未成年 DVD-BOX がカートに入りました
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
中古品: 良い | 詳細
発売元 steali
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【レンタル落ち中古DVD4巻セット】正常再生保障!第1話~最終話まで収録。レンタル使用済につきディスクやジャケットにラベルや若干の痛みがある場合があります。ディスクはトールケース(通常のDVD用プラケース)にジャケットと共に入っています。レンタル仕様につき特典DISKや特典映像、特典グッズや冊子がない場合があります。盤面クリーニング済です。外装BOXケース(外箱)はありません。発送はAmazon.co.jp配送センターから、商品は外から見えないよう厳重に梱包してお届けします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

未成年 DVD-BOX

5つ星のうち 4.7 24件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 24,624
価格: ¥ 19,046 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 5,578 (23%)
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:7¥ 19,046より 中古品の出品:16¥ 9,480より
ディーン・フジオカx清野菜名『はぴまり〜Happy Marriage!?〜』
互いの利益のために契約結婚した御曹司と借金苦のOLが真の「夫婦」になるまでを描いたラブストーリー『はぴまり』がAmazonオリジナルドラマでスタート。毎週水曜新エピソード更新。 今すぐチェック

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 出張買取では買取額UP、8/31まで実施中 今すぐチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • 未成年 DVD-BOX
  • +
  • 高校教師 DVD BOX
総額: ¥34,750
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: いしだ壱成, 香取慎吾, 反町隆史, 河合我聞, 北原雅樹
  • 形式: Color, Dolby
  • 言語: 日本語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.33:1
  • ディスク枚数: 4
  • 販売元: TBS
  • 発売日 2003/06/26
  • 時間: 507 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 24件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00007K4RJ
  • EAN: 4947127523073
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 32,963位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

《放送日》 1995年10月~12月(連続ドラマ)
《脚本》 野島伸司
《出演》 いしだ壱成 香取慎吾 反町隆史 河相我聞 北原雅樹 朝岡実嶺 浜崎あゆみ 遠野凪子 桜井幸子
《最高視聴率》 23.2%

Amazonレビュー

   1995年の夏の東京を舞台にした、野島伸司脚本の青春群像劇。大学ラグビーの花形である兄と何かと比較され、家庭内に居所がなく、将来のこともわからない高校三年生の戸川博人(いしだ壱成)。アルバイト先で偶然出会った女子大生・新村萌香(桜井幸子)のことが気になり始めるが、兄が交際相手として家に連れてきたのは、その萌香本人だった。
   博人を中心に、知的障害者の仁(香取慎吾)、優等生の勤(河相我聞)、博人の幼なじみの順平(北原雅樹)、そして暴力団末端構成員の五郎(反町隆史)の5人の、漠然とした不安感と息苦しさを抱えながらも生きる姿を、カーペンターズの名曲の数々をBGMに描く。かつては無限に続くかに思えた時間が、限りあるものであることを認識せざるを得ない、青春ならではの展開が切ない。(田中 元)

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

物語は全体的に悲愴であるにも関わらず、見終わった後は何故か清々しい気分になれる。

その理由はやはり主人公たちが自分なりの青春を、思いっきり謳歌しているからだろう。

誰にでも、あの時こうしておけば、という後悔は少なからず持っている。

この作品ではそれをこれでもかと見せてくれる。

一見気の合わなさそうな人と楽しい時間を過ごせる喜び。どんなに思考や歩んできた道が違っても互いを認め合う心。すごく惹かれた。
1 コメント 57人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
野島伸司脚本の一作。当時、リアルすぎるほどの描写で社会現象を巻き起こしたほどの作品。なんというか、毎回毎回鳥肌が立つ。「一つ屋根の下」ほどの笑いがあるわけではなく、「聖者の行進」並みの重苦しさがある。色々な悩みを抱える若者たちの高校生生活を、リアルにそして灰色に描いている。野球の試合でのエラーのシーン、「お前なんてダチじゃねえよ!」のセリフ、いつまでも心に残っている。最近のチャラチャラしたドラマにはない、強烈なメッセージを持っている作品。お勧め
コメント 64人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2003/10/10
私が 初めてこの作品を観たのは、1995年のテレビ放映でした。
あれから何度か再放送で観ましたが、観る度に胸に響く作品です。
未成年である彼らの心の叫びはもちろん、未成年と大人の中間に立つ萌香(桜井幸子)の心の内が
痛いほど伝わってくる、永遠の名作です。
未成年の方はもちろん、大人の方にも是非観て頂きたい作品です。
コメント 46人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
自分にとって、これほど心を動かされたドラマは後にも先にもこの作品だけだろうと思う。
いろんな場面で泣かされました。
各出演者がそれぞれいい味を出していますが、その中でも香取慎吾の演技がすごく良かったです。
あの役を演じきるのはなかなか難しいと思うけど、それを見事に演じ切った彼は賞賛に値すると思います。
終わりに流れる主題歌のカーペンターズの「青春の輝き」も、すごくこの作品とマッチしていたと思う。
コメント 40人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
私が中2の時のドラマです。リアルタイムで毎週録画していたテープを、26才になった今までもう数え切れないくらい見ました。おかげで擦り切れて見れなくなり購入を決意。若者グループの感動の青春ドラマなんていくらでもあります。でもこれは、本当に本当の人間のにおいを感じる、息の根に届くようなすごい作品です。激しくて脆く、強くて儚い。痛くて優しくてあたたかい。私は一生、この作品をそばに置いておきたい。いしだ壱成さん、桜井幸子さん、香取慎吾さんがすごい演技をされるのですが、当時はまだ無名や駆け出しで演技力が未熟だったはずの他のキャストも、この作品に関しては文句なしの演技です。それを引き出した演出側の素晴らしさも感じます。
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
権力者、政治家 =汚い、と

世の中に蔓延する不条理に「なってねえんだ!」と、蹴りをいれる気質が90年代の野島ドラマだったと思うが…。

おそらくこの頃は多くの人が「悪は許さん!」という気持ちでいたはずなのだ。

何故今は「悪いことを悪い!」と言える筋がほとんどなくなってしまったのだろうか?

今のほうが、この頃よりはるかに不条理が蔓延してる気がするのだが…。

そして今のほうがはるかにこういう作品が必要な気がするのだが…。
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
未成年の放送当時、自分も高校生だったから
このドラマを見ると当時に戻ったような気がするし
ヒロの思いもわかります。

とても難しい年齢のころで、もちろん恋にも関心があるし
その一方で進路に迷い、将来の不安さから
不安定な気持ちを常に抱えていた事を思い出します。
仲間意識もありました。
このドラマは自分にとってタイムマシーンのようです。
もっと言うなら、このドラマを見ると当時に帰っている自分がそこにいます。
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 OT 投稿日 2013/1/6
いしだ壱成が凶悪犯としてマスコミに写真入りで報道されるシーンがカットになっているのが残念。
野島も今では旬を過ぎた感じがあるがこの作品と「聖者の行進」は素晴らしいと思う。

後半のマスコミと機動隊に追われる展開は全共闘世代の挫折を美しく描いた夢物語。
屈折した葛藤を演じきった壱成は俳優として将来を嘱望されたにもかかわらずその後自分でぶち壊してしまった。
しかし、それでも記憶に残る名作である。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック