投資を惜しまないという哲学である。

公立図書館の充実は、「(1)組織の後ろ盾を持たない市民の調査能力を高める、(2)新規事業の誕生を促し、経済活動を活性化させる、(3)文化・芸術関連の新たな才能を育てる、(4)多様な観点から物事を考え、新たな価値を生み出す、(5)コンピュータを使いこなす能力をはじめ、市民の情報活用能力を強化する」ということ。
...続きを読む ›
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2004/1/20
形式: 新書
これは前から思っていたことが書かれた一冊だと思った。海外に住んでいた事もあり、日本の図書館(県立、市立)がいかに遅れているかということを示すとともに、日本にももっと図書館の充実がいかに大切であるかを考えさせられる一冊である。これは図書館にだけでなく、つまり民間が知的財産における投資が足りないということを考えさせる一冊ではないだろうか。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック