この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

未来の奇妙な動物大図鑑 単行本 – 2015/1/23

5つ星のうち 3.7 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2015/1/23
"もう一度試してください。"
¥ 1,314
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

大人も子どもも楽しめる、大人気イラスト図鑑ウェブサイト『古世界の住人』の「未来動物」にフィーチャーした一冊が初めて登場!
異常気象や地形の変化により、生態系はどのように変化するのか。
イラストレーターであり、古生物研究家でもある著者が、“リアルすぎるイラスト"と“説得力ある説明文"で楽しく予言します。
奇妙さにギョッとするも良し、可愛さを愛でるも良し。現代では想像できない、未来の動物の姿とはいかに…。

内容(「BOOK」データベースより)

500万年後、1億年後、2億年後…これが未来に生きる動物たちの姿!!オールカラー110種徹底予測。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 159ページ
  • 出版社: 宝島社 (2015/1/23)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4800236657
  • ISBN-13: 978-4800236654
  • 発売日: 2015/1/23
  • 梱包サイズ: 25.4 x 18 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 525,527位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

いや、あかんでしょ。コレ。

かの有名な古生物学者ドゥーガル・ディクソンの名著「フューチャー・イズ・ワイルド」の焼き直し・・・と言うかまんまパクリです。
中身の構成もほぼ一緒。
出てくる生物も名前を変えただけってのがウジャウジャ。
オリジナルの生物も本家の様な緻密な考証がなされてないからかまるでアニメかゲームのキャラクターみたい。
こーゆー遊びは科学的なリアリティーを大事にしてこそだと思うから残念な事この上ない。

まあ、参考文献に真っ先にドゥーガル・ディクソン氏の著作を上げてるのが唯一の救い。

本家ドゥーガロイドファンの人達は笑って許せない内容なので、手にする事はおすすめしません。
本家に思い入れの無い人、あるいはおおらかな気持ちで受け止められる人だけどうぞ。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ぷりっつ 投稿日 2015/2/11
くだらなすぎて面白い!でもそれなりの根拠を持って想像されたものもいます。あー、そうかもなぁ。とかも思います。でも、ヒヨコっぽい未来の生き物のネタは完全に冗談で作ったとしか思えないww 一億年後の途方もない未来の地球を生きるであろう生物の想像図鑑です。
イラストもイイです。私は好きです。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
アフターマン・新恐竜・マンアフターマン・フューチャ-イズワイルドいずれも好きですが、この本ではフューチャ-イズワイルドのように軟体動物の頭足類が支配的な動物になっています。それ以外に貝類が地上走行するなど面白かったです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告