¥ 750
通常配送無料 詳細
残り12点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
未亡人四姉妹 (フランス書院文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

未亡人四姉妹 (フランス書院文庫) 文庫 – 2016/7/25

5つ星のうち 3.5 2件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 750
¥ 750 ¥ 115

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 未亡人四姉妹 (フランス書院文庫)
  • +
  • 兄嫁淫情・義母欲情 (フランス書院文庫)
  • +
  • 完全支配: 彼女の母、彼女の姉、先生の奥さんを… (フランス書院文庫)
総額: ¥2,250
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

喪に服すなんてできない。だって私は女だから……
波瑠子、奈那子、亜矢子、良子……
心の隙間を埋めるように男の肌を求める未亡人。
闇の中で濡れ光る白いうなじ、熟尻、太もも……
喪服をまとった四姉妹が語る赤裸々な寝物語。
めくるめく輪舞にも似た艶宴が今宵、幕を開ける。

内容(「BOOK」データベースより)

喪に服すなんてできない。だって私は女だから…波瑠子、奈那子、亜矢子、良子…心の隙間を埋めるように男の肌を求める未亡人。闇の中で濡れ光る白いうなじ、熟尻、太もも…喪服をまとった四姉妹が語る赤裸々な寝物語。めくるめく輪舞にも似た艶宴が今宵、幕を開ける。


登録情報

  • 文庫: 334ページ
  • 出版社: フランス書院 (2016/7/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4829641665
  • ISBN-13: 978-4829641668
  • 発売日: 2016/7/25
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.6 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 305,123位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 DSK トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2016/8/15
形式: 文庫
2015年7月に『熟女の沼-未亡人義母と兄嫁と独身伯母』でデビューした作者の1年振りとなる2作目だが、そのデビュー作とは随分と趣を異にした甘さを含むテイストに仕上がっている。限りなく誘惑作品と言えそうな未亡人熟女4姉妹の明け透けな淫猥さが、一堂に会した際のやり取りに端を発した過去回想(一部は後日談)という珍しい構成で描かれている。

第一章~第二章 - 奔放な三女【亜矢子】35歳×美少年の甥
第三章 - 意外に大胆な長女【波瑠子】39歳×庭職人の師弟
第四章 - 生真面目な次女【奈那子】37歳×生臭坊主な住職
第五章 - 控えめな四女【良子】34歳×酒屋のブサイクな倅

序盤の亜矢子こそ甥っ子
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
昨年『熟女の沼』でデビューした作者が満を持しての二作品目の刊行となり、前作では典型的な凌辱少年主人公ものの中に兄嫁との情交描写では誘惑路線を感じさせるものがあった。本作ではそうした作者の二刀流的なスタンスを活かし、父の法事で集まった姉三人による未亡人となってからの体験談の告白という形から、四女が男を誘ってみようと試みて愉悦に浸るまでという意欲的な作風となっている。

三女【亜矢子】当時35歳
呉服店の跡取りだった夫を亡くし婚家の敷地の離れにある別宅に住んでいたが、隣に住む義妹夫婦のひとり息子(甥)による脱衣所の窓越しからの覗きを知り、高校に通う美少年を誘惑しようと試みる。覗きのお仕置きをしようとする彼女だったが、意外にも甥っ子は性的な知識が豊富で、次第にご主人様的なプレイを始めるようになる。彼女の告白話に二章使っているので最も長く、約三分の一弱である120頁近くを費やしている。

長女【波瑠子】当時39歳
姑が亡くなり夫の実家で暮らし始めた翌年に、彼も病気で失ってしまう。夏になり庭の黒松の剪定にやって来た植木屋の50代の棟梁のセクハラ紛いの言動に羞じらい、20代の若職人に密かに欲情していたところ、ある日体調を崩して眠っていた際に二人に襲われる。未亡人になってから男が欲しいと自覚した彼女も、形だけは抵抗して見せるが…。
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す