通常配送無料 詳細
残り8点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
未来の働き方を考えよう 人生は二回、生きられる がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 志士丸堂
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品、帯付です。Amazonガイドラインに則しています。若干の使用感(シミや汚れ、開き癖、数ページ程度の書き込みや折れ、背表紙や天地小口に若干のヤケや傷)がある場合があります。ご愛読頂くには問題ありませんがコレクターの方や美品をお求めの方はご遠慮ください。 午前中に注文確定されると翌日までに、午後に注文確定しますと翌々日までに発送します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

未来の働き方を考えよう 人生は二回、生きられる 単行本 – 2013/6/12

5つ星のうち 3.8 90件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,404
¥ 1,403 ¥ 153
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 702 ¥ 61
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 未来の働き方を考えよう 人生は二回、生きられる
  • +
  • 自分のアタマで考えよう
  • +
  • マーケット感覚を身につけよう---「これから何が売れるのか?」わかる人になる5つの方法
総額: ¥4,536
ポイントの合計: 138pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

IT化やグローバリゼーション、人生の長期化により、私たちの社会は、今、猛スピードで変化しています。
これからの10年を、楽しくワクワク生き抜くためには、私たちに必要なものはいったい何なのでしょうか? 働き方はどう変化し、私たちはどのように対応すべきなのでしょう?
月間200万PVを誇る人気ブロガーのちきりん氏が、これから起こりうる変化を読み解き、未来の働き方を提案します。

〈序章〉 ”働き方本”ブームが示すモノ
〈第一章〉現状維持の先にある未来
〈第二章〉世界を変える3つの革命的変化
〈第三章〉新しい働き方を模索する若者たち
〈第四章〉「ふたつの人生を生きる」
〈第五章〉求められる発想の転換
〈終章〉 オリジナル人生を設計するために

内容(「BOOK」データベースより)

変化を恐れて過去にしがみつくのではなく、変化を前向きに受けとめ、新しい時代の可能性を楽しもうとする姿勢が、時代の変わり目には重要です。社会が激変する次の10年を楽しくワクワク生き抜くために!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 223ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2013/6/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4163764100
  • ISBN-13: 978-4163764108
  • 発売日: 2013/6/12
  • 梱包サイズ: 18.6 x 13.4 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 90件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 9,248位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
未来の働き方、っていうと、最近話題なのは「LIFE SHIFT」だけど、こっちの方がもっと読みやすいので、おすすめです!
今、いろいろなところで社会の変化を感じるけど、いまだに私たちの仕事に対する考え方はあんまり変わってなくて、でも親のいうこととか聞いて働いてると、なんか息苦しくって、辛くなってくる。
その理由がこの本を読んでわかった。息苦しいのは当たり前だって思えた。だって今、親世代の生き方ってできなくなってるんだもん。それをはっきり自覚させてくれたことに感謝したい。
もし同じように感じている人がいたら、一度読んでみることを勧めます!
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
今、産業革命に匹敵する程の変化が世界中で起こっています。

少し前まで畑を耕していた層がスマホを持ち、
世界最先端の知に簡単に触れる事ができます。

少し前まで日本、北米、西欧だけが豊かな国でしたが、
それも昔の話、中国、インドをはじめとした新興国が急速に経済発展を遂げ、
日本と遜色ない暮らしが世界中でできるようになってきています。

そんなダイナミックな変化が起こっている現在、
本当に必要なのは過去に貯めた資産(ストック)ではなく
世の中の変化に対応できる能力(フロー)が重要になってくる。

これからは会社にしがみついて給料を貰うのではなく、
個人で、自分の力で市場からお金をもぎ取る能力が必要になってくるのかもしれません。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
説明もわかりやすく、ライフシフトより親近感をもってよむことができる本です。著者が作成した図やグラフも未来の統計w考えるヒントになりました。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
人生は2回生きられるというのは、今の時代の趨勢から言ってもポジティブに受け止められるべきだと思う。いろいろ反論はあるだろうが、分岐点に差し掛かっている年代には一考の余地があり、また、真摯に向き合うべきテーマだ。なによりも最後に書かれている、未来のことを考えるのが楽しい、わくわくするといった感覚が大事で、それをできる現実的なスキルはある程度の貯蓄術、支出コントロール、常に考えるといった日々の習慣である。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
今後の働き方に悩んでいたところ、
著書に出会うことができました。

著書は、産業革命に匹敵する世界レベルで
おきつつある変化や今後の働き方に対して
の考え方の方向性を示していただいていま
す。

著書の中で述べられている「ストック型」
から「フロー型」にしてゆく事の提言等
大変勇気が沸きました。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
今後、社会に出て、就職した初めての仕事が、生涯にわたって、できない中で
どこかで、人生をかなりのリスクとエネルギーをもってかえていかないと残念な事に
幸せな人生を過ごすことがかなり困難な社会になってきました。
その中で、自分らしさを考えた人生を送るにはどうすれば良いかを考える
良い機会になりました。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
漠然と感じる先の不安に「まず、人生がこの先10年しかないと考えてみよう。そうすると今が今のままでいいのか見えてくるのでは」と仮設定するリードが何かをわかり易くしている。

うまく人を「考えさせる」良書。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
長寿になり、年金支給開始年齢が遅くなったことと、大企業だから一生安泰だという時代も終わったことから、50年間働かざるを得ない人生において転職などの働き方を変える必要性は一段と高まったといえます。ただ、どのタイミングでスイッチするかによって人生が大きく変わることから、定年になる60代ではなく、足腰がしっかりしている40代でスイッチするというのは大いに理解できる。ただ最初の転職は大きな決断が必要なことから、ある程度の準備期間を用意したほうが良いだろう。著者の様にすべての人がうまくいくわけではないが、自分で納得できる人生を選択する時代だという点は間違いない。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
語り口がソフトなので沿う思わず読み始めたが、
いわゆる「自己啓発本の一亜流」であった。
著者の来し方行く末を記し、その生き方を売る本である。

納得するところもあったので★は3つである。

人は働くことに比重を置き過ぎだ。と僕は思う。
・食うために働こうとする。
その次に問題が持ち上がる。
・どうせ食うためなら好きな仕事にしようと思う。
・いや、どうせ食うためだから嫌いでも安定した仕事にしようと思う。
・食うために働こうと思ったけれど仕事がない。
・働くのはくだらないと思う。

スタートの時点でこれだけ違いがあれば、そのあとは自分が決めるしかないはずである。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー