木枯し紋次郎 DVD-BOX I がカートに入りました

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

木枯し紋次郎 DVD-BOX I

5つ星のうち 4.8 26件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 36,936
価格: ¥ 24,008 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 12,928 (35%)
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:7¥ 24,008より 中古品の出品:6¥ 18,984より
ディーン・フジオカx清野菜名『はぴまり〜Happy Marriage!?〜』
互いの利益のために契約結婚した御曹司と借金苦のOLが真の「夫婦」になるまでを描いたラブストーリー『はぴまり』がAmazonオリジナルドラマでスタート。毎週水曜新エピソード更新。 今すぐチェック

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 出張買取では買取額UP、8/31まで実施中 今すぐチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • 木枯し紋次郎 DVD-BOX I
  • +
  • 木枯し紋次郎 DVD-BOX II
  • +
  • 木枯し紋次郎 DVD-BOX III 新・木枯らし紋次郎 編
総額: ¥69,357
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: 中村敦夫, 小川真由美, 宇津宮雅代, 原田芳雄, 藤村志保
  • 形式: Color, Dolby
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.33:1
  • ディスク枚数: 10
  • 販売元: ハピネット・ピクチャーズ
  • 発売日 2002/12/21
  • 時間: 810 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 26件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00007B95H
  • EAN: 4947127523585
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 60,619位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容(「Oricon」データベースより)

中村敦夫主演による、無宿渡世の旅をする天涯孤独な紋次郎の活躍を描くTV時代劇。第1~18話収録。

レビュー

すぐれた時代小説はそのまま現代小説である、というのはよく言われることだが、時代劇ドラマもまたしかり。もっとも、本シリーズの放映が始まった72年の1月1日、筆者は12歳で、このドラマに原作(笹沢左保)があることなどまったく認識していなかった。市川崑という監督(厳密にはシリーズ全体の監修と1~3、18話の監督)の名もむろん。それでも、子供心に、ほかの時代劇(『水戸黄門』など)とは違う、同時代感覚にあふれたドラマとしてとらえていたことは事実だ。今なら、60年代末の学園闘争が収束し、運動が陰惨な内ゲバ抗争と化した時代のニヒリズムが紋次郎というキャラクターに反映している、とわかったふうなコトを言えば言える(連合赤軍あさま山荘事件が起きたのは本作8・9話放映時の72年2月下旬だった)が、12歳の田舎の中学生には、画と音そのものからのインパクトがとにかく強烈だった。浪人旅人というよりはルンペンというべきうす汚い身なり、潔くも貧しい食生活(めしと汁と焼き魚とたくあんを全部一緒くたにして10秒でかっこむ!)、終始口にくわえたままの15cmもの長い楊枝、寝たり転んだりぶつかったりのワイルドなというよりは下手っぴいな剣術、寒々とした山村田圃のロング・ショット。筆者が個人営業の物書き稼業などになってしまったのは幾分、紋次郎のせいかもしれない(たしかに食生活は貧しいゾ)。そうして何より、ビデオ・クリップ時代を先取りしたようなオープニングの斬新な映像と上條恒彦の力強い名唱「だれかが風の中で」(小室等作曲)。人情に裏打ちされた虚無というものがあることを、当時以上に虚無感が深まっているいまの若い世代に観てもらいたいなあんて言ってみたいが、なに、あっしにはかかわりのねえことでござんす。13話に登場の市原悦子(当時36歳)の悪女ぶり、麗し。 (大須賀猛) --- 2003年02月号 -- 内容 (「CDジャーナル・レビュー」より)

監督・監修: 市川崑 監督: 窪川建造/池広一夫 原作: 笹沢佐保 出演: 中村敦夫
-- 内容(「CDジャーナル」データベースより)

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

市川崑監督が一番脂の乗っていた時期のTV時代劇。今までに無く斬新なカメラワークで捉えた、和製股旅マカロニウエスタンとでも言うべきか。特に「地蔵峠の雨に消える」では、雨の中の殺陣が綺麗事では済まされないようなぶこつい喧嘩チャンバラです。スローモーションやコマ止め、さらにはモノクロツートン等フランス映画でも見ているようなカット割りで、今までの任侠モノを全て否定したストーリー。下手な映画より画像のパワーが有ります。市川監督以外にも当時の大映の有名どころの監督がシリーズを手がけており、涙もの。オープニングで、山道の紋次郎をズームアップするシーンだけでもスケールの大きさを味わえます。TV界では革命的とも思われる映像です。
コメント 50人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 もう・・再放送で見たのとは大違い!映像がよくなりました。音もよくなりました。話は最高のものですから・・・。涙がちょちょぎれました。正月はこれでしのぐぞ! 
コメント 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
ついにDVDになりました!原作者の笹沢佐保氏の死去2ヶ月後の発売で、ファンの僕にとっては追悼の意味もあります。市川崑監督の特典映像もおまけで一枚入っているらしいのですごく楽しみです。木枯し紋次郎の魅力は、何と言ってもそのニヒルさにあります。目の前で人が殺されようと、女が犯されようと「あっしには関わりねぇことでござんす」と知らん顔で去っていきます。だけど関わってしまう。時代劇はダサくて観ないと言う人、勧善懲悪でどうもツマらんと思っている人、『木枯し紋次郎』は違います!スゴイです。時代劇なのに西部劇、任侠もの、どんでん返しのサスペンス、股旅の傑作です。とにかくクールです!あっしには関わりあることでござんすよ・・・
コメント 50人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
一見、冷淡にも見える「木枯らし紋次郎」だが、「筋」を通すために自ら厄介な事件に巻き込まれていく。

その信念とも言うべき自らのスタイルを貫く紋次郎の生き方は、社会に適応することを強要される現代人への、見事なアンチ・テーゼともなっている。

自分の「生き方」を貫くためには「孤独」を恐れず、そして「野垂れ死」する「覚悟」を持つこと。安易なヒューマニズムに媚を売らないこのドラマは、まさしく日本版のハードボイルドだ。

毎回のドラマのクオリティーも実に高い。「必殺仕事人」のシリーズが途中から、「人殺し」の「技」に凝りだし、マンガのようになって行ったのに比べ、「木枯らし紋次郎」の喧嘩作法は実にリアルだ。テレビドラマで、このような質の高い、そして単にキャラが立つだけでなく、「生き方」を持つヒーローはそういない。

上條恒彦の歌う主題歌も実にいい。時代劇にフォークソングを使うというのも革命的なアイデアだ。ヒットするドラマには必ずよく知られた主題歌が存在するが、「だれかが風の中で」(作詞:和田夏十、作曲:小室等)はまぎれもない名曲だ。ドラマ「木枯らし紋次郎」のヒットの何割かは、この主題歌があればこそだろう。

毎回、ゲストの女優が変わるのも注目。若かりし頃の名女優たちの演技が興味深い。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2003/2/9
Amazonで購入
 高校の頃,楊枝をくわえて家の中を歩き回っていました(さすがに,外は歩けませんでした)。原作本もそろえました。多感な時期にはまってしまったものというのは,やはり「一生もの」になりますね。50に手が届こうというこの年齢になっても,「紋次郎は,やはりおもしろい!」の一言です。
コメント 35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 OT 投稿日 2012/10/18
この最初のシリーズが最も面白い。画像も十分綺麗だが最高の名作だけに映画フィルムクオリティーで永久に残して欲しかった。
百姓屋、宿、酒場などの室内は使い込んだ感じを出すためにわざと汚している。
紋次郎の三度笠の汚れ方なんて芸術品です。
わざと汚すというのは物凄くお金のかかる贅沢なこと。
最近の時代劇を見ると江戸時代の日本家屋はすべて住宅展示場並みに綺麗でヽ(*'∀`)ノ

役者がいい、監督がいい、脚本がいい、原作がいい、音楽がいい、ナレーションがいい、風景がいい、カメラがいい、殺陣がいい、大道具小道具、美術さんもいい仕事している。
恐らく40代以上の人しか知らないのでは?
もっと若い世代にも見て欲しい。
最高峰の人材が結集した宝石のような作品。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
「木枯らし紋次郎」TVシリーズ第一段ほどしぶくて、映像がきれいで、音楽がよく、ナレーションがすばらしくて、ストーリもいい、役者も決まってかっこいい、こんなすばらしい時代劇は他にない。上条恒彦の歌がバックに流れるオープニングを見ているだけで、感動で涙が出てきそうになる。全18話のそれぞれが、1本の映画と言っても過言ではない。どのシーンのワン・カットにも、市川崑監督の映像センスが思いっきり注ぎ込まれている。画面枠の決め方、カットの挿入、背景シーンとストーリの織り交ぜ、本当にどのシーンを見ても、すばらしい。カットごとに映像の芸術がちりばめられているのだ。目から心に染み込んでくる、こんな映像はどうやれば出来るのだろう。こんなに優れた芸術映像がこの世にある事自体信じられないほど。無音シーンの取り方がもう最高! ストーリ背景の「この時代の日本の静かさ」が日本人の心に染みてくる。日本人でないととても理解できないだろう。
どんなストーリ作品でも、主役など登場人物をいかに表現するかで作品が作られている。笹沢左保原作の「木枯らし紋次郎」もそうだが、市川崑監督が描くこの作品は違う。江戸時代の日本の風景、自然、音、人情を強く意識して表現され、その中で紋次郎の人間性を表現しているのだ。こういう映像の作り方もあるのだなーと感嘆する。なのでその背景の静かさがこの作品を芸術品にしているのだ。静かさが作品
...続きを読む ›
コメント 40人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック