通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
未到 奇跡の一年 (ベスト新書) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
中古品: ほぼ新品 | 詳細
コンディション: 中古品: ほぼ新品
コメント: Amazonアウトレットは、Amazon.com グループの一部ですので、Amazon.co.jpが発送やカスタマーサービス業務を行います。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

未到 奇跡の一年 (ベスト新書) 新書 – 2016/6/9

5つ星のうち 4.7 14件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書, 2016/6/9
"もう一度試してください。"
¥ 842
¥ 842 ¥ 1
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 未到 奇跡の一年 (ベスト新書)
  • +
  • 鈍足バンザイ!  僕は足が遅かったからこそ、今がある。
総額: ¥2,246
ポイントの合計: 69pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

プレミアリーグ優勝。
レスター躍進を支えながらも葛藤し、
考え続けた岡崎慎司が綴る「奇跡の一年」の真実

「世紀の番狂わせ」「サッカー史上最大のサプライズ」……
さまざまに形容されるプレミアリーグ・レスターシティのリーグ制覇。
「降格候補」だったチームはいかにして歴史的快挙を達成させたのか。
ラニエリ監督のチーム掌握術、ヴァーディ・マフレズのすごさ、ウジョア、インレルらチームを支えたメンバーたち、
そして岡崎慎司がレスターにもたらしたもの。
「憧れの地だった」と語るプレミアリーグ1年目、
その戦いを岡崎慎司の視点で書き下ろす、渾身の一冊。

プレミアリーグ優勝を成し遂げたあとの「未到」の境地とは。

内容(「BOOK」データベースより)

「世紀の番狂わせ」「サッカー史上最大のサプライズ」…さまざまに形容されるプレミアリーグ、レスター・シティのリーグ制覇。「降格候補」だったチームはいかにして歴史的快挙を達成させたのか。ラニエリの知られざる「眼力」、ヴァーディ、マフレズの持つ特殊能力、チームスタッフの分析力、カンテ、ウジョア、インレル…各選手が発揮した技術やリーダーシップ。そして岡崎慎司がレスターにもたらしたもの。「憧れの地だった」と語るプレミアリーグ一年目、最後の言葉は「悔しくてしかたない」―その理由とは?

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 240ページ
  • 出版社: ベストセラーズ (2016/6/9)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4584125244
  • ISBN-13: 978-4584125243
  • 発売日: 2016/6/9
  • 梱包サイズ: 17.2 x 10.8 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 14件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 81,604位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
日本代表ストライカー岡崎慎司選手がレスターに移籍してから"奇蹟"と謳われたプレミアリーグ優勝を勝ち取るまでの一年間のチームの闘いの裏側が、岡崎選手の目線で描かれています。
海外のサッカークラブの日常を知ることができます。
海外サッカー通なら一度は読んでおくべきだと思います。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
レスターに移籍してからの毎試合を振り返りながら、どういう意識で試合に臨んでいたのか、どういう考えの変化があったのかをつづった一冊。
シーズン中盤の12月頃から、岡崎のプレースタイルがより攻撃的になった理由が書いてあり面白かった。
もう一度、レスター・岡崎の試合が見たくなった。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
息子のお気に入りの一冊にくわわりました。
気に入って良かった。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 監桶ロック トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2016/6/12
Amazonで購入
岡崎選手がリーグ残留を生き残ったレスターに加入と知ったとときには、プレミアに慣れるにはほどよいスタートかな、と思っていました。しかし、連勝して幸先の良いスタートをしたと思ったら、そのまま上位にいつづけ、いつのまにか優勝すら視野に・・・。そんな奇跡の1年が、岡崎選手をどう変えてきたか、とてもわかりやすく書かれています。彼は努力し、葛藤し、気づき、そして成長をしてきました。しかしいま、「怒り」と「悔しさ」があると明言します。そこに至るまでの岡崎選手の貴重な旅路を、ぜひ本書で追体験してほしいです。読み終わると、来季の彼のより大きな活躍を祈らずにいられません。カラーフォト、(楽しい)メンバー寸評、詳細な戦績や情報、などもついていて、わかりやすくとても良心的な作りと感じます。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
前著鈍足バンザイ!に続き、読んでみた。岡崎のプレミア1年目の記録。1試合1試合岡崎が何を考えて次の行動に落とし込んでいったのかが丹念に書かれている。

ミラクルレスターのレギュラーとして、プレミア制覇に貢献した岡崎慎司。ゴールが少なかった、まだまだ取りたい、もっとやれる、と思っているのだろう。文中からはいたる場面で場面でゴールへの飽くなき探究心、焦がれる衝動が爆発している。

選手としてリスペクトせざるを得ないというヴァーディとマフレズ。サッカー選手として苦手な部分や欠点があるにせよ、どんなスタイルでも結果を出せばプロセスに正解はないんだ、という点が印象的だった。

岡崎は考えに考え抜いて、練習に精を出し、自信をつけて本能のままゴールを奪えるようになることを目指している。ゴールを焦がれる熱い衝動に刺激を受けた。飽くなき向上心を忘れない。来シーズンのプレミアでの活躍、ロシアワールドカップでの活躍を期待!
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ヒマラヤン VINE メンバー 投稿日 2016/7/25
奇跡が、実現してしまった。レスター優勝。しかし、これは事実である。そこに岡崎が所属し、奮闘していたことも。いったい、なぜこんな番狂わせが起きたのか。それが知りたくてこの本を読んだ。

ドイツのブンデスリーガで2年連続で2ケタ得点を挙げた岡崎。しかし、Jリーガーだった頃からイングランドのプレミアリーグにあこがれていたらしい。

ドイツのマインツで15得点を挙げると、レスターからオファーが来た。しかし、マインツ所属の他のFW2人が移籍したため、岡崎の力が必要だと慰留された。そして次のシーズンも2ケタ得点を上げ、レスターに移籍したのだ。契約直後に監督がラニエリに替わるなど、思いがけない出来事もあったが、結果的にはそれが良かったのだ。あまり戦術を重視する監督ではないらしい。

レスターの優勝オッズは5001倍。誰一人優勝など考えてもいなかった。ラニエリの目標もプレミアリーグ残留。

ラニエリはイタリア人らしく、守備を重視する。守備に関してはかなり細かく約束事を設けていたという。岡崎は、ザッケローニに似ていると感じたそうだ。

ラニエリは中心選手でも容赦なくスタメンから外すが、ラニエリとの約束が守れれば深い信頼を寄せる。こんなところが監督としてチームをまとめられた要因であろう。
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
「俺はやっぱり優勝するためにプレーしているわけではない!」
これは優勝した後の岡崎言葉である。
世界中を驚かせた奇跡の優勝の後にこの言葉が出てくる岡崎の凄さ、この言葉に辿り着くまでの岡崎の一年間の戦いがこの一冊につまっています!!

是非一読あれ!!!
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー