残り5点(入荷予定あり)
Kindle版は今すぐお読みいただけます。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
木暮荘物語 (祥伝社文庫) がカートに入りました
中古商品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古商品: 非常に良い
コメント: 表紙にわずかなスレ、使用感が確認できますが紙面の状態は非常に良好です。稀に値札シールがついている場合がございますが、納品書の記載価格となります。丁寧な検品、迅速な発送でゆうメールにてお届けいたします。
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


木暮荘物語 (祥伝社文庫) (日本語) 文庫 – 2014/10/10

5つ星のうち4.1 63個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
単行本 ¥1,650 ¥1
文庫
¥660
¥660 ¥1
click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 木暮荘物語 (祥伝社文庫)
  • +
  • 神去なあなあ日常 (徳間文庫)
  • +
  • 月魚 (角川文庫)
総額: ¥1,913
ポイントの合計: 20pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

小田急線の急行通過駅・世田谷代田から徒歩五分、築ウン十年、全六室のぼろアパート木暮荘。そこでは老大家木暮と女子大生の光子、サラリーマンの神崎に花屋の店員繭の四人が、平穏な日々を送っていた。だが、一旦愛を求めた時、それぞれが抱える懊悩が痛烈な悲しみとなって滲み出す。それを和らげ癒すのは、安普請ゆえに繋がりはじめる隣人たちのぬくもりだった…。

著者について

一九七六年、東京生まれ。二〇〇〇年、長編小説『格闘する者に○』でデビュー。〇六年『ま
ほろ駅前多田便利軒』で直木賞受賞。一二年『舟を編む』で本屋大賞受賞。小説に『秘密の
花園』『私が語りはじめた彼は』『むかしのはなし』『風が強く吹いている』『光』『神去なあなあ
日常』『政と源』『まほろ駅前狂騒曲』など、エッセイ集に『あやつられ文楽鑑賞』『お友だちか
らお願いします』など著書多数。

登録情報

  • 発売日 : 2014/10/10
  • 文庫 : 304ページ
  • ISBN-10 : 4396340699
  • ISBN-13 : 978-4396340698
  • 出版社 : 祥伝社 (2014/10/10)
  • 言語: : 日本語
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.1 63個の評価
同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。まほろ駅前狂騒曲