通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
未完結の問い がカートに入りました
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 折れあり。 中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。商品はアマゾン倉庫内にある為、商品に関する個別のお問合せにはお答えできません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせます)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

未完結の問い 単行本 – 2007/3

5つ星のうち 3.5 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,808
¥ 2,808 ¥ 726

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

『神聖喜劇』の作家、<わが文学と世界観>を初めて語りつく
す!

出版社からのコメント

大西巨人が、初めて存分に「わが文学と世界観」を語りつくした
待望の書、ついに刊行! 気鋭の批評家、鎌田哲哉を聞き手に、
自らの文学的信条、愛する作家・芸術家たち、中野重治・花田清輝ら
同時代文学者たちへの鋭利な考察と回想、この国の変わらぬ課題と
展望を、縦横に論じる。これは88歳の現役作家が贈る、最高の
「文学入門」の書である。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 253ページ
  • 出版社: 作品社 (2007/03)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4861821134
  • ISBN-13: 978-4861821134
  • 発売日: 2007/03
  • 商品パッケージの寸法: 19.4 x 14.6 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 897,185位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 1984 投稿日 2014/6/4
形式: 単行本 Amazonで購入
鎌田の大西への媚が少々あざといが、それでも必読であることに変わりは無い。
合掌。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2007/8/20
形式: 単行本
これは本文の随所でも後書きでも自省しているが、聞き手=鎌田哲哉の自慢話の書き散らしか、そうでないとしたら巨人の胸を借りて、自分の論敵をくさす本なのではないか。
かなり大西の核に肉薄しているだけに、その点があいにく汚点となっている。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック