通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
未払い残業代請求にはこう対応する がカートに入りました
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【帯なし】◆簡易クリーニング済み。アマゾン倉庫から迅速発送◆中古品としての使用感はありますが、概ね良好な状態です。★ここに特に記載の無い特典・付録は付きません。★十分な検品をして出品しておりますが、もし商品の状態がアマゾンのコンディションガイドラインと異なる場合は、評価前にご連絡いただければ返金保証しております。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

未払い残業代請求にはこう対応する 単行本(ソフトカバー) – 2010/7/13

5つ星のうち 3.7 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 490

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 未払い残業代請求にはこう対応する
  • +
  • 改訂版 残業代請求訴訟 反論パターンと法的リスク回避策
  • +
  • 未払い残業代請求 法律実務マニュアル
総額: ¥7,128
ポイントの合計: 182pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



2017年本屋大賞は『蜜蜂と遠雷』に
大賞は『蜜蜂と遠雷』恩田陸!2位は『みかづき』森絵都、3位『罪の声』塩田武士 …>> 作品一覧はこちら

商品の説明

内容紹介

“サービス残業”や“名ばかり管理職”などにともなって発生する「未払い残業代」。労働者・退職者からの告発や訴訟提起で多額の追加賃金を支払うケースが後を絶ちませんが、弁護士や司法書士がこれをビジネスとしてやり始めたため、さらに急増することになります。これまで関係ないと思っていた会社も他人事ではありません。
本書は、弁護士を通した請求や労基署の是正勧告がどのように行なわれるのかから、その対処法や割増賃金等についての労基法のルール、トラブルを未然に防ぐ法、労働審判、訴訟になったときの対応のしかたまで、知っておかなければならない知識とノウハウを網羅。経営者はもちろん、人事・労務・総務の担当者、必携の1冊です。

内容(「BOOK」データベースより)

本書は、弁護士からの請求や労基署の調査がやってきたときの対処法や労働時間、割増賃金についての労基法のルールから、トラブルを未然に防ぐ方法、労働審判、訴訟になってしまったときの対応のしかたまで、会社として知っておかなければならない知識とノウハウを網羅。経営者はもちろん、人事・労務・総務の担当者必携の1冊。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 160ページ
  • 出版社: アニモ出版 (2010/7/13)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4897951097
  • ISBN-13: 978-4897951096
  • 発売日: 2010/7/13
  • 商品パッケージの寸法: 21.2 x 14.8 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 246,562位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
千葉県の中小企業経営者です。
恥ずかしながら労働問題で元従業員から損害賠償請求をされてしまいました。
労働法上の問題があったことは私の責任ですが・・・
実は、この本の著者(弁護士のほう)の方が残業代請求の企業側につく有能な方と聞いて、本も買ってみました。

しかし、こうした状況で本書を手に取られる方も多いと思うのですが、この本の第6章は「実際に未払い残業代を請求されたときの対処法」
そうした私のような者が一番読みたいと思う章です。

しかし・・・・

その最終項目にあるのは・・・・

「10 対策を考えるよりも何より事前の予防を」って。。(^。^;

しかも、その項目を実際に読んでみると、弁護士先生曰く
「事前の準備をせずに残業代を請求された場合は、窮地に陥るのが必至、それを打開する秘策はありません」

なんと、断言されちゃいました。

もちろん、労働法もちゃんと守らずにこのような状況になった私も悪いです。
しかし、であれば、「実際に未払い残業代を請求されたときの対処法」なんて、まるでそんな対処法があるかと思わせるような記載は止めてほしいです。
それで結局「ありません」って。。

大丈夫かな。。って思ってしまいます。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
 確かに、
未払い残業代の請求というのは、請求する側からすれば、とりっぱくれがないのかもしれない。

 以前なら、そんなことすれば、社内で同僚からもいやがらせをうけそうなものだが。
 いまや、同僚や元社員も含めての集団訴訟のリスクが増大している。
 そこに弁護士がつけば、会社の売上金など簡単に差し押さえられてしまう。

 労働法は、とってつけたような条文が多く、その全容を理解するのは素人には難しいと思う。
 この本は、残業代に絞り込んで、今後の訴訟同行、基本論点、トピックを抽出してくれている。

 弁護士相談に行く前後に読むと経営者・総務担当者として間違いなく成長するだろう。
 人を雇うなら、必読の一冊。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
未払い残業代がなぜ問題になるのか。結構自分の会社は大丈夫と思っている方多いですよね!
労働時間の考え方とか、給与計算のやり方って「今までのやり方」を踏襲していく会社がほとんどだと思います。

でもその考え方ややり方って本当に適法なの?正しいの?って検証しないできているケースって多いものです。
(実際に自分も総務担当の時がそうでした。先輩の言うことはすべて正しいと思ってましたから。。)

このやり方でいいのかな?とちょっとでも不安を持っている経営者や担当者は是非すぐにご購読をお薦めします。

この本を読んで「うちは完璧!」と言える会社どんなにあるんだろうって、読み進めていくうちに手が震えて
きますよ。

社会保険労務士と弁護士の先生の共著なので、その予防、対策とコンプライアンス、事後対策との側面でフォロー
しているからとっても理解しやすいです。

すべての企業の経営者と人事労務担当者の方は必読ですよ!
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告