未成年 DVD-BOX がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

未成年 DVD-BOX

5つ星のうち 4.7 25件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 24,624
価格: ¥ 19,046 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 5,578 (23%)
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:7¥ 19,046より 中古品の出品:12¥ 10,743より コレクター商品の出品:1¥ 15,400より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 未成年 DVD-BOX
  • +
  • 人間・失格-たとえばぼくが死んだら- DVD-BOX
総額: ¥38,092
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: いしだ壱成, 香取慎吾, 反町隆史, 河合我聞, 北原雅樹
  • 形式: Color, Dolby
  • 言語: 日本語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.33:1
  • ディスク枚数: 4
  • 販売元: TBS
  • 発売日 2003/06/26
  • 時間: 507 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 25件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00007K4RJ
  • JAN: 4947127523073
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 58,504位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

《放送日》 1995年10月~12月(連続ドラマ)
《脚本》 野島伸司
《出演》 いしだ壱成 香取慎吾 反町隆史 河相我聞 北原雅樹 朝岡実嶺 浜崎あゆみ 遠野凪子 桜井幸子
《最高視聴率》 23.2%

Amazonレビュー

   1995年の夏の東京を舞台にした、野島伸司脚本の青春群像劇。大学ラグビーの花形である兄と何かと比較され、家庭内に居所がなく、将来のこともわからない高校三年生の戸川博人(いしだ壱成)。アルバイト先で偶然出会った女子大生・新村萌香(桜井幸子)のことが気になり始めるが、兄が交際相手として家に連れてきたのは、その萌香本人だった。
   博人を中心に、知的障害者の仁(香取慎吾)、優等生の勤(河相我聞)、博人の幼なじみの順平(北原雅樹)、そして暴力団末端構成員の五郎(反町隆史)の5人の、漠然とした不安感と息苦しさを抱えながらも生きる姿を、カーペンターズの名曲の数々をBGMに描く。かつては無限に続くかに思えた時間が、限りあるものであることを認識せざるを得ない、青春ならではの展開が切ない。(田中 元)

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
リアルタイムで観ていました。
野島伸司作品ではこれが一番好きです。

 5人の役柄がピッタリはまっていました。

 いしだ壱成さんは『聖者の行進』も良かったですがやはり『未成年』のヒロが忘れられません。
 演技の上手さにはしびれます!

 反町隆史さんの五郎、自然で危なくてもろくてとてもチャーミングでした。
 

 そして、香取慎吾さんのデク…体は大きいけれど心はとても美しく優しい。
 この演技には、本当に泣かされた。
 最後の方では、デクが映るだけで泣けてしまった。

 この萌香は桜井幸子さんだから、すんなり受け入れられた気がします。

 そして、ありさ役の朝岡実嶺さんが本当に本当に素晴らしかった!

 観ていて辛くなるシーンもたくさんありますが、デクの髪の毛を洗ってあげるヒロ、みんなの頭をよしよしするデク…見ているとほんわかします。

 香取慎吾さんが左手で描いたというみんなの絵が泣かせる。

 みんなで笑顔でワイワイしているシーンは本当にキラキラしています。

 私にとっては、いつまでも心に残るドラマです。

 

 

 
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
様々な葛藤や気持ち感情が切なく胸を打つ
何度もナンドモ観て泣いて、それでもまた観てしまう。
汚いモノへの反抗、誰もが感じる境目、戸惑い、それらを見事に描き羨ましいほどに青春を謳歌
特にいしだ壱成は本当に素晴らしい。
青春と共にあったドラマだけに想い入れも強く、現在まで未成年を超えるドラマとは出逢えていない。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
物語は全体的に悲愴であるにも関わらず、見終わった後は何故か清々しい気分になれる。

その理由はやはり主人公たちが自分なりの青春を、思いっきり謳歌しているからだろう。

誰にでも、あの時こうしておけば、という後悔は少なからず持っている。

この作品ではそれをこれでもかと見せてくれる。

一見気の合わなさそうな人と楽しい時間を過ごせる喜び。どんなに思考や歩んできた道が違っても互いを認め合う心。すごく惹かれた。
1 コメント 57人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
権力者、政治家 =汚い、と

世の中に蔓延する不条理に「なってねえんだ!」と、蹴りをいれる気質が90年代の野島ドラマだったと思うが…。

おそらくこの頃は多くの人が「悪は許さん!」という気持ちでいたはずなのだ。

何故今は「悪いことを悪い!」と言える筋がほとんどなくなってしまったのだろうか?

今のほうが、この頃よりはるかに不条理が蔓延してる気がするのだが…。

そして今のほうがはるかにこういう作品が必要な気がするのだが…。
コメント 34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 simple77 投稿日 2010/12/24
放送当時私は小学生で、父が見てるそばでなんとなく見ていましたが全然理解できませんでした。
25歳になった今、改めて見て衝撃を受けました。
昔のドラマはこんなに素晴らしいのかと。

確かにそれはないでしょうというシチュエーションもあります。(少年たちの顔が思いっきり全国放送されたり、いきなり仲間が狂ったり)
今のドラマでは絶対見られない映像も多いです。(性的な描写や暴力シーン)

でもだからこそリアルだし、未成年たちの心の叫びがストレートに描かれています。
不器用ながらもまっすぐに熱く真剣に、友情や愛情を育む彼らの姿を見て、大人でも何かを感じるはずです。

役者をはじめ作り手の皆さんの思いがこもっているし、カーペンターズの歌がドラマにとても合っています。

こんなに心に響き、涙したドラマは近年ありません。
難しいでしょうが、また未成年のような作品が作られる日がくることを願います。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 OT 投稿日 2013/1/6
いしだ壱成が凶悪犯としてマスコミに写真入りで報道されるシーンがカットになっているのが残念。
野島も今では旬を過ぎた感じがあるがこの作品と「聖者の行進」は素晴らしいと思う。

後半のマスコミと機動隊に追われる展開は全共闘世代の挫折を美しく描いた夢物語。
屈折した葛藤を演じきった壱成は俳優として将来を嘱望されたにもかかわらずその後自分でぶち壊してしまった。
しかし、それでも記憶に残る名作である。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー